スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中学「日露戦争後の日本の目標を考える」

★教科書とは離れて、明治の目標達成した日本はどんな新しい目標を持つべきか。
それを生徒に考えてもらい、話し合っててみる授業をやりました。
これは以前ご批判を受けた授業ですが、わたしはやはりこれをどうしてもやりたかった。
完成した近代日本は列強がルールを作った国際社会でどう生きていけばよいのかという難問である。


1 列強と対等につきあえるようになった日本

・これまでの授業を振り返り、日本の現状を整理した。

ポイントは、
①列強との不平等関係はなくなり、日本は列強の一員となった。
②軍事的にも世界第2位の超大国を破り、帝国陸海軍にちょっかいを出せる国はなくなった。
③列強と同じように、台湾と朝鮮半島を領土とした。
*日本は植民地ではなく、支配する側に立っている。

しかし、日本はこれまで列強に奴隷化されたアジア人や黒人に「独立への希望」を与えた国だった。努力すればできると。
インド・インドネシア・ベトナム・フィリピンなどからは独立運動家が留学してきて、日本の援助を期待する。

2 日本の進路を考えよう

 みなさんはこの日本生リーダーとなって、日露戦争後の日本の進路を考えてください。
 いつものようにのーとにその理由を書きます。

選択肢は2つに単純化します。

A 帝国主義列強の一員として、日英同盟を基本として友好を保ちながら生きていく。
B 植民地アジアの独立運動を助け、国際社会における人種平等の実現をめざして生きていく。

*2クラスでやり、結果は、
 A:20名、
 B:34名、でした。

3 主張を発表する

A 自分が決断を迫られたらきっとBを選んじゃいそうだけど、ここはぐっと冷静になってAです。
 せっかく列強と対等な実力を得たのに、アジアの独立運動を援助したら、そこを支配している列強は必ず日本に侵略してくる。前列強を相手に戦ったら日本は負けます。

A Bにしたら西洋列強すべてを敵に回してしまい、孤立してします。どんなにロシアに勝っても英露仏米を一気に相手にはできない。帝国主義の立場を貫いても、自分の支配地はやつらとちがって近代化を進める。そうすれば、さらに強くなって、いずれはBの可能性も出てくる。

A まず自分たちがもっと強くなってからアジアを助けるべきだと思います。自分のこともままならない状態で、他国人の心配をしてはいられません。

A 理由はせっかく築き上げたこの地位が落ちてしまうし、同じ有色人種とはいえ別の国だから、努力して上り詰めた日本を見習って、亜細亜もアフリカも自力で支配から抜け出すべきだと思った。これから独立戦争があっても、有色人種側についていたら白人を敵に回すことになる。白人とはこれからも対等につきあっていくべきだと思った。

B 日本は不平等条約を改正して、有色人種で日本だけが列強になった。だから、有色人種の立場がわかるのは日本史かない。だから日本にはBをやる指名がある。

B日本が帝国主義列強に入ってしまったら、今まで支配から逃れてここまでやってきたのに、外道にやられたことを同じ有色人種にやり返すことになってしまう。日本人と同じ立場だった人たちを助けるのは日本人だったら絶対だと思います。日本人の心を変えちゃダメです。

B 日本は自分たちの国を支配され、下に見られるのがイヤで、ここまで自力で這い上がってきたから権力を得た。今こそ、世界に平等を教えたら良いと思う。Aではその先の世界は何も変わらない。世界の人種差別を変えることこそ日本の新しい目標だと思う。

B 日本はアジアの独立を目指すべきです。奴隷をあたりまえに思っている白人西洋列強と同じ道に進むのは、西郷さんも言っていましたがおかしいです。日本は相当な努力をしてここまで来たけれど、他の国を助けてあげないと、列強と対等になったとは言えないと思います。日本だからこそ、アジアの人々の苦しみをわかってあげることができます。独立を目指すアジア民族を支えるのが、新しい日本の指名だと思いました。西洋と一緒になってはダメだと思いました。

B 私はBに賛成です。なぜなら、列強の仲間入りをして、全世界を列強が支配したら、今度は列強同士の戦いが始まってしまいます。そのとき最初にたたかれるのは日本です。日本は黄色人種だから、いくらがんばっても結局はなめられると思うからです。もしそうなるなら、はじめからみんなで独立を目指した方がいい。

B 私はAのほうが立場が固められるし、お金とかだってsれほどこまらないと思うけど、白人のように植民地をひどく扱うことはとても日本にはできないことだと思うので、Bにしました。Bはいまの韓国みたいに恩を仇で返さあれるようなことがあるかもしれないけど、アジアの人々を助けること、世界の平等と平和を望むことは、日本人の大和魂だと思いました。

★なかなか濃厚な話し合いになりました。よく考えています。
世界の大国になった日本が、国際社会にある人種差別の中で、きわめてアンビバレントな立場に立たされていることが、生徒たちにはなんとなくですが、理解できました。

第一次世界大戦から大東亜戦争までこの両義的な立場が日本を縛りました。
これは頭が狂いそうなほど非常に困難な立場ですね。
しかし、日本はここで生き抜かなければなりません。
まさにそれが世界史的宿命でした。

台湾・朝鮮を徹底的に収奪せず、国民として認めて近代化を進めたことが、まずそのあらわれでした。

しかし自ら努力しないアジア人の中には日本を裏切り者呼ばわりする者も出てきます。

インドやベトナムの闘士が日本行きますが、もちろん政府は彼らを表立って援助することはできません。列強の政府から逮捕・強制送還を求めてくるからです。
彼らを助けたのは民間の言論人やアジア解放運動家たちでした。

日本の中に、さまざまな分裂が現れてきます。
次回は第一次世界大戦を見てみましょう。


歴史 ブログランキングへ
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
にほんブログ村




スポンサーサイト

ロシア革命

2年生に「ロシア革命と第一次世界大戦の終結」を教えました。
自由社の教科書は第一次世界大戦に3小単元を費やしてたいへん重視しています。日本の運命の分岐点だったからです。
今日はその2時間目、1時間たっぷりロシア革命を扱いました。
1 共産主義が当時の資本主義国家の欠陥を見事に突いたこと。
2 帝国主義国家を暴力で打倒し、労働者農民による自由で平等な社会をつくろうという高い理想主義を掲げ、世界中のエリート達を魅了したこと。
3 1917年11月、ドイツのスパイとして送り込まれたレーニンが暴力革命によってロシア帝国を倒し、ドイツと単独講和を結んだこと。
4 共産主義革命の現実は「ニコライ2世一家の皆殺し、資本家や地主たちを皆殺し、共産主義に反対する国民は死刑または強制収容所送りにし、共産党エリートの独裁国家(ソビエト連邦)になったこと。
以上を資料を元に理解させてから、「当時の日本国民はロシア革命と共産主義にどんな態度を取ったでしょうか? と問いました。
結果はこうでした。
賛成した(3名)、反対した(25名)、どちらにも決められなかった者(6名)でした。
賛成側・・・それまで農民だったのが無一物の労働者になり、労働条件は最悪で、一部の金持ちだけが喜んでるような国は最悪だ。
反対側・・・日本は立憲君主制だから議会で決めるべき。暴力革命は良くない。
      天皇中心の国にはふさわしくない。長い伝統が失われる。平等な国と言っても、結局独裁国家になり、反対したら殺される。

5 ソ連はコミンテルン(国際共産主義運動)をつくり、世界中のエリートをスパイや工作員として教育し、各国に送り込んだ。その結果世界中の国に共産党がつくられ、革命運動が進められたこと。
6 日本では、国民のほとんはみなさんが発表した理由で共産主義者を「赤(アカ)」と呼んで嫌ったが、エリートの多く(学者・学生・官僚・教師・軍人)はみなさんが発表してくれた理由で共産主義に共鳴していたこと。
7 1918年、英仏米日はシベリアに兵を送り、ロシア革命をつぶすための干渉  戦争を行ったこと。尼港事件で共産主義ゲリラによって日本人が3000人殺害されるなどしたため、日本は兵を引くことが送れたこと。

時間が無くなり、対戦の終結については次の時間に回すことにしました。

日露戦争後をどう生きるか

日露戦争後の日本

「日露戦争が世界に与えた影響」の授業をしてから、

「日露戦争後の日本は、帝国主義列強の支配する世界でどう生きるべきか?」

と題して自分の考えを書かせ、発表する授業を3クラスでやった。

立場は次の選択肢で選ばせた。

A:アジア初の帝国主義国として、欧米列強と対等に発展していく。
B:アジアのリーダーとして、植民地独立運動を支援していく。
C:その他の生き方を選ぶ。


次のような意見が出た。

Aの立場(36人)

●欧米列強の一員となることで、同盟をたくさん結び、国を安全に保つことができると思う。それに工業なども更に発展させれば、国勢も安定し、良い国ができると思う。

●植民地の国を助けるためには、自国が強くならなければ意味が無いから。

●やっと列強と肩を並べられるのだから、自分たちも植民地を持ったり、新しい機械を使ったりして、発展しようと思う。

●植民地の独立運動を助けようとすると、せっかっく欧米と対等になったのに、また、元にもどされてしまうと思ったからです。また戦争を繰り返すのはいやなので、帝国主義の一員として発展していったほうがいい。

●植民地の独立運動を助けるために戦争をしたら、日本はおそらく負けてしまうから。

●明治維新の時のような気持ちの人が多くて、ザ・武士といえる西郷や勝がいたらBだったかもしれないけど、当時の日本は対等になれて調子に乗っていたから、Bのような考えは思いつかないと思う。また、清やロシアの大国に勝って調子に乗っていたから、もっと植民地を手に入れて、世界征服してやろうかと思っていてもおかしくなさそう。世界征服とはいかなくても、(列強に支配されている人々には)人の手を借りずに自分でやれ!!と思っていたはずだ。だって、日本はどこの手も借りなかった。侵略されかけていたのに。

●自分の国のことは、自分で考え、自分たちでやった方が良いと思うから。

●今のうちに欧米列強と仲良くしておけば、これからの戦争に有利になると思うから。

●せっかく欧米列強と並んだのだから、その地位を守る努力をしないと、いつ支配されるかわからないので、Aがいいと思う。

●有色人種の手助けをして、いっしょにやられて、奴隷状態に戻るかも知れないから。

●この調子で日本を更に発展させ、どの国と戦って勝てるような国にするためには、列強の一員となるべきだと思う。

●Bも世界のためにってことで良いことだと思うけど、まず、自分の国を1番に考えるとAになると思います。

●Bだと列強と戦争になると思ったから。

●Bを選んだら他のアジア人を助けなければいけない、そうしたら列強の一員からは

●何人も犠牲にしてまで戦争をして、勝って手に入れた地位だし、対等につきあうことは目標でもあったから、列強と一緒に発展していくのがいいと思う。

●白人に、有色人種でも頑張れば白人と対等になれるということをわからせたのだから、帝国主義の一員として発展していってもいいんじゃないかと思ったから。

●さらに発展していって、他の列強を出し抜きたい。

●どんどん発展していって、世界の頂点を取る。

●Aを選び、もう少し間をあけて相手をよく見る。

●日露戦争に勝って韓国などを植民地に取ったから、帝国主義の一員として発展していったと思う。

●これから発展していかないといけないから。
ずされてしまうかもしれない。植民地を支配する主義なのに、それを助けたらまた戦争が起きてしまうから。

●白人支配の世界を変えるために生きるとすると、白人国と戦争になってしまうと思ったから。

●日本も植民地をふやして、日本を豊かにする。

●もしBを選べば、欧米列強にバカにされる気がします。そして戦争になりかねないから、Aを選びました。Aを選べば列強とは戦争にならないと思いました。



Bの立場(48名)

●他のアジア人にスゴイと言われたと思うし、有色人種は有色人種どうしで協力してほしい。

●黒人がかわいそうだから助けたいと思う。

●日本は欧米列強と対等な立場になりたかっただけで、帝国主義列強の一員として発展していこうとは考えなかったと思う。それに、そう発展していくよりも、植民地の独立運動を助けて、有色人種の仲間を増やしていく方がいいと思ったから。

●他の国がまたいつ仕掛けてくるかもしれないから、白人の支配を変えるほうがいいと思ったから。

●世界の一等国にまでなったのだから、さらに力をつけて植民地支配されている国を助け、欧米列強から一目置かれるようになるべきだと考えたから。

●日々苦しめられている有色人種にも、やればできるということを伝えるから。

●白人の勢力が上がってしまえば、日本は不利になるから。

●いままでは、いわゆる仲間であった有色人種を助けたいという気持があるから。

●やっぱり、日本以外の有色人種仲間も、独立しようと頑張っているのだから、助けるべきであると思う。日本だって頑張ってやっと帝国主義列強の一員となったのだから、そこで発展したいのもわかるが、仲間を助けるのが最優先。対等な立場になるにはどうしたらいいかは、日本が一番わかっていおると思うし・・・。仲間を見捨てるわけにはいかない!!

●昔からの仲間だったから。

●日本に戦争されることがないと思うから。

●有色人種の仲間をふやしす。

●自分だけいい思いをするのはよくないし、他の国にも独立してほしいから。

●白人とまた戦争になると思うけど、同じアジア人や有色人種を助けたい。でも、ボロボロになるかもしれない。

●助けたいから。

●白人支配の世界を変えないと、いつか有色人種はみんな奴隷になってしまうかもしれないから。

●帝国主義列強の一員として生き続けながらも、同じ有色人種と助け合う考えです。理由は、日本最初の目標、欧米列強と対等になることで、今対等につきあう。また、同じ有色人種として、全面的に助けるのではなく、アドバイス的なものをすればいいと思いました。

●アジアの独立した国と同盟を組み、同じ社会をつくれば、ヨーロッパの人たちに勝てるかも知れないから。

●白人の人たちを救って、世界全体を平和にしたいから。

●アジアを独立させ、世界を平等にしたほうがいい。

●Aのほうが「国」としてはいいのかもしれないけど、「日本」としては古来から受けついできた武士道精神、日本人としての道徳心に反するから、Bを選ぶべきだと思う。

●日本が日露戦争に勝てたのは、もうお金がなくて困っていた日本にイギリスが援助してくれたおかげなので、日本も他の国の独立を助けていけば、世界が豊かになると思ったから。

●ヨーロッパと同じことをすれば、アジアの国を裏切ることになるから。さらにそうすることで白人の意識もかなり変わるのです。また、独特の文化を復興するためにはBしかない。

●白人に植民地にされたくないし、相手の思い通りにさせたくないからです。

●有色人種を支配するなんてよくないか、今すぐ支配をやめさせるためにBを選びました。やはり平等でなければならないから。

●有色人種としてのほこりを思い出すため。

●日本も助けてもらったことがあるから。自分も他の国を助ける立場になろうと思ったから。

●白人に支配されている他の国も助けてあげたいから。

●日本は列強と対等になったが、他の国はまだ植民地状態だから。

●独立運動を助けて、白人と対等につきあえる国に変える。

●他の国のような帝国主義の一国になるんじゃなくて、日本人は優しい性格なので、軍事力も保ちつつ、日本なりのやり方で白人支配の世界を変えていきたい。

●わざわざ日本に留学してくる若者たちの期待を裏切りたくないと思いました。白人支配の世界で、平等ではなく・・・。皆が平等で、対等につきあえる世界にしたいなと思いました。一歩でも平和な世界に近づきたいと思いました。

●Bのように植民地を発展させて資源を豊かにしたり、政治を行えるようにする。それで対等というより、ボスと手下のような、育てたような関係で貿易をすれば良いと思う。同盟を組んで助け合うこともできる。それで、アジア全体をそのような関係にして、白人と対等になる。Bに近い考えです。

●有色人種は有色人種どうしで助け合って、白人達の支配をなくしたいから。

●弱いものいじめはよくないから。

●欧米列強とは対等につきあえる国につくり上げたし、自分らと同じ思いをしていた国を助けたい。国同士の絆や恩は100年たっても忘れないことを齋藤先生の道徳(エルトゥールル号の話)で知ったから。

●やはり、私的には、自分の国だけゆうふくになるのは良くないと思う。努力して列強に追いつく勢力を持ったが、強い権力を持った国にやられてきたことを、日本が同じことをするのは心がせまいと思う。だから私はそんなことをせず、助けたいと思った。



Cの立場(13名)

●(軍事力をつけて大国を倒す)大国をつぶせば、他の国を味方につけ、貿易・外交を有利に進められるから。

●Aを選んだら有色人種に悪いけど、Bを選んだら戦争になってしまうから。

●Aを選んでいろんな国を植民地にして、日本はすごい!というところを見せつけても、日本は敵だ!という国が出てくるかもしれない。Bを選んで独立運動を助けて日本の力が衰えたら意味が無い。日本は、みんなに平等にするような独立国にしたいと思いました。

●他国と助け合う国になる。日露戦争で大きな被害を受けた日本が、列強の一員として世界中の国を侵略すると、争いになりかねないから。

●他の国を植民地にする国。いつまでも列強と対等につきあっていては、日本は変わらない。日本はどんどん弱くなっていくと思う。強くなるためには、日本の植民地を増やして、日本が強いということを列強に認めさせないといけないと思う。

●日本にはもう軍事費はない。帝国主義の一員として発展していくとすると、今までの「戦争を好まない国日本」とは真逆になってしまうから、たぶん帝国主義の一員にはならないと思う。アジアの独立運動を助けようとすると、欧米列強と大きな戦いになってしまう可能性があり、日本はつぶされてしまう。日本は日本だけをずっと守り続ける国になるべきだと思う。

●せっかくアジアの人々に独立への希望を与えたのだから、アジアの独立運動を助けるべきだと思う。

●日本が独立運動を助け、同盟と貿易を結んで力をつけ、負けた欧米人たちと同じ立場または仲間にして、そして、残りの植民地支配を助ける。崩れた戦力バランスを日本が補い、独立運動を助けることによって、貿易や同盟を結び、利益を手に入れられるから。白人達は利益が欲しいから、日本と他の国と貿易できれば、自分たちの利益にもなり、戦力強化につながるため。植民地が消えると収入(利益)が消えるから、怒るのであり、同じ利益がこちらにもあるので、同盟を結び、そうしてから(以下不明)

●帝国主義の方に入ったら、日本が今まで味わった苦しみを自分たちが与えてしまう可能性があるし、独立運動を助けたら、植民地化していた国が日本を攻めてくる可能性がある。日本は中立の立場に立ち、日本を必ず守るようにしていく。

●BとAをあわせる。他のアジアの植民地と帝国主義の国々とでは、実力差があるので、かんたんには独立できない。帝国主義国として発展しつつ、他の帝国主義国に植民地の解放をよびかけていけば、戦争はしなくても他の国が独立できるのかなと思いました。

●戦争のない友好な国づきあいで、平和な世界にしたいと思います。そして、支配のない国。

●全部対等にする。

●最初はAにして、その次にBをするようにする。まず有色人種の国を取り返して、ある程度まで発展させる。その次に、仲間にした有色人種の国と共に、白人国を倒す。


******************************************************
私は泥沼にはまって這い出せないでいますが、あまりリアリティがなく、思い違いも多いとはいえ、これらの考えは私の授業の現段階です。
大正から昭和への日本の選択肢は、広い意味で帝国主義かアジア主義かという両極の間にあったのだと思います。
そして、共産主義は広い意味でアジア主義的な感受性に依拠していたのだと思います。

次は、韓国併合と辛亥革命をやります。
プロフィール

授業づくりJAPANさいたま代表:齋藤武夫

Author:授業づくりJAPANさいたま代表:齋藤武夫
戦後70年間日本の教育は根無し草の「世界市民」を育ててきました。そのため小中学校の歴史教育はウソとタブーによって大事な内容が教えられていません。また誤って教えられています。
「授業づくりJAPAN」は、日本の教育のウソとタブーを排し、真実とフェアネスを取り戻していきます。
かつてGHQに禁じられた教育は現在も禁じられたままです。私たちは「日本人を育てる教育」を取り戻します。そのために、命ある限り授業づくりとその普及につとめます。私たちは「誇りある日本人」こそが「真の国際人」になれると信じています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
FC2カウンター
ご訪問ありがとうございます!
FC2ブログランキング
ワンクリック!応援よろしく御願いします。

FC2Blog Ranking

人気ブログランキングへにほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
にほんブログ村
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。