スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

足利義満の授業

1年生に室町幕府第3代将軍足利義満の授業をやりました。

1 まずは恒例のズバリ言いましょうで、この人物が国史の上で果たした代えがたい業績は、南北朝を合一したことであ~ると、解説および断言して入ります。

2 さて、鎌倉以来の商品経済の発達の意義を見抜いた義満は、日明貿易でもうけて、わが国の経済発展を図ろうとします。そして明の皇帝に親書を送りました。

3 明の皇帝は、次のの2条件をのめばOKだと返事をよこしました。「それは何でしょう?」と問いました。
生徒は二つとも答えました。何と優秀なことでしょうか!
A 倭寇を取り締まってくれ!
B 明の家来になれ!

4 ここで本日メインの学習に入ります。
「義満は迷っています。将軍のブレインとなって助言してほしい。つぎの選択肢から立場を選んで、その理由をノートに書きなさい」5分与えました。
意見分布は以下の通りです。

A 明の皇帝の家来になって、貿易をやって大もうけしよう。これが14人。
B 明とは対等な独立国n立場を守るべきだから、貿易も断る。これも14人。

1組では3対26だったので議論は低調でしたが、今回は盛り上がりました。

Aの理由:家来になっても経済発展は大事だ。家来になっても中国はいずれ滅びるからっそれまで儲ければいい。
儲けた金で軍事力をつけて衰えてきた明を滅ぼそう、など。

Bの理由:国の独立は外交では一番重要だから守るべきだ。聖徳太子のご恩を忘れるな。将軍が金儲けのために中国の皇帝にぺこぺこするなんていやだ。たとえ一時的でも独立の伝統を失うべきではない、など。

とても楽しそうでした。○○くんがそういうのはすごくわかるよ!などなど。

5 義満はBを選んだこと。皇帝と義満の親書を示し、この「国王」は日本の伝統に照らしておかしくはないか?と問いました。天皇がいるのに国の代表みたいでおかしい。「王」は皇帝の家臣だが義満は天皇の家臣でもある。っという2つの意見が出た。この発問はちょっと?でした。

6 義満は勘合貿易を始めたこと。勘合貿易の仕組み(勘合符のしくみ。銅を5倍で売って、絹を仕入れて40倍で売ると行って帰って200倍の売り上げだった、など)と、明銭(永楽通宝)が大量に輸入され貨幣経済が進んだこと。今のお金で数千億円を使って花の御所や金閣などを造営したことなど。

7 締めはクイズ。「義満は大きな野望を抱きました。次のどれでしょうか? A:次男を天皇にする。 B:明を征服する。C:黄金の大仏を造る」さてどれでしょうか?
Aは3人。Bは21人。Cは4人でした。

8 義満は次男善嗣を「親王」とした。金閣に天皇を招いたとき同じ衣服をまとい上座に並んで座った。天皇の務め(祈りや位を与えること)を代行した、などを根拠にAを正解としました。真実は多数決では決まりませんねえ。

9 義満は野望を成し遂げる寸前で死にました。善嗣は退けられ、父に反抗して嫌われていた長男義持が将軍となり、日明外交は対等な独立関係にもどりました。めでたしめでたし。

授業後生徒の一人がやってきて、「先生、日本は結果的にうまくやったんじゃないでしょうか?」。う~む、なるほどねえ。今日も楽しかったなあ。
スポンサーサイト

足利義政と室町文化

足利義政と室町文化
●8代将軍足利義政と室町文化を教えます。和の文化、和の美の原点は室町文化です。そして、世界のどの文明にあっても、美の創造と継承のためには有能なパトロンが欠かせません。この2つが、統治には限りなく無関心だった足利義政を教える理由だと思います。
●「おぜんの上の室町時代生まれ」は、北海道の広田先生から教えていただきました。

1 金閣と銀閣
*写真「銀閣」を見せる。となりに写真「金閣」も貼る。
銀閣
金閣


〈住むならどっちですか?〉

*挙手させて人数分布をとり、その気持ち(理由)を言わせる。

【解説】銀閣は「しぶくて落ち着く」、金閣は「なんといってもゴーカ!」。だいたいいこんな感じの反応になる。どちらかといえば銀閣派のほうが多い。

*金閣は、足利義満が建てたと前回学んだ。
北山文化。
義満が育てた世阿弥、世阿弥が完成した能は、日本の演劇の始まりであり、現在も日本の舞台芸術の極北であることを、(わからなくてもいいから)教える。
できれば動画があるといい。
能面も見せたい。これは下手なレプリカではなく本物の写真のほうが迫力が伝わる。

2 足利義政と東山文化

*足利義政の肖像を貼る
足利義政


この人物が銀閣を建てた室町幕府の8代目の将軍です。

〈足利義満とくらべて、足利義政はどんな人物だったでしょうか?〉

*列指名で、写真を見た印象を発表させる。

*プリント「足利義政」を読む。



足利義政(あしかがよしまさ)8代将軍

 足利義政が8代目の将軍になったのはわずか13歳のときでした。将軍とは名ばかりで、実際の政治はまわりの実力者がやっていました。
1467年、義政が30歳をこえたころ、京の都で戦争が始まりました。それは次の将軍を誰にするかという跡継争いが原因でした。

 義政は子が生まれなかったので、弟の義視に将軍をゆずると約束していました。ところがその約束をしたとたんに男の子が生まれたのです。
 義政はどっちでもよかったみたいですが、奥さんの富子は、
「そんな約束なんてどうだっていいでしょ。将軍の子が将軍になるのはあったりまえよ!」とがんばります。
 そんなことで、ついに戦争になりました。まわりは敵味方に分かれて戦いましたが、義政は無関心です。
「まさか将軍の私まで殺しには来ないだろう」と戦いが終わるまで待っていたそうです。

 戦争は十年も続き、国の都である京都は焼け野原になってしまいました。
 この戦争を応仁の乱といいいます。
 結果は義政の子義尚が十歳で将軍になりました。
 義政は父として今度こそ幼い将軍のめんどうをみて、実際の政治を進める立場でしたが、やっぱりやる気がありません。それどころか、そのわずらわしさから家出してしまったこともあるくらいでした。その時は天皇にしかられてもどってきたそうです。

 この家出の本当の原因は奥さんの富子が口うるさかったから、という説があります。
 もし本当だったら、奥さんが口うるさいから家出した将軍さまなんて、たぶん日本の歴史の中でこの人くらいでしょう。

 足利義満とは正反対の人物という感じですね。
 どうしてこんな武士としてはちょっとたよりないような人物が、歴史上の人物42人のの代表の一人になっているのでしょうか?

 足利義政は政治は人まかせでしたが、日本の文化にとっては大恩人なのです。
 京都の東山に別荘を建てて、そこに当時の文化人を集めて育てました。この義政が育てた文化を東山文化といいます。それは平安時代から続いた京都の貴族たちの文化(上品さ)と、鎌倉時代の武士の文化(力づよさ)をミックスした新しい文化でした。

銀閣は、後の時代の人が「義政は義満とは正反対で、しぶい味わいが好みだったので銀をはろうとしたが、義満ほどお金がなかったからそのままになってしまった」とうわさしたためについたあだ名です。しかし、実際は義政には銀をはるつもりもなかったようです。義政は自然の味わいを生かした、しぶく落ち着きのあるこの建物こそ好みだったのです。そして、この銀閣のような「落ち着き・しぶみ・味わいの深さ」は、日本らしい文化の伝統になりました。やがて「わび」「さび」といわれることになる日本文化の本流です。



『利義政は権力者としては頼りない人物でしたが、日本らしい文化を育てるリーダーとしては、自分の主張をしっかり持っていた人物だったといえるでしょう』

3 日本らしい文化の始まり

*プリント「おぜんの上の室町時代生まれ」をやる。


◆室町時代は、今に残る日本らしい文化が始まった時代でした。
「タケオくんは旅行先で旅館にとまりました。左の絵は夕飯のようすです。
おぜんの上にならべられたものの中には、室町時代生まれのものが6つあります。
6つに○をつけてみましょう」
File0175.jpg




*絵を指示しながら、○をつけた者に挙手させていく。

【解答】まんじゅう・さしみ・うどん・しょうゆ・みそ汁・たいたごはん(それまでは蒸した)。
    ■梅干しは鎌倉武士の携行食、かぼちゃは信長秀吉の頃、南蛮船が運んだ。

〈おぜんの上以外に、日本らしい文化といえるものがあります。発表しましょう〉

*児童は、生け花と和室を見つける。

*以下、写真を見せながら解説していく(資料集など)。

 1 日本間の始まり・・・・・銀閣東求堂の書院づくり(畳敷き・床の間、障子、襖)

2 茶の湯と立花・・・・・・日本といえば茶道、日本といえば華道、の始まり。

 3 墨絵・・・・・雪舟「秋冬山水図」、「雪舟のネズミ」の話をしよう。

 4 おとぎ草子(一寸法師、浦島太郎、桃太郎、舌切り雀、ものぐさ太郎など)

 5 地域にある神社・夏祭り・ぼんおどり・・・・・・村の守り神としての神社

4 まとめ

『いま受けつがれている日本らしい文化は、もとをたどればそのほとんどが室町時代の北山文化や東山文化に始まったものです。
2人の室町幕府の将軍は、みなさんにはいまいち人気がなかったけれど、日本らしい文化を育てた文化のリーダーとしてとてもよい仕事をしたといえるのです。
さて、プリントに出てきた応仁の乱は戦国時代の始まりです。次回は戦国時代について勉強しましょう』

足利義満と金閣

足利義満と金閣
●足利義満を教える授業です。義満は卑弥呼以後今日まで唯一中国(明)によって册封された人物です。

『今日は室町幕府の三代将軍、足利義満のお話です。』

*足利義満  1358~1408  室町幕府三代将軍
asikagayosimitu.jpg

1 明の家来になった足利義満
『この時代に日本は商業が発展しました。日本の商人たちは、中国との貿易を望んでいました。そこで商人たちは将軍義満に中国とのつきあいを再開してほしいとたのみました。この時の中国は、あのにっくき元が滅びて明の時代です。ところが、明の皇帝は国交のない国の商人とは貿易はしないという方針でした。ここに日本国としては大きな問題がありました。それは大昔から変わらない中国の考え方でした』

〈中国の伝統では周りの国とつきあうためのルールがありました。それはどんなルールでしたか?〉

【解説】ここまでの授業(弥生時代の王たち~聖徳太子)をやっていれば、册封体制についての正解が児童から必ず出ます。

正解は中華册封体制。言葉が出なくても、中国の皇帝の家来になること、中国との親分-子分の関係、など。

『中国は自分が常に世界の中心でなくては気がすまない国なんですね。でも、日本は他の中国の周辺国とは違って、聖徳太子以来、中国と日本は対等だという考えでやってきました』

〈足利義満はどうしたでしょうか?〉
A 中国皇帝の家来になって、貿易を進めた。
B 中国と対等な立場で、貿易を進めた。
C 中国と対等な立場をつらぬいたので、貿易はできなかった。

*かならず挙手させて、A~Cそれぞれが何人ずつか人数分布をとって黒板に書きます。2人くらいずつ理由を言わせます。家来にはなりたくないという意見と、日本のためには貿易して経済を発達させるべきだという意見が対立します。

実際の義満はAを選びました。

*利義満は「遣明使」を送りました。皇帝への国書には貿易をしたいので国交を開きたいと書きました。そして、皇帝にたくさんの贈り物を持っていかせました。

金100両、馬10頭、扇100本、屏風、鎧、剣などばくだいな贈り物

明の皇帝から返事が来ました。


皇帝の国書
日本国王源道義(義満のこと)よ、おまえが私を愛する心を持って使いをよこしたの
ことに感心である。私は、そのほうびとして、おまえを日本国王として認めよう。

義満の返事
 明の皇帝の家来である私、日本国王源(足利義満)からお手紙を差し上げます。



*「国王」というのは、皇帝の家来という意味です。日本国の代表は「天皇」なのですが、おかしなことですね。義満は天皇の家来であることを忘れてしまったのでしょうか?それだけ幕府の権力が大きくなっていたことがわかります。でも、こうして日明貿易が始まりました。

2 勘合貿易と金閣

〈どちらが日本の輸出品だったでしょうか?〉

A(銅・イオウ・金など)     B(銅銭・絹糸・絹織物など)

*正解はAです。
日本から銅を持っていって5倍の値段で売る。その金で生糸を買ってきて日本で20倍の値段で売る。5×20=100倍のもうけになった。お金も輸入していました。日本の政府はお金をつくっていなかったからです。

資料「永楽通宝」

〈永楽通宝はいまいくらで買えるでしょうか?〉

A 200円    B 2万円   C 20万円  D 200万円

*正解はAです。それくらいたくさんあるということ。

*皇朝十二銭・・・・平安時代の終わり頃に最後のお金がつくられた。鎌倉時代頃から中国のお金がたくさん入ってきて商業が盛んになる。それまでは土地を買うのにたくさんのお米で払った。

*資料:勘合符を見せる。勘合符について話す。商人たちは、義満にばくだいなお礼をしました。こうして義満はおおもうけ。そのお金でりっぱな建物を建てました。 これです。

金閣の写真を見せる。
金閣

*1階は貴族風、2階は武家風、3階は禅宗風、全面に黒漆をぬり金箔を貼った。貴族も武士も僧もすべて私の支配下にあるという意味だ。いまのお金で600億円くらいでしょうか。
 
3 天皇になろうとした足利義満

明の皇帝の家来になった義満は、国内では権力をふるいました。

〈義満が人生の最後にやりとげようとしたことはどれでしょうか?〉
A 自分の息子を天皇にする。
B 中国を征服する
C 黄金の大仏をつくる。

*正解はAでした。
足利義満はまるで自分が天皇であるかのようにふるまいました。
天皇にしかゆるされなかった行事をやりました(皇室の儀式、朝廷の位をさずけること)。
天皇を金閣に招いたとき、天皇と同じ服装になり、並んですわった。
次男善嗣(よしつぐ)を皇室にしか許されない地位につかせ、「親王(次の天皇)」としてあつかわせた。

〈足利善嗣は天皇になれたでしょうか?〉

 A 天皇になった    B 天皇にはなれなかった

*正解はBです。
義満の野望は実りませんでした。得意の絶頂にあった51歳の義満が、流行病にかかってあっけなく死んでしまったからです。
善嗣は第4代の将軍にもなれませんでした。第4代将軍になったのは長男の足利義持でした。義持は父の考え方に反対でしたから、父には嫌われていました。その将軍義持は、明の家来であることをやめ、中国と対等であるという日本の地位はもとにもどりました。また、天皇と征夷大将軍の関係も、もとにもどしました。日本の中心は天皇であり、幕府は天皇から将軍という位をいただいて政治を行うという、本来の姿にもどしたのです。
プロフィール

授業づくりJAPANさいたま代表:齋藤武夫

Author:授業づくりJAPANさいたま代表:齋藤武夫
戦後70年間日本の教育は根無し草の「世界市民」を育ててきました。そのため小中学校の歴史教育はウソとタブーによって大事な内容が教えられていません。また誤って教えられています。
「授業づくりJAPAN」は、日本の教育のウソとタブーを排し、真実とフェアネスを取り戻していきます。
かつてGHQに禁じられた教育は現在も禁じられたままです。私たちは「日本人を育てる教育」を取り戻します。そのために、命ある限り授業づくりとその普及につとめます。私たちは「誇りある日本人」こそが「真の国際人」になれると信じています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
ご訪問ありがとうございます!
FC2ブログランキング
ワンクリック!応援よろしく御願いします。

FC2Blog Ranking

人気ブログランキングへにほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
にほんブログ村
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。