授業:中国の皇帝と日本の天皇

●この授業は『新しい歴史教科書』(自由社)古代の章のまとめにあたるコラム「中国の皇帝と日本の天皇」を理解させるために行いました。同社発行の教師用指導書にもとづいています。

************************************************

『984年、宋の皇帝太宗は、日本から来たおぼうさんに、深いため息をつきながらこう言ったそうです。

「日本の天皇こそ理想だ。うらやましいかぎりである」

世界の大国中国の皇帝が、なぜこんなことを言ったのでしょうか。自分の考えをノートに書きましょう』

●5分ほど書かせてから、列指名で発表してもらったらこうなりました。

・ぜいたくな暮らしをしているから。

・日本独自のすばらしい文化をもっているから。

・家臣にしたわれているから。

・家臣に反乱を起こされないから。

・天皇は親から子へ受け継がれるが、皇帝はいつか滅ぼされてしまう。

・天皇は争いが少なく平和だ。

・仁徳天皇のころからずっと国民に尊敬されているから。

・国のまとまりの中心だから。

・天皇は武士にも滅ぼされないから。

・日本は、隋や唐や元のように、国が変わっていかない。

・中国の皇帝は倒されて違う国になってしまうが、日本はずっと日本だから。

・神様(天照大神)の子孫だから。

●とくに検討はせず、それぞれ既習事項を良く生かしていることをほめて、教科書P76の答えを読ませます。

*生徒達は、弥生時代の冊封体制から、聖徳太子、大化の改新などの学習を通して、このことをずっと学んできました。古代の国づくりの各授業の中心に「皇帝と天皇」というテーマがありました。
 そういうふうにして、うすうすはわかっているという状態で、この古代史のまとめの授業を受けることになります。

「日本国は、君主が久しく世襲し、また臣下も親のあとを継いでいるという。これこそ理想である。
ところがわが国は乱が絶えず、王朝は短期間で交替し、大臣、名家で後を継げたものは少ない」

『みなさんの考えのほとんどが正解でしたね。
日本の天皇は、一つの血筋でずっと後を継がれてきました(万世一系でしたね)。親から子へ位が受け継がれていくことを「世襲」といいます。だから、わが国は建国以来ずっと天皇中心の国・日本のままです。
けれども、中国ではいつ滅ぼされるかわからない。
隋の王朝ができるとその皇帝は楊氏ですから、隋のあいだは世襲されていきますが、やがて滅ぼされて、こんどは唐の国ができます。唐の皇帝は李氏です。唐もやがて滅びて、こんどは元です。これはモンゴル民族の国ですから、中国は異民族に支配されてしまいます。宋はその元の次の皇帝(趙氏)ですから、ため息も深かったわけです。
ですから、ずっと一つの家系で続き、皇位が世襲されている日本の天皇が、よほどうらやましかったのですね』

このあと、教科書を読みながら、次のことを教えました。

・中国方式を易姓革命といい、武力の強いほうが勝って新しい国をつくってしまうやり方が、いわば世界標準であ り、日本は例外です。

・国づくりを隋と唐の文化に学んだ日本ですが、肝心なところは受け入れないで日本人の知恵を生かした。いちば ん重要なのは、易姓革命んぽ文化を否定して、皇室を守り続けたこと。

・日本の天皇は、国が完成したら、しだいに神々をまつる聖なる君主になり、現実の政治権力は家臣に渡してしま いました。そして、政治権力者を任命する立場になりました。

・実際の政治は、太政大臣、摂政、関白、院、征夷大将軍、内閣総理大臣が、天皇に任命されて担当しています。
 日本では、武力や政争で滅ぼされるのは、この実際の政治の権力者にすぎず、天皇の血筋は永遠に不滅です。



●最後に、こう聞きました。

『中国の「隋・唐・宋・元・明・清」と、日本の「平安・鎌倉・室町・江戸」は、似ていますがまったく意味が違います。そのちがいは何ですか?』

・中国は国が変わる。日本はずっと日本で、それは時代の名前です。

・中国は支配者が変わるが、天皇はずっと日本の中心で、平安や鎌倉は政治の中心がどこかを表している。

●このように、中国の場合は、王朝(国)の名前であり、日本は単なる時代区分であることをおさえ、次のように締めくくった。

『天皇中心の国という国のかたちが、わが国の世界に誇れるすばらしい伝統だということがわかります。この伝統を、中世、近世、近現代の歴史のなかでも確かめていきましょう』



***********************************************


●この授業をやってみて、やはり「中国」という用語がまどろっこしいことがわかります。なぜなら、いかにもこれは国名のようだからです。
西洋諸国のように「シナ」を使うのがいちばんん理解しやすいと思いました。

スポンサーサイト

古代とはどんな時代か

中学校の学習指導要領が改訂され、それにのっとった新しい教科書がこの4月から使われています。
改訂の柱の一つが、歴史の大きな流れをとらえさせる、というものです。

私が使っている『新しい歴史教科書』(自由社)は、指導要領の改訂趣旨を最も良く反映させている教科書ですが、その小単元として「第1章のまとめ:古代とはどんな時代か」があります。

先週、その授業を行い「歴史レポート:古代とはどんな時代か」を書かせてみました。
まちがいや混乱も多く、文章も読みづらいと思いますが、いくつか紹介してみます。
学年は1年生です。


***********************************************


■古代とは、日本が生まれた時代です。まず二人の神様によって、日本列島が生まれました。縄文時代は狩りや採集で食料をとっていました。でも時代が過ぎていくうちに、稲作が伝わり、リーダーが生まれ、争いが始り、天皇が生まれました。中国に金印をさずかり、中国と対等な関係になりました。
 私は古代の中では、中大兄皇子の時代がすばらしいと思いました。理由は、白村江の戦いに敗れましたが、敗戦後に落ち込むのではなく、天皇を中心として、また日本を再起動させたからです。すばらしいと思いました。


■古代とはどんな時代かというと、2つあると思います。1つめは文化で、2つめは政治です。
 1つめの文化では、中国から入ってきた仏教を国の宗教にするかしないかの討論で、蘇我氏と物部氏が討論するところが印象的でした。自分はどちらかしか選べないと思っていたけど、聖徳太子は2つの文化を取り入れようと言ったからです。このおかげで、今でも、日本の神々の神社と仏教の寺があることがわかり、また、遺してくれたことに感謝したいと思いました。
 2つめは政治です。それまでは中国がアジアの中心で、その家来として日本があったけど、聖徳太子は中国に追いつくどころか抜かしてやろうと言い、その目標に向けて政治を進めていきました。この決断はすごいなあと思いました。
 もし独立していなかったら、日本は中国の家来のままだったので、古代の人々には感謝をしなければならないと感じました。


■日本は、弥生時代は漢の支配下に置かれていましたが、古代は、日本国の国づくりを進めた日本の独立の時代だと思います。
 弥生時代は朝貢などで中国の支配下でしたが、古墳時代に大和政権による統一がなされます。古墳の大きさで、日本の権威を示したり、少しずつ変わっていきます。
 そして、聖徳太子によるすごく本格的な国づくりが始まります。
 中国から文化を吸収し、ある意味手本としながら、独立をはかり、中国と対等な国を目指していきます。
 聖徳太子は、自分の一代だけで国を変え、とっぴょうしのないことを考え、日本を中国と対等な国に変革することに成功したので、すごく尊敬します。
 奈良時代になると、争いの考えがうすれてきて、仏教を積極的に取り入れ出します。仏像をつくったりなど、独自の文化を作り上げていき、完全に独立していったと思います。
 今までの歴史人物の大きな決断のおかげで、日本の国ができたので、偉大であり、素晴らいなあと感じました。


■古代とは国づくりの時代である(土台作り)。
 まず弥生時代で、国の20%は統一した。中国から金印をさずかった人をリーダーに立て、その時代でまたいくつかは統一した。しかし、まだ国づくりの具体的な方法は決まっていない。 
 古墳時代は、力の強い豪族が大きな墓をつくり、そのころの豪族の力がわかるであろう。政治的には、大和朝廷が出てきて、国の統一が大きく進んだと思う。
 飛鳥時代は、聖徳太子が冠位十二階や十七条の憲法で豪族をまとめ、国づくりの方針は、天皇中心の国(政治)になった。それを受け継いだ645年の大化の改新で、はっきりまとまった天皇中心の国になっている。
 奈良時代は、聖徳太子が骨組みをつくった方針に肉付けをした時代だと思う。聖徳太子の理想であった仏教も、聖武天皇の時代に深く取り入れられ、東大寺、国分寺、国分尼寺などが全国に建てられた。
 このようにして、日本が完成したのだと思う。


古代がどんな時代かと聞かれたら、「日本という国ができた時代」と答えると思います。なぜこう答えるかというと、中国(宋)の皇帝が、「日本の天皇こそ理想だ。うらやましい」と言ったからです。
 ずっと昔から日本が追いかけてきた中国に、この言葉を言わせたとき、日本が独自の文化(天皇中心の国)を持ち、独立したのだと言えると思います。日本は中国の政治とは違う政治にして、よかったと思いました。


************************************************

 もちろん問題は多々ありますが、今回初めて取り組んでみた意図のいくつかは達成できたという手応えを感じています。
 最後の生徒は「中国の皇帝と日本の天皇」という、これも教科書の新しい授業によって出てきたものです。
シナに学んで律令国家を築いた日本が、シナの易姓革命を取り入れることなく、天皇中心にまとまる国をつくったことを言っています。

奈良時代2「天平文化のかがやき」

天平文化のかがやき

●古代日本の完成を象徴する傑出した芸術群をたたえる授業です。

1 鑑真

*鑑真像(脱活乾漆像)の写真を貼る
鑑真和~1

この像を見て、鑑真という人物がどんな人だったのか想像して、ノートに書きなさい。

*発表させる。
*資料集で、鑑真について調べ発表させる。
*厳しい試練と運命を乗り越えてきた強い意志の持ち主を、穏やかで高貴な姿と盲目の微笑で表現している作者の高い力量を感じ取らせる。
『鑑真は、聖武天皇や光明皇后など多くの人々に仏教の心や決まりを教えました。朝廷はこの高僧のために唐招提寺というお寺を建てました。この像はいまもこの寺にあり、6月6日の前後数日間だけ公開されます。鑑真が日本で過ごした日々は66歳から75歳までの9年間でした。663年、この像の姿のまま祈るようになくなったと伝えられています』


2 天平の仏たち
*鑑真が世界の肖像彫刻の中でも白眉であることを教える。
『奈良時代は文明国としての日本が完成した時代だと、前の時間に勉強しました。今日は、もうひとつの文明国の条件として、奈良時代の芸術について学びましょう。その国の芸術作品はまさにその国の精神のレベルを表すものだからです。奈良時代は、いまも私たち日本人が世界に誇れるたいへん優れたたくさんの芸術を生み出した時代なのです。鑑真像は実在した人物の肖像彫刻として世界に誇れるものですが、この時代はほかにもたくさんの仏像がつくられました。みなさんにその素晴らしさを感じ取ってほしいのです』

*天平美術の至宝(すべて国宝)の写真を掲示し鑑賞させる。
①八部衆立像「阿修羅」(興福寺) 脱活乾漆像
阿修羅

②十大弟子像「富楼那(ふるな)」(興福寺) 脱活乾漆像
富楼那

③「日光・月光菩薩」(東大寺)      脱活乾漆像
日光菩薩
月光菩薩

④四天王像「広目天」(東大寺)      塑像
広目天

⑤十二神将像「伐折羅(ばさら)」「迷企羅(めきら)」(新薬師寺) 塑像
迷企羅

これらの国宝はいまも信仰の対象になっている仏像ですが、いずれも世界のどこに出しても一級の芸術作品です。気に入った仏像を見た感想を発表してください。

*発表させ、世界一級の芸術作品を生み出した奈良時代の達成に共感させる。

3 万葉集

●*板書して説明する。
・『万葉集』全20巻
・8世紀後半に完成した日本最古の詩集

この詩集は、世界に誇れる驚くべき特徴があります。それはどんなことでしょうか?

・天皇や貴族から庶民まで、約4500首の歌(詩)がおさめられている。
→これは「芸術の前での平等」という日本の万葉集だけのすばらしい特徴である。

*すべて漢字で書いてある。・・・・万葉仮名
*プリント資料を配り、以下の4つの歌を音読させる。

①舒明天皇
②持統天皇
③柿本人麻呂
④防人の歌 



【プリント資料】天平文化のかがやき① 
■奈良東大寺の大仏・・・・世界一巨大なブロンズ像
■すばらしい仏像たち
  ①「鑑真和上像(がんじんわじょうぞう)」(唐招提寺)
  ②八部衆立像「阿修羅(あしゅら」(興福寺)
  ③十大弟子像「富楼那(ふるな)」(興福寺)
  ④「日光・月光菩薩(にっこうがっこうぼさつ」(東大寺)
  ⑤四天王像「広目天(こうもくてん)」(東大寺)
  ⑥十二神将像「伐折羅(ばさら)」「迷企羅(めきら)」(新薬師寺)

★①~④は乾漆像(かんしつぞう) ・土でおおまかな形をつくる。・麻布をうるしでかためて形を作る。
・中の土をぬく。・木の粉とうるしで表面をととのえる。
★⑤⑥は塑像(そぞう)・全体を粘土でつくった像

天平文化のかがやき②
■万葉集(まんようしゅう)
   *八世紀の後半にできた、日本最古の詩集(全二〇巻)
    *男性、女性、身分の区別なくすぐれた作品(短歌など)が約四五〇〇首
   *日本語の歌を工夫して漢字で表した・・・万葉仮名(まんようがな)

《舒明天皇》
【原文の表現】山常庭 村山有度 取与呂布 天乃香具山 騰立 国見乎為者
  国原波 煙立龍 海原波 加万目立多津 怜怜国曾 八間跡能国者

【いまの読み方に直すと】
      大和には 群山あれど
      とりよろう 天の香具山
      登り立ち 国見をすれば
      国原は 煙立ち立つ
      海原は かもめ立ち立つ
      うまし国ぞ 大和の国は 

【歌の意味】大和には山々がたくさんあるが、すばらしいのは天の香具山だ。
      そこに登って国を見晴らすと、
      家々のかまどの煙が立ち上り、海にはかもめが飛んでいる。
      すばらしい国だなあ、大和の国は。


《持統天皇》 春すぎて夏来るらし白たえの 衣ほしたり天の香具山

《柿本人麻呂》 東の野にかぎろひの立つ見えて かへり見ずれば月かたぶきぬ

《防人の歌》 今日よりはかへりみなくて大君の しこのみ盾と 出で立つ我は

4 まとめ
『文明国家として完成した日本は、文化・芸術の面でも世界に誇れる作品をたくさん創り出したのです。』

文明国日本の完成

文明国日本の完成
●指導要領には天武天皇が出てこないので、聖武天皇を1時間で取り上げるのだが、大仏の話だけで終わってしまうのを残念に思っていました。天平時代は、まさに聖徳太子の大方針がかなりの実質をもって完成した時代だといってよいからです。箇条書き的な説明主体の授業ですが、古代国家が完成した喜びを児童と共有することを主たるねらいとしています。そして、そのクライマックスに大仏をおいてみました。この発問のアイディアは、むかし大宮教育サークルの中島優氏から教えていただきました。おそくなりましたが御礼申し上げます。

1 中国と対等な文明国の条件

『唐は巨大な帝国です。日本は小さな島国です。しかも、追いかける立場です。だから、まったく同じ実力を持つことは考えられません。しかし、これだけの条件がそろえば、「文明国」としては中国に追いついたと言える条件がいくつかありました。聖徳太子の設計図をバトンリレーしていった天皇やリーダーたちは、けんめいに努力してこの条件をクリアしていきました』

2 聖徳太子の大方針を受け継いだ人々

『天智天皇・天武天皇・持統天皇・聖武天皇という4人の天皇のバトンリレーで、日本の国造りはすすみ、奈良時代の聖武天皇の時代になって、日本は名実ともに中国と対等な文明国として完成したと言っていいと思います』

『聖徳太子の大方針の③「隋と対等な独立国日本」を実現するための第一歩は、「天皇」という称号を認めさせることでした。が、国の力の内容がそれで対等になったわけではありません。これら4人の天皇は「実力でも、中国に追いつく」ために必要な政治を進めたのです』

みなさんは、中国がただ一つの文明国である世界において、中国と対等な独立国日本(中国の属国ではない)ができあがるためには、何がなければならないと思いますか。当時の国際社会の中で文明国の条件とは何か?を考えてみましょう。作らなければならない物、決めなければならない事など、思いつくものを5つ書いてみましょう。

■発表させ、できるだけ「ありうる」という主旨で評価する。

【解説】この発問は、難しいと言えば難しいが、子どもなりの発想でけっこうおもしろい発言がある。法律を作るとか、軍隊を持つなども出てくる。あるいは、奈良時代までの日本がやったことを調べてみようと、資料集などから列挙させるのもいいと思う。

3 聖徳太子と4人の天皇が実現したもの

●以下のことを資料を示しながら説明していく。

①中国の皇帝と対等な君主=「天皇」・607年の聖徳太子の国書
 「東の天皇、つつしいて、西の皇帝にもうす」

②国をまとめる統一政府がある。・・・・・・645年 大化の改新

③国の政治のもとになる法律がある・・・・・ 701年 『大宝律令』

④税が中央政府に集まる・・・・・・・・・・口分田、租庸調の税制、五畿七道

⑤国を守る軍隊がある・・・・・・・・・・・防人

⑥国の中心にりっぱな首都がある・・・・・・藤原京 → 710年 平城京(奈良の都)

⑦祖国の歴史が本になっている・・・・・・・712年『古事記』720年『日本書紀』

⑧文化の面でも世界レベルになる・・・・・・その代表としての奈良の大仏を次に取り上げる。

4 奈良の大仏  

聖武天皇(701~756)
行基(668~ 749)

●全国に国分寺を建て、その中心として東大寺を建立、世界一の鋳造物を作ったことを説明する。
●大仏建立の詔を読む。


大仏建立の詔(聖武天皇) 「続日本紀」より

天平十五年(七四三年)十月十五日に、大きな願いをたてて大仏の金銅像を造ることにした。
国民を救い、仏の教えによって、わが日本の力をいっそう高めるためである。
国じゅうの銅を使いつくしても、この像をつくるのだ。
そして、大きな山から木を切り出して大仏殿を建てる。
広く世界の人々と共に仏教を信じ、ともに仏さまのご恩にあずかり、人としての正しい生き方をもとめたいと思う。
いま、天下の富と力をあわせ持つのは私である。
だから、この富と力とをもってすれば、私一人でこのとうとい大仏をつくることは、けっして困難ではない。
しかし、それでは、私の真の願いにそわないものとなってしまうだろう。
かえって、人々をただつらいだけの労働に追い立てるだけになってしまい、仏さまのありがたさを感じることができないばかりか、おたがいに悪口を言い合って罪人を生みだすようなことにならないともかぎらない。
(だからこそ、この大仏は全国民の力を集めて作りたいのだ)
もし、一枝の草や、一握りの土でも、たくさんの国民が自分から持ちよって、大仏作りに協力してくれることがいちばん仏の道にかなうものである。そうであってほしい。
国や地方の役人は、この大仏づくりの事業を口実にして、国民の生活をみだし、無理な税を取り立ててはならない。
以上のことを全国に知らせて、このような私の真心を伝えるようにしなさい。

 

何人の人がこの天皇の呼びかけに答えて、銅などの寄付を出したでしょうか?
当時の総人口は600万人、そのうち貴族が1000人いました。

銅や金の値打ちの高さを話し、次のA~Cから選ばせる。

A:1000人以下、  B:1000人くらい  C:1000人以上

実際は、37万2075人の人々が寄付したことを教える。貴族だけでなく、非常に多くの国民が国民がこの大事業を支持し、応援したことを話す。

ここで、私は大仏の作り方を説明したアニメーションを見せている。なければ、図で表すなど出来るといい。

①原型づくり
  木で骨組みを作り,その上に粘土を厚く塗る。鋳型のもとになる像を作る。
②型どり
  原型の像に更に粘土を塗り,型を取り,切ってはずして焼く。
③すき間づくり
  型どりで切り取って焼いた粘土の型を土で覆いながら下から順に組み立てる。
  このとき,原型の像を削ってすき間をつくる。
④流し込み
  現場で熱し,溶かした銅をすき間に流し込む。
⑤鋳造
  8段に分け,下から1段ずつ鋳造していく。最後は大仏は土の山に埋まってしまう。
⑥取り外し・仕上げ
  土と外側の粘土を取り払い,不完全なところをたし,最後に前進に水銀を使って,
  金ぱくをする。戻る

●最後に、大仏開眼供養の様子や、当時の国際社会に強い衝撃を与えた聖武天皇の思いについて話して授業を終える。
プロフィール

授業づくりJAPANさいたま代表:齋藤武夫

Author:授業づくりJAPANさいたま代表:齋藤武夫
戦後70年間日本の教育は根無し草の「世界市民」を育ててきました。そのため小中学校の歴史教育はウソとタブーによって大事な内容が教えられていません。また誤って教えられています。
「授業づくりJAPAN」は、日本の教育のウソとタブーを排し、真実とフェアネスを取り戻していきます。
かつてGHQに禁じられた教育は現在も禁じられたままです。私たちは「日本人を育てる教育」を取り戻します。そのために、命ある限り授業づくりとその普及につとめます。私たちは「誇りある日本人」こそが「真の国際人」になれると信じています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
FC2カウンター
ご訪問ありがとうございます!
FC2ブログランキング
ワンクリック!応援よろしく御願いします。

FC2Blog Ranking

人気ブログランキングへにほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
にほんブログ村
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる