ポツダム宣言

自由主義史観研究会の授業づくりプロジェクト定例会に参加しました。
そこで初めて知ったことです。

以下、長谷川毅『暗闘-スターリン・トルーマンと日本降伏』(中央公論社2006)から引用します。

「ポツダム宣言は意図的に外交文書としてではなく、プロパガンダの手段として、日本政府に対してではなく、直接に日本国民にたいして発表された。したがって、日本政府は短波放送からポツダム宣言の内容を知ったのであり、(トルーマンが回顧録にウソを書いているように)スイス政府からもスウエーデン政府からも、外交文書としてこれを手渡されたのではなかった。」

しかも、「ポツダム宣言の正文は存在しない。署名もオリジナルな署名ではなく、トルーマンがチャーチルと蒋介石の代筆をしている」のです。

短波放送で流されたプロパガンダに正式に回答する政府はありえません。
だから日本政府は非公式に「ノーコメント」と発表したのです。

トルーマンは8月6日広島に原爆を投下しました。
トルーマンは回顧録にこう書いています。
「7月26日の最後通牒がポツダムから出されたのは、日本人を完全な破壊から救うためであった。彼らの指導者はこの最後通牒をただちに拒否した。」

これもウソです。
日本政府は「拒否」などしていません。
非公式なラジオ放送にコメントできなかっただけなのです。
スポンサーサイト

情況について

日本はいま「歴史戦争」を戦っています。
が、それを自覚している日本人はまだ少ないように思えます。

政治課題も外交課題も経済課題も、日本問題の原点はここにあります。

「歴史戦争」の当面の主要敵は、中共・韓国・北朝鮮です。

また、いまは副次的ですが、より根本的で手強いは欧米諸国(連合国)です。

歴史戦争の主戦場は、韓国併合(朝鮮統治・在日朝鮮人・朝鮮人慰安婦)であり、満州帝国であり、シナ事変(南京事件)であり、大東亜戦争です。

また、副次的な戦場は、「ナチスドイツと日本は同じ罪を負うという歴史観」です。

米ソ冷戦崩壊は、この歴史戦争を推進する働きをしました。

なぜなら、そのとき日本は当然戦後体制から脱却し、
再び独立自尊の国をめざさなければ未来がなくなったからです。

それを最も危険視したのが、中国・北朝鮮・韓国、そして何よりもアメリカだったのだと思います。

そして、彼らは気づきます。

日本の頭を押さえ、平和憲法を守らせ、分相応に生かしておくために、
最も有効な武器は歴史戦争であると。

まさに、その通りで、この情況を最前線で戦い続けた者達こそ、左翼(サヨク)反日日本人勢力でした。

この構図はますます深刻化しています。



大正・昭和の授業づくりは、
こうした現在の日本が追い込まれた状況を克服することをめざさなければならないでしょう。

つまり、朝鮮(韓国)人とシナ人と欧米人との歴史戦争に立ち向かい、事実に基づいて、正々堂々と戦い続けることのできる自立した日本人(先人に感謝し祖国を誇れる日本人)を育成していくことです。




いま、私はつくづく自分の頭の悪さを呪っています。

何度も間違いますが、
ここ10年におよぶ迷いと不明とがひとつの終着点を迎えようとしている気がします。

考えていることなど

昭和の戦争をどう教えるかは、現在の日本をどうとらえるかと密接に関わります。

冷戦崩壊から30年、日本は混迷と危機の様相を深めてきました。

隣国はすべて確信犯的な反日国家であり、その2つは共産主義です。

つまり日本だけが自由主義の前線でさまざまな攻撃を受け続けています。

しかも、アメリカの冷戦は終わっていて、日米同盟の意味も変わっています。

アメリカは日本の現状が、昭和の戦争における自分たちの失敗と占領政策にあることにほうかむりしています。

ここから現代日本の国づくりの課題は、「独立」になります。

したがって、昭和の戦争と戦後日本を教えることはひとつながりです。

広義の戦争はまだ続いています。

つまり東京裁判史観とは連合国の謀略にすぎず、敗者を誹謗するための虚構にすぎません。

徹底的にこれを否定しつくす授業づくりを進めたいと思います。

授業は続くよ

韓国併合~ベルサイユ会議まで4時間+αの授業をやりました。
う~むという感じですが、少しずつやりたいことが出てきます。

今回は日本の台湾・韓国統治が、西洋列強の植民地収奪とはまったく違うものであったことを徹底的に教えました。生徒は感動しています。

日本は、地域の安定や自国の防衛のために、また血を流した結果である利権のためには、日仏協約などのように、列強としての相互の立場を認め合わざるを得ませんが、共に新しい世界史をつくっていこうという気概に燃えていたのです。八田與一の人物伝も読ませました。

さて第一次世界大戦のドイツ利権は、これまでの戦争目的とはちがって、あたりまえの帝国主義国としてふるまいました。しかし、パリ講和会議では、つぶされはしましたが、人種差別撤廃条約の提案で気を吐きます。

生徒たちは、列強と互してガンガンやりながら、同時に有色人種解放路線を忘れていない日本に共感しています。
綱渡りのような危機感はなかなかわかりませんが。

さて、ここから先ですが、満州事変から大東亜戦争敗戦まで、2つの解釈を並行して進めようと考えています。

いままでは、東京裁判史観という明白なウソも教科書の範囲で教えつつやっていましたが、中韓の反日がますます露骨になる状況では、これはもはや無意味な教育になりはてました。

そこで、次のような2つの解釈をぶつけていこうと考えているところです。

A 対欧米植民地解放戦争を天命として受け入れて壮烈に戦い、敗れたがアジアの植民地はすべて独立できた。

B 日・米の政府はともにコミンテルンの情報戦にはめられて、大東亜戦争を戦い敗れた。戦後、中国やアジアの植民地の多くは共産主義化していった。


まだ、生煮えで具体的な方向も手探りですが、どこまでいけるかやってみます。

素直に見れば、国民の多くはAで戦い、戦争の現実はBであり、戦後はCの東京裁判で生きてきた。となるのでしょうか。Aの虐げられた弱者救済路線とは、Bのコミンテルンの宣伝にぴったりはまるものだったように思われます。

しかし、どのように理解するにせよ、国家・国民のために生命を捧げて戦った兵士・英霊・国民の思いと行動は絶対的に肯定的に教えなければならないと考えています。

戦後史も変わってきます。戦後63年は「独立国」とは言えない国だったが、これから聖徳太子の基本方針「強大な帝国とも対等につきあえる独立国」となるために、国づくりを進めましょうという現在進行形の歴史授業で終わるようにしたいと思います。

昭和の戦争19

日露戦争以後のの日本は、
欧米列強とほぼ同様の立場と政策を採っていた。

そこにアジア主義が入りこんできたのはいつからだろう。
それが問題を解く一つのカギになると思っていた。
その答えを見つけた。

井上寿一『アジア主義を問い直す』(ちくま新書)は次のように書いている。



近衛文麿は意気消沈していた。
首相就任直後に起きた日中間の軍事衝突の不拡大をめざしながら、
何をやっても思い通りにならず、
無力感にとらわれていた。

こんなはずではなかった。
国民の人気は圧倒的で、
だれもがこの貴公子を歓迎した。
国内の主な政治勢力も、
軍部から政党まで、
こぞって近衛内閣を支持している。
それなのになぜ意に反して戦争は拡大するか?
状況は近衛の手に余るものとなった。

近衛は早くも政権を投げ出す覚悟をする。
ところが皮肉なことに、
戦局は連戦連勝だった。
勝っている国の内閣が、
戦争の途中で総辞職するわけにはいかない。
(中略)

個別の戦闘は連戦連勝だったはずである。
ところが中国側が屈服する気配は、
ほとんどみられなかった。
どうすればこの戦争は終わるのか。
近衛には明確な見通しを立てることができなかった。

もう一つ近衛にとっての難題が、
国民に対してこの戦争をどのように説明するかということだった。
先勝気分に沸く国民の期待を裏切るわけにはいかない。
そうかといっていつまでも戦争を続けることもできない。
戦争の目的を明確にしながら、
国民の納得が得られる事態の収拾策を考え出さなくてはならなくなった。

日中戦争をめぐるこれら国内外の問題を一挙に解決する政策の理念になったのが、
アジア主義という考え方である。
アジア主義は、
日中戦争に和平をもたらし、
国民を説得することができたのだろうか。

(p133~134)



いままでぼんやりと考えていたことが明確になってきた。
たしかにここで、
それまでは民間にだけ流通していたアジア主義が、
政府の政策として採用されたようだ。

ここからわが国は抜き差しならない矛盾に直面する。
世界の支配者の一員であると同時に、
支配される側に立とうとする困難にである。

大東亜戦争を教える難しさのひとつがここにあると考えている。

この本から、
しっかり学ばなければいけないと思いながら、
ゆっくり読み進めている。




プロフィール

授業づくりJAPANさいたま代表:齋藤武夫

Author:授業づくりJAPANさいたま代表:齋藤武夫
戦後70年間日本の教育は根無し草の「世界市民」を育ててきました。そのため小中学校の歴史教育はウソとタブーによって大事な内容が教えられていません。また誤って教えられています。
「授業づくりJAPAN」は、日本の教育のウソとタブーを排し、真実とフェアネスを取り戻していきます。
かつてGHQに禁じられた教育は現在も禁じられたままです。私たちは「日本人を育てる教育」を取り戻します。そのために、命ある限り授業づくりとその普及につとめます。私たちは「誇りある日本人」こそが「真の国際人」になれると信じています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
01 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
FC2カウンター
ご訪問ありがとうございます!
FC2ブログランキング
ワンクリック!応援よろしく御願いします。

FC2Blog Ranking

人気ブログランキングへにほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
にほんブログ村
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる