豊臣秀吉

豊臣秀吉

1 全国平定まで

『まず、秀吉が全国を平定するまでのお話を読みます』



秀吉は太閤さんとよばれます。前の関白という意味で、例えば秀吉のやった検地は太閤検地といいいます。また太閤は、秀吉がそうであったように「低い身分から大いに出世した人」という意味でも使われます。伊藤博文は明治時代に「今太閤」よばれました。


 秀吉は尾張国愛知郡中村郷中中村(現在の名古屋市中村区)で、百姓と伝えられる木下弥右衛門となか(のちの大政所)の子として生まれました。父の死後、母・なかは竹阿弥と再婚しましたが、秀吉は義父と折り合い悪く家を出ました。亡父の遺産の一部をもらい針売りなどしながら放浪したといいます。

 はじめ木下 藤吉郎(きのした とうきちろう)と名乗り、今川氏の家来の家来になりました。やがて、天文23年(1554年)頃から織田信長に小者として仕えました。信長の草履取りをした際に、冷えた草履を懐に入れて温めておいたことなどで気に入られ、しだいに織田家中で頭角をあらわしていきました。墨俣一夜城など秀吉が知恵と工夫で問題解決していく伝説はたくさんあります。

 信長に仕官して20年ほどで足軽が一国一城の主になり(長浜城)、羽柴秀吉と改名します。下克上の世とはいえ異例のスピード出世でした。

 秀吉は兵糧攻めを得意としました。あの本能寺の変のときも、秀吉は中国攻め(毛利攻め)を担当し、備中の高松城を水攻めにしている真っ最中でした。

そのとき、秀吉軍は一人のスパイをとらえます。その男は「信長が明智光秀に討たれた」という大ニュースを持っていました。秀吉は高松城攻めを直ちに休戦して、大軍を率いて京都まで駆け抜けました。秀吉は、誰よりも早く、山崎の合戦で信長のかたきを討ち、天下統一のバトンを受けつぎました。

 その後、柴田勝家や徳川家康などの大先輩を、倒したり手を打ったりしながら着々と地位を築いていきました。
1583年(47歳)秀吉は大阪城築城始めます。周囲4キロメートルの土地に、3年かかって五層八階建ての天守閣がそびえました。黄金の茶室。黄金のベッドルーム。黄金が秀吉の好みでした。

1585年 紀伊、四国(長宗我部)を平定して、(藤原氏と親子関係を結んで)正親町天皇から関白に任ぜられ「豊臣」の姓をいただきます。そして、1586年には太政大臣になりました。

 武家の棟梁として征夷大将軍になり幕府を開くのは、源氏でも平氏でもなかった秀吉には利口な選択とはいえなませんでした。いかにもにせ者くさいからです。それよりも、聖徳太子以来の天皇中心の国として、伝統ある朝廷を全国統治の政府として復活させ、天皇をお守りする道を選んだのです。

 こうして1587年、九州・関東・奥州も平定し、名実ともに関白・太政大臣豊臣秀吉の天下になりました。
 100年ぶりで日本の戦国時代が終わったのです。


2 秀吉の政治

『秀吉は、明確な国づくりの方針を持って、3つの政策を実行しました。それらの政策の目標は何だったかを考えながら整理していきましょう』

(1) 検地(太閤検地)

『まず、次の図を見ましょう』
検地


〈何をしているところですか?〉

●検地、太閤検地、「土地の広さを測っています」など。

*田畑の面積、土地の等級(上田・中田・下田)、収穫高を調べ、土地の所有者(=耕作者)を定めた。年貢は耕作者が米で納めること、村の有力者などが勝手に年貢を取ることを禁ずること、勝手に土地を移るのを禁ずることなど。

『検地の徹底よって、寺社、貴族は荘園を取り上げられ、農民は土地の所有権を認られました。農民はその国を治める大名に、公平に決められた年貢を治めることになり、大名は確実に年貢を徴収できて、領国の石高がわかるようになりました。太政大臣豊臣秀吉は、石高に応じて、大名に公平に義務を課すことができるようになりました。そして、単位の全国統一ができあがります。町、歩、米を量る升(一升)、六尺三寸(191cm)四方を一歩とし、300歩を一反とするなど。また、武士と百姓の身分がはっきり分かれ、身分の秩序が決まっていきました』


(2) 刀狩令(1588年)

『2つめは、刀狩令と呼ばれる次の命令です』


一、各地の百姓が、刀や短刀、弓、槍、鉄砲、その他の武器を持つことをきびしく禁止する。
 そのわけは、百姓が不必要な武器を持てば、年貢や税を出ししぶって一揆をくわだてたり、不法のふるまいをすると処罰される。すると、その田畑は耕されず、むだな土地になってしまうからである。
 そこで、大名や家臣はそのような武器を集めてさし出しなさい。
一、集めた刀や短刀はむだにしてはならないので、このたび、建てさせている京都の方広寺の大仏殿のためのクギやカスガイに使いなさい。そうすれば、現世はもちろん、あの世までも百姓は救われるだろう。
一、百姓は、農具を持って、ひたすら農業にうちこんでいれば、子孫の末まで長く安楽に暮らせるものである。だから、いまこうして、武器を取り上げるのは、百姓を愛すればこそのことなのである。
 世に不要な武器がなくなれば、国内は安らかになり、人々もまた幸せになるのである。



〈この命令はどんなことをを目的としていますか?〉

●武士以外は武器を持たないようにする。反乱が起きないようにする。戦争が起きないようにする。平和な世の中にする、など。


(3) 城割(しろわり)

『3つめは、城割といわれた政策です。これは、全国の大名の城を壊させたのです。それぞれの領国内の城が、3から4に減らされ、大名の防御能力は低くなりました』

〈さて、この3つの政策のねらいはどんなことだといえるでしょうか? 秀吉の日本のリーダーとしての国づくりの大方針を説明してください〉

●戦国時代を終わらせ平和な世の中をつくる。ばらばらになっていた日本を一つの国にまとめる。下克上を終わらせて、安定した秩序を生み出す。反乱や戦争をやめさせる、など。  


3 朝鮮出兵と秀吉の最期

『秀吉の政治のしめくくりは朝鮮出兵です』

*1592年(56歳) 文禄の役
 明を征服するために16万人を出兵しました。始めは快進撃、しだいに抵抗に遭い、明の軍隊が出てきた。
 李舜臣(りしゅんしん)の水軍に補給路を断たれ、明との和平交渉のために兵を退いた。

*1596年(60歳) 慶長の役
 同じく14万人を出兵。今度は半島南部から先に進めない。

『明を征服し、朝廷と秀吉も大陸に移り、新たな王朝を立てて、世界征服をたくらむスペイン・ポルトガルに対抗して、東アジアからインドまでを征服しようという壮大な構想でしたが、これは大失敗に終わりました』

【解説】
 朝鮮の役で秀吉を極悪人のように教える先生もいますが、まちがっていると思います。現在の感覚や道徳や法で過去を裁いてはいけません。
 東アジアの中華秩序の中で、蒙古民族(元)や満州族(清)が中華の天下を取ったことがあるように、秀吉は、当然一周辺民族としての日本民族にも新たな中華王朝を起こす(中原に鹿を追う)権利?があると考えたのかもしれません(これはネットで教えて頂いたのですが、いま、そのアドレスが見つかりません。浅学ゆえ間違っていたらご教示ください)。


『1598年に秀吉は死にました(62歳)。 臨終の遺言は「くれぐれも秀頼(6歳)のことおたのもうしましす」でした。しかし、豊臣家の治世は長く続くことがむずかしかったでしょう。現実に統治しているのが武家である限り、朝廷を政府と見なし続けるのはむずかしいからです。藤原氏や平氏の戦国時代版ですね。次に、新しい国づくりのバトンを引きついだのは、ご存じ徳川家康ですね』



【解説】秀吉のキリスト教政策は、鎖国との関連で、後で教える予定です。
スポンサーサイト

織田信長

織田信長
●織田信長は日本の中世に終止符を打ち、近代(近世)を切り開いた一大プロジェクトの創業者です。この授業は織田信長を10問のクイズで教えます。一問平均4分くらいでリズミカルにやります。

*信長の肖像を見せ、名前を書き、天文3(1534)年に尾張(愛知県)古渡城主織田信秀の嫡男に生まれたことを教え、すぐにクイズに入る。

 織田信長の少年時代
A 間抜け
B きちょうめん
C かしこい

【A】幼少から青年時にかけて奇妙な行動が多く、周囲から尾張の大うつけ(気が抜けた大間抜け)とよばれた。
『信長公記』
「着物を着ても、そでを通さない。腰には火打ち石をたくさんぶら下げている。」
「歩きながら、栗、柿、瓜などにかぶりついている。また、人に寄りかかったり、肩にぶら下がったりしている。」(一方、武芸の鍛錬は怠らなかったとも言われています。)
・織田信長(16歳)は父信秀の葬儀に遅刻した。朝から狩りにでかけていて遅刻したのだ。狩衣のまま霊前に進み、位牌に抹香を投げつけた。平手正秀は切腹して諫めた。


 1560年27歳、今川義元が天下に号令すべく、2万5000人の軍を西に進め始た。
信長が動かせた兵力はどのくらいだったでしょうか?

A およそ2000人
B およそ10000人
C およそ20000人

【A】およそ10分の一といわれる。

 今川義元が桶狭間で織田の砦を攻撃し始めたとの報に接した信長はどうしたか?
A 刀をといだ。
B カルタをした。
C うたっておどった。

【C】「人間五十年、化天のうちをくらぶれば、夢幻のごとくなり。ひとたび生を得て、滅せぬもののあるべきか」と謡曲「敦盛」のこの一節を謡い舞い、陣貝を吹かせ、立ったまま湯漬を食べたあと甲冑を着けて出陣した。

*信長は桶狭間の戦いに勝利し、徳川家康と同盟する。

 1560年、隣国美濃の斎藤義竜を攻めた(義父の仇を討つ)。
滅ぼすのにかかった時間は?

A 半年
B 1年
C 7年

【C】7年かかって稲葉山城(岐阜城)を落とした。「天下布武」の印を使う。

 1568年(32歳)京を追われていた足利義昭とともに、上洛して、義昭を室町幕府の第15代将軍につけ、二条城(御所)をたてた。
5年後、1573年(37歳)足利義昭を追放して、室町幕府が滅びた。
この年、浅井・朝倉を滅ぼしたが、その敗軍を比叡山延暦寺(仏の力で国を守る寺)。がかくまい信長に対抗した。信長は比叡山延暦寺に対してどうしたか?


A 辛抱強い話し合いで和解した。
B お金を払い敵を渡してもらった。
C 寺を焼き払い、皆殺しにした。

【C】『信長公記』「比叡山に攻め上った信長軍は、根本中堂をはじめ山内にある4500の建物、教典、仏像などを、ことごとく焼き払った。多くの人が裸足で逃げまどったが、すべてとらえられ、首を打ち落とされた。そのため、泣き叫ぶ声がみち、数千の遺体が山内にちらばった。人々は、これを悪魔のしわざとおそれた。」


 1572年三方原の戦いで織田・徳川軍は敗戦していた。3年後の1575年(39歳)、武田軍1万3000が押し寄せてきた。最強の敵、武田勝頼との長篠の戦い。
この戦いで信長は世界の戦争の歴史で初めてといわれる戦術を使いました。それは何を使った作戦でしょう?

A 鉄砲
B 大砲
C 爆弾

【A】鉄砲隊の3段連続撃ち作戦(馬防柵)。

 1576年(40歳)から3年かけて、安土城を築いた。
宣教師フロイスはいう。「天守閣は石垣を高さ20mあまり築いた上にたてられていた。ヨーロッパのどんな塔よりも気品があり、壮大な建物である。外部は層ごとに色分けされている。あるものは黒く、あるものは赤、あるものは緑であり、最上階は黄金である。」
この城下町は、家臣団が住み、にぎわいのある町になった。信長はこの町で新しいルールを作りました。それを「楽市楽座」といいいます。楽市楽座の「楽」とはどの意味でしょう?

A happy(楽しい・幸せ)
B free(自由・無料)
C easy(かんたん・やさしい)

【B】楽市楽座について説明する。

 信長が最後まで手こずった敵は一向宗=浄土真宗でした。「南無阿弥陀仏」を唱えれば極楽浄土に行けると信じる人々の戦いは強かった。が、伊勢長島の一向一揆、越前の一向一揆、大阪石山本願寺との石山合戦(1570年~1580年)との戦いによってこれを押さえます。では、織田信長は、キリスト教に対してはどうしたのでしょうか?

A 布教を許した
B 布教を禁じた

【A】安土には教会が建ち、キリスト教の学校(セミナリオ)もつくられた。
宣教師フロイスはいう。「この王は、長身でやせており、甲高い声を出す。傲慢で、決断が早く、部下の言うことはほとんど聞かない。戦術に巧みである。みなから恐れられ、敬われている。彼はほかの大名を軽蔑し、肩の上から話しかけるような口の利き方をする」
「かれは自分を『魔王』(宗教の敵)と言っている。また、日本では、自分こそが生きた神であり、生きた仏であり、神主や坊主が大事にしている木や石など神ではないのだ、と言っている」

 信長は、自分の家来に攻撃されて死んだ。○か×か?
【○】1587年(49歳)、本能寺の変。京都本能寺で、100人あまりの部下と共に、1万3000人の明智光秀の軍勢に討たれた。

10 明智光秀の天下は何日続いたか?
A およそ3日
B およそ10日
C およそ3ヶ月
【B】
6月2日の本能寺の変の後、明智光秀は、山崎の合戦(6月12日、13日)で豊臣秀吉に敗れた。光秀の勝利はあまりに短かったので「三日天下」という故事成語がうまれた。


『信長は天下統一を眼前にして討たれました。信長の天下布武は未完に終わりましたが、その一生は日本の分裂状態に終止符を打つ元点になりました。天下布武のバトンを受け取って、それを仕上げたのは豊臣秀吉でした。次の時間に勉強しましょう』

戦国時代の日本

戦国時代の日本
●戦国時代は人気がありますが、1年68時間しか使えないと思えば、こんなさらっとした授業をやりましょう。ポイントは、この国家分裂時代に、わが国の歴史が初めて当時最も危険だった西洋(白人)と出会ったことです(もしもう1時間やれるなら、武田信玄のような領国をまじめに統治した戦国大名を真正面から教えたいと思います)。

1 戦国時代

■板書 応仁の乱 1467~77 → 戦国時代(およそ100年)

『10年の応仁の乱が終わったころ、室町幕府にはもはや全国を治める力はなくなっていました。始まった時代は戦国時代といいます』

< 戦国時代について知っていることを発表してください?>

*知っていることを発表させる。
■板書 戦国時代・・・日本がたくさんの小さな国に分裂してしまった時代
■資料集で武田信玄など有名な戦国大名を知る。

『地方ごとに力を持った大名が出て、自分の領地の支配して、領地の農民から税を集め、独自の法律を作り、独自の政治を進めました。力のある守護大名は幕府に頼らずにそのまま領国を統治しました。力のなかった守護大名は「下克上」によって没落し、実力でのし上がった戦国大名が新しく統治しました。下克上がくり返された地域もあります。それまでの身分や家柄はほとんど無意味になり、古くからの権威や秩序も力を失い、まさに実力がものをいう時代になりました』

2 ヨーロッパとの出会い
『さて、戦国時代にはもうひとつの大きな特徴があります』
*南蛮屏風を黒板にはる。
南蛮図屏風

< これはその戦国時代の様子を描いた絵です。わかることを発表してください >

*南蛮船、西洋人、黒人、虎など、十字架(南蛮寺)などが見つかる。

■板書 戦国時代・・・日本がヨーロッパ(西洋・白人)と初めて出会った時代。

1 鉄砲など西洋の文物 
 
 その最初は1543年でした。(信長10歳、秀吉8歳、家康2歳)
 日本人は、この年の八月、長い歴史の中で初めてヨーロッパ人(白人)を見た。
 種子島(鹿児島県)に中国船が流れ着いたのだ。その船はシャム(タイ)から中国に向かう途中だった。当時の記録は、次のように書いている。

資料「西村の小浦に、一隻の大きな船が流れ者いた。乗員は百名あまりだったが、異様な服装をしていて、言葉も通じない。この船に中国人が乗っていたので、砂の上に漢字を書いて筆談した。船に乗ってい るのは南西の方からやってきた外国の商人ということだった。」 

『この船に乗っていた「異様な服装」の人物はポルトガル人でした。彼らは次のような物を持っていました』

「細長い棒のようなものの先から、妙薬(火薬のこと)と鉛の玉を入れる。的に向かってかまえ、別の穴から火をつけると、いなづまがかがやくような光と、かみなりのような音がする。そして、鉛の玉はすべて的にあたってしまう。」(『鉄砲記』より)

〈 このめずらしい物は何ですか? 〉

*鉄砲、火縄銃

プリント 火縄銃の図と操作法の図

*種子島の領主は2丁の火縄銃を買い取りました。それはこの時代の日本にはまさにタイムリーな新兵器でした。大名たちはみなこの新兵器をほしがったので、およそ30年後には、日本は世界一の鉄砲保有国になっていました。

〈 日本はどうやってそれほどたくさんの鉄砲を持てたのでしょうか? 〉

A ヨーロッパから大量に輸入した。
B ヨーロッパから技術者をやとって大量につくらせた。
C 日本人が実物を分解して調べ、自分でつくった。

*正解はC。
刀鍛冶の技術の優秀さとネジのエピソードを話す。
ネジがないと木の筒はバクハツにたえられない。ネジの実物を見た刀鍛冶がそれを作った。

*ここで南蛮貿易で伝わった物を写真で見せる。
望遠鏡、眼鏡、時計、地球儀、世界地図、カステラ、砂糖菓子、パン、タバコ、カルタ、西洋の鉄の鎧や甲など。

2 キリスト教伝来
『 次は1549年でした。この人が日本にやってきました』

■ザビエルの肖像をはる。
ザビエル


*スペイン人。日本にキリスト教を広めに来たことを教える。

資料:ザビエルについて
・天皇におみやげを持って日本にやってきた。鹿児島から上陸した。天皇には会えず日本の状況を知り、大名たちに会ってキリスト教と貿易のことをたのんで歩いた。中国地方や九州の大名たちはザビエルに会って話を聞いた。

「われわれが出会ってきた人々にくらべて、日本人は最も優れた人々である。キリスト教を知らない民族の中では日本人にまさるものはいない。日本人は富よりも名誉を重んじている。人に恥をかかせたり、人をバカにする言葉をいちばんきらっている。」

*ザビエルは2年ほどして帰国した。その後たくさんの宣教師が日本に上陸してキリスト教を広めていく。

3 「大航海時代」について

『日本人は、いまから500年ほど前の戦国時代に初めて白人を見ました。ヨーロッパ人です。彼らが、どうしてこの時代にこんな遠くまでやってくるようになったのか、最後にそのお話を読みましょう』

*資料「西洋人の世界進出」を読む。



大航海時代・・・ヨーロッパ人が世界を征服し始めた!
 16世紀のなかばころから、西洋(ヨーロッパ)のスペインやポルトガルが世界を征服し始めた。
 ポルトガルやスペインの王様たちは、冒険家たちにお金を出して、世界中に送り出した。船乗りと商人と兵隊と宣教師(キリスト教を広める)が、でっかい船に乗り込んで出ていった。キリスト教を広め、強い国とは貿易し、弱い国なら大砲と鉄砲で征服する。

1494年 コロンブスが大西洋を渡ってアメリカを見つけた。
1498年 ヴァスコダガマがアフリカを回ってインドに行った。
1519年~22年 マゼランが世界一周の大航海。
1521年 スペインがメキシコのアステカ王国を征服した。  
1533年 スペインが南アメリカのインカ帝国を征服した。
1543年 ポルトガル人が日本の種子島にやってきて鉄砲を売った。
1549年 フランシスコ・ザビエルが日本に来た。

 こうして、アフリカ、アジア、アメリカなど有色人種の地域が西洋人(白人)に支配されていった。
このように外国人に支配されたところを「植民地」という。

 アフリカの黒人は奴隷(どれい)としてアメリカ大陸の植民地に売られていった。いま、アメリカ大陸に住む黒人のほとんどはその子孫である。アメリカ大陸にあったインカ帝国、アステカ王国は滅ぼされ、白人に支配された。現在のメキシコやブラジル、アルゼンチンなどの国々はもとからそこに住んでいた人々と征服した白人との混血(こんけつ)の国になった。

 やがて、オランダやイギリスが力を持ってくると、北アメリカに昔から住んでいた人々(ネイティブアメリカン)は征服されて、アメリカやカナダという白人の国になった。オーストラリアも同じだ。

 こうして、白人の貿易船がアジアにやってきた。アジアにはめずらしい品を売って利益を上げ、アジアから、コショウなどの香辛料、薬、宝石、染料、絹、茶、陶磁器などを買って、船いっぱい積んで本国に帰って売りさばき、ばく大な利益をあげたというわけだ。それと同時に、キリスト教も世界中に広められていった。

 ヨーロッパ人はほしい物をもとめて世界に乗り出し、アフリカやアジアを征服しながら、最後に一番遠い所にあった日本にやってきた。それがちょうど戦国時代、日本が小国に分裂して戦いあっていた時代だったのである。

File0176.jpg




*数人に感想を発表させる。


3 まとめ

『戦国時代の日本は「天皇ー室町幕府」という中心はありましたが、それが全国を治める力をなくして、小さな国々に分裂して、バラバラになってしまった時代でした。
それとまったく同時代が、西洋人の大航海時代=ポルトガルとスペインが全世界を支配しようと進出してきた時代=でもありました。
くりかえしになりますが、この危険な時代に、わが国は小国に分裂して内輪もめをしていたことになります。
ですから、戦国時代の日本の国づくりには大きなテーマが2つあったわけです。

1 内戦に終止符を打ち、日本をもう一度一つにまとまった国(天下統一)にすること。
2 キリスト教の国:西洋(スペイン・ポルトガル)とどうつきあっていくか。

まず、1のテーマは、信長・秀吉・家康のバトンリレーで答えが出ます。次はこのテーマをやりましょう』
プロフィール

授業づくりJAPANさいたま代表:齋藤武夫

Author:授業づくりJAPANさいたま代表:齋藤武夫
戦後70年間日本の教育は根無し草の「世界市民」を育ててきました。そのため小中学校の歴史教育はウソとタブーによって大事な内容が教えられていません。また誤って教えられています。
「授業づくりJAPAN」は、日本の教育のウソとタブーを排し、真実とフェアネスを取り戻していきます。
かつてGHQに禁じられた教育は現在も禁じられたままです。私たちは「日本人を育てる教育」を取り戻します。そのために、命ある限り授業づくりとその普及につとめます。私たちは「誇りある日本人」こそが「真の国際人」になれると信じています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
FC2カウンター
ご訪問ありがとうございます!
FC2ブログランキング
ワンクリック!応援よろしく御願いします。

FC2Blog Ranking

人気ブログランキングへにほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
にほんブログ村
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる