スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

弥生時代3「邪馬台国の女王卑弥呼」

弥生時代3「邪馬台国の女王卑弥呼」
●この授業の学習内容は、中華秩序の下で国家形成を始めた弥生時代の日本ということで、前時「弥生時代の王たち」と重なります。が、卑弥呼は「小学校学習指導要領」の42人の歴史人物の一人なので1時間やっています。何といっても「魏志倭人伝」という史料は魅力がありますから。冒頭の「卑弥呼をさがせ!」は、本宮先生(千葉県)のアイディアをお借りしました。

1 邪馬台国の女王卑弥呼
・プリント資料「写本コピー:魏志倭人伝」を配る。
・掛図「弥生時代のムラ:吉野ヶ里の想像図」、人物カード「想像画:卑弥呼」を黒板にはる。

『これは大昔の中国の歴史の本『三国志』の『魏志』の中の「倭人伝」をコピーしたものです』
『魏志』倭人伝

『歴史に登場する最初の有名人「卑弥呼(卑彌呼)」を見つけてマークしてみよう』

・教えあってマークする。○回出てきた!

『奴国王の時代から200年たちました。女王卑弥呼も中国の皇帝に金印をもらって、中国(魏・呉・蜀)の家来になったのだろうか? それとも、家来になるのを止めて、中国との親分子分関係(中華册封体制)から離れることができただろうか?」
選択肢から選ばせて、理由をノートにメモさせる。

A:中国の家来になった
B:中国の家来をやめて独立できた

挙手で意見分布をとり、理由を話し合わせる。

「ぼくはB,とくに理由はないんだけど、いつまでも中国の子分なのはいやだから」
「わたしはA,やはり当時の中国は日本よりもずっと先進国だし、強いから、まだ当分は家来のままだと思う」

など。ここはまあ、気持ちのやりとりが強く出るが、それでいい。
こういうステップを踏んで初めて、聖徳太子の偉大さもわかるようになるからだ。

ここで、まれに、邪馬台国の「邪」や卑弥呼の「卑」に気づいて、A説を展開する者が出ることがある。
前時の「倭」や「奴」という文字を使われていることに「かなりアタマにきた子」である。
既習事項を生かして考えられることは何よりも素晴らしいので、過剰なほめ方でほめる。
この後の学習にも積極的に既習事項を生かしていってほしいからだ。

気づく者がいてもいなくても、結論は次のステップで資料に語らせることにしよう。


2 資料「『魏志』倭人伝」を読む
プリント資料「邪馬台国と卑弥呼」を配り、これがさっき「卑弥呼」を探した中国語の本(漢字だけで書かれている)を「魏志倭人伝」を要約して、わかりやすい日本語にしたものであることを説明する。
教師がゆっくり音読する。



邪馬台国と卑弥呼(『三国志』の「魏志倭人伝」より)

 ・・・倭人は中国の東の海にある島々に、国をつくっている。
 もとは100以上の国に分かれていて、いくつかの国は漢の時代にわが皇帝陛下にみつぎ物を持ってきていた。今は30ケ国ほどになっている。
 倭の国に行くには次の国々を通って行く。韓国から狗邪韓国へ。ここではじめて海を渡って対馬国に着く。また海を渡る。一支国に着く。また海を渡る。末廬国に着く。それから伊都国、奴国、不弥国、投馬国を通って邪馬台国に着く。女王の都である。
 邪馬台国では、以前は男の王の時代が70年から80年続いたが、国が乱れ戦争が続いたので、国々の王が相談して一人の女性を王とすることに決めた。この女王の名を卑弥呼という。
 卑弥呼は神さまのお告げを聞くことができると信じられていて、多くの人々は女王のまじないや予言を信じている。
 すでに成人しているが夫はいない。弟が卑弥呼の占いにもとづいて政治を行っている。
 王になってからの卑弥呼を見た者はいない。
 1000人の女が女王の世話をしている。男子は卑弥呼の弟だけが女王の部屋に入ることができ、食事を運んだり女王の言葉を人々に伝える。
 宮殿があり、見張り用のやぐらがそびえ、城柵でかこまれている。いつも番人がいて武器を持って守っている。

 景初2年(西暦239年)、卑弥呼は魏(中国)にたくさんのみつぎ物を持たせて使いを出した。魏の皇帝の家来になるためである。
 その年の12月、魏の皇帝は卑弥呼にこう伝えた。
「おまえが倭の王であることをみとめてやろう。そのしるしとしてこの金印をさずける。」
 こうして使いの者は、倭の王であるしるしとして「親魏倭王」の金印をもらって帰った。
 卑弥呼は、邪馬台国の南にある狗奴国と戦争をした。狗奴国の王は卑弥弓呼という男の王である。
 卑弥呼は魏にその戦いの様子を知らせ応援を求めた。そのとき、魏の皇帝は役人を送って卑弥呼を応援した。卑弥呼の軍隊に応援の手紙や旗などさずけたのである。
 卑弥呼は死んだ。大きな山のような墓が造られた。その大きさ(直径)は歩いて百歩以上もあった。
 あらためて男の王を立てたが国中がこの王にはしたがわなかった。そのために戦いが起きて1000人以上が死んだ。
 そこで、一族の壱与という13歳の少女が王になった。
 この王によって、争いはおさまり、ようやく国中がまとまった。壱与も魏にみつぎ物を持ってきて魏の皇帝の家来になった。

【注意】この本(『三国志』)を書いた陳寿という中国人は日本に来たことはない。
    昔の記録や伝聞をもとにしてこの本を書いた。
    どこまでが事実なのかはわからない。
    『古事記』『日本書紀』という日本人が書いた歴史の本には、ヒミコという人物もヤマタイ国も出てこない。ヤマトならある。



卑弥呼も金印をもらって魏の家来(王)になったことを確認してから、

『資料を読んで強く印象に残ったところを発表しなさい』

列指名で発表させる。
吉野ヶ里遺跡や唐古・鍵遺跡の復元建築や出土品の写真などをいくつか見せる。
例えば、これは唐古・鍵遺跡に復元された楼閣。弥生土器に描かれた絵によって復元された。
卑弥呼の楼閣

行程の記述などを元に、各地に邪馬台国の候補地があり、九州説と大和説で学問の世界も大きく分かれていて、決着が付いていないことも教える。
卑弥呼も中華秩序(冊封体制)の下で国づくりをしていたことをまとめる。
卑弥呼の金印(親魏倭王)はまだ見つかっていない。

3 弥生時代は国家形成の始まり
弥生時代は日本の主食=米の始まりであり、やがて「日本」建国に到る国づくりの始まりでもあった。

小さなムラ→大きなムラにまとまる→クニができる→クニが大きなまとまりになっていく
矢印(→)の部分には、おそらく「戦争」や「交渉」があって、新しいステップに進んでいく。クニのリーダーは日本語では「キミ」などとよばれている。
「王(オウ)」は中国語だ。奴国王や卑弥呼は、シナ大陸の帝国:漢や魏に朝貢して、「王」に冊封された。
100あったクニが、邪馬台国のころには30にまとまってきている。卑弥呼はそれらの国々が支えているリーダーだが、まだ隣国とは戦っていた。
 まだ日本はまとまれていない。
 卑弥呼は死に、壱与があとを継いだ。
戦いは収まったようだが、日本建国はまだだ。
 そもそも、日本の歴史書(『古事記』『日本書紀』)には出てこない「邪馬台国」と2人の女王が日本建国とどうつながっているのか。まだ真相はよくわからない。
いよいよ次回は、日本建国の巻である。

スポンサーサイト

弥生時代2「弥生時代の王たち」

弥生時代2「弥生時代の王たち」
●ムラが統合されていき、クニが生まれる。倭の奴国の王は、漢の皇帝の家臣(王)としてクニをまとめていた。この中国皇帝中心の東アジアの国際秩序を「中華秩序(中華冊封体制)」といい、その周辺にある日本列島でも、この中華秩序の中で国家形成が始まったことをおさえる。

1 縄文のご先祖は新しい変化を受け入れた
・吉野ヶ里遺跡の想像図を黒板に貼る。

環濠集落

『縄文人は中国大陸の大帝国(秦→漢)の強いインパクトによって、米作り・金属・戦争 ・国家・・という新しい文化を受け入れるほかない状況になり、そこから日本の変化が 始まりました。』
*「秦( BC221~206)」「漢(BC202~AD222)」・・・これがほぼ弥生時代
【板書】ムラからクニへ
「海の向こうに大帝国秦ができシナ大陸が大統一される。それが滅んで、大量の難民が日本に流れ着く。混乱期の後でまた大帝国漢ができる。そうした東アジアの動乱に素早く反応して新しい時代を切り開いた、それが弥生時代だといっていいでしょう。今日はもう少しこの時代について考えます」

2 金印の話
【お話】     
(1)今から230年ほど前、天明4年(1784)、いまの北九州の博多湾にうかぶ
 志賀島(しかのしま)(地図を示す)で、百姓甚兵衛さんが水田の水路を直していた。 すると大きな石があったのでそれを取り除いたところ、びっくりするものが出てきた。 縦横高さそれぞれ2.5cmくらいのものです。

『それは何だったでしょうか?』

列指名で言わせえもりあがる。あてずっぽうでいい。知っている者も必ずいる。
正解は黄金の印である。そのレプリカを見せ、観察させる。

金印1
金印2

●純金である  
●文字らしいものが彫られていること  
●持つところは蛇、など。
封蝋に押印する金印の使い方をを教える。

(2)金印は黒田藩の殿様に差し出された。220年大切に保管されて、いま福岡市美術 館のガラスケースの中にある。心がけの良い百姓甚平や、お殿様のおかげで貴重な遺産 が残ったことを教えよう。
 後にそれは弥生時代の物だとわかった。
 はんこを押すと次のような字になる。

【 漢委奴国王 】 「委」=「倭(わ)」、当時の日本列島のこと
            もちろん、日本という名はまだない。

『読んでみましょう。(列指名)』

とにかく読ませてみる。読めない字は「ホニャラ」と読む。
正解は「かんの わの なこくの おう(または、なこくおう)」

『これは誰のはんこでしょうか?』

挙手指名で言わせる。
弥生時代、北九州にあった「奴国の王さま」のはんこであることを教える。
王の想像図を黒板に貼る

『へんだなあおかしいなあと思ったことはありませんか?』

「倭の奴国」がどうして「漢(中国)の」なのか? という大疑問を引き出したい。
いまだったら、「中国の日本の福岡県の県知事」という感じである。
この大疑問の答えも考えさせてみよう。
「昔は日本は中国の一部だったのではないか」「中国が上で倭が下」というふうな意見は思いの外出てくる。出ても出なくても、次のステップでしっかり教えよう。

3 漢の歴史書を検討する
プリント資料「弥生時代の王たち
(1)漢書地理誌(2)(3)後漢書・東夷伝」を配る。


【資料】弥生時代の王たち
・中国の昔の本に、弥生時代の日本のことが出てきます。そこには、日本の歴史の本『古事記』や『日本書紀』には出てこないことが書かれています。みなさんがわかるように書き直しましたので読んでみましょう。

(1)紀元前一世紀ころの日本について『漢書・地理誌』
   東の海に倭人の住む島がある。倭人の国は百ケ国以上に分かれている。
   毎年、漢(そのころの中国)に倭の国々の王の使いがやって来て、みつぎ物をしている。


(2)一世紀ころの日本について『後漢書・東夷伝』
  建武中元二年(西暦五七年)、倭の奴国の王がみつぎ物を持ってきた。
   倭の南のはてにある国である。
   漢の皇帝である光武帝は、ひものついた金印を与え、
   奴国の王であることをみとめてやった。


(3)二世紀ころの日本について『後漢書・東夷伝』
  ・(西暦一〇二年)倭の国王である帥升たちが、みつぎ物を持ってきた。
  ・(西暦一六七年ころ)倭国は大いに乱れた。長い間、国どうしが戦いあって、
             なかなか平和がおとずれなかった。



教師が(2)だけ説明しながら読む。(中国の大昔の本に書いてあった!)

(2)一世紀ころの日本について『後漢書・東夷伝』
  建武中元二年(西暦五七年)、倭の奴国の王がみつぎ物を 持ってきた。倭の南のはてにあ る国である。
  漢の皇帝である光武帝は、ひものついた金印を与え、奴国の王であることをみとめてやった。

後漢書東夷伝


『倭の中に奴国というクニがあって、この人はその王様です。その王様が、どうして、
 わざわざ海の向こうまで出かけていって、よその国(漢)の皇帝に「おまえが奴国王だ」 なんて認めてもらうのでしょうか?』

発表させ、話し合わせる。
【お話】
●当時、世界は東アジアだった。漢はその世界の中心だった。
 周辺の国は独立国ではなかった。中国が親分で、まわりの国は子分の関係だった。
 だから周辺の小国の王は、漢の皇帝にみつぎ物を持ってあいさつに行く。
 そうすると、漢の皇帝も喜んで「おまえが王であることを私が認めよう」となる。
 それがこの東アジアという世界のルールだったんだね。
 この古代東アジア世界のルールを、中華秩序または中華冊封体制(ちゅううかさくほうたいせい)といいま  す。
●王様というと一番偉いという感じですが、この時代の「王」とは「皇帝」の家来を意味します。
 皇帝に「倭の奴国はお前に与えよう」という感じで「王」にしてもらう。
 その証拠が金印だった。
 水戸黄門の印籠みたいに、王は中国皇帝のパワーをバックにして支配地を広げていったのかもしれない。

・皇帝と奴国王の想像図を示して上下関係を説明する。また、中華秩序・中華册封体制の模式図を示す。
漢の皇帝
奴国王
中華册封体制

資料の(1)と(3)を読む。
(1)紀元前1世紀ころの日本について『漢書・地理誌』
 東の海に倭人の住む島がある。倭人の国は100ケ国以上に分かれている。
 毎年、漢(そのころの中国)に倭の国々の王の使いがやって来て、みつぎ物をしている。
(3)2世紀ころの日本について『後漢書・東夷伝』
 ・(西暦102年)倭の国王である帥升たちが、みつぎ物を持ってきた。
 ・(西暦167年ころ)倭国は大いに乱れた。長い間、国どうしが戦いあって、なかなか           平和がおとずれなかった。

こうして、東アジアの中華秩序(中国中心の親分子分関係)のなかで、日本列島は少しずつ1つの国にまとまっていったらしいということがわかります。

●プリントの「倭・奴・夷」の意味を説明し、卑字であることを教える。
「倭」・・・背中の曲がった小人
「奴」・・・どれい、めしつかい
「夷」・・・やばん人
 中国は、まだ漢字を使いこなしていない奴国王に、同じ音の文字の中で悪い意味の字を与えたのだと推測できること。そういう上下関係でもあったようだ。

『これは、まだ日本という国ができる前の私たちの遠い遠いご先祖の話です。

(1)の頃は日本列島に100以上の国があった。
(2)では奴国が大きな国の一つだったようだ。倭国ではなく、倭の奴国だから、まだ倭は一つにまとまってはいないことが推測できる。
(3)では帥升という王がいたことがわかる。長い間、国どうしが戦いあって、なかなか平和が訪れなかった、と書いてあります。
さて、大帝国漢(中国)の子分として出発した弥生時代の倭(日本以前)は、このあとどうなっていくのでしょうか。続きは次回やりましょう。』

弥生時代1「変化の時代が始まる」

弥生時代1「縄文が終わりと巨大な変化が始まる」

●1万数千年の縄文時代を終わらせたものは何かをとらえる。その変化は、大陸から渡って来た人々がもたらした新しい技術や物が原因だった。最も重要なポイントは大規模な農業(水田稲作)の始まりとその定着である。これはまさに日本列島の農業革命である。その様相をとらえ、この農業革命の上に国家形成が始まり、その後の大変化の時代も始まったことをとらえる。最後に、先祖(縄文人)になってみて、「この変化を受け入れるべきか否か」を考えてみる。これが、最初の政策選択発問である。

1 縄文時代が終わり弥生時代が始まった
『1万年以上続いた縄文時代が終わったのはいまから2300年ほど前のことでした。それまでの1万数千年を縄文時代といい、その後の600年間ほどを弥生時代といいます』

2 弥生時代の特徴
●縄文器と弥生土器

弥生土器



縄文土器の技術が受け継がれて、新しい土器が作られるようになります。
 縄文土器と比べてみて、弥生土器の特徴を言いなさい。

「すっきりしている」
「きれいな形」
「あんまり飾りや模様がない」など。
とてもシンプルなデザインが特徴であることを確認します。そして、ろくろの技術によってほぼ完ぺきな円形になっていること、高温で焼く技術によって、縄文土器よりもはるかに薄くて軽くて、しかも固い製品になっていることを教えます。また、明治時代に東京弥生町で発見されたことから、この時代以後の土器を弥生土器とよび、弥生土器がつくられた時代を弥生時代ということも。

�絵「米作りの四季」

米作りの四季


縄文時代との一番大きなちがいをいいなさい。

「稲作」「米作り」
大規模な農業が始まったことをおさえます。これを農業革命といいます。これが弥生時代の変化のいちばんのポイントです。
『弥生土器のシンプルなデザインは、深い森の中の生活から平地に出てきて、大規模な土木工事をやって水を引いて水田を作り、食べるものを計画的に作るようになったこと。自然の一部だった生活から、自然をコントロールできる生活が始まったことと関係があるかも知れません』

水田稲作を始めることによって、ご先祖の社会は大きく変わりました。
 その特徴を教えます。

川から水を引く水路をつくる土木工事、、大量の矢板をつくり田を作る工事、種まき、草取り、水の管理、稲穂刈り、収穫物の管理、収穫物の分配、という1年がかりのプランのもとに大勢の人々が動く、一つの目標のもとに仕事を分担して動く、大勢の人の力が必要になったこと。それは、この組織だった社会をまとめる知恵と技術を持ったリーダー、グループリーダーなども必要になる。これは国や王の始まりだ。また役割のちがいは身分制度の始まりにもなる。
この変化も後の時代につながっていく大きな変化だ。

�想像図「弥生時代の大きな集落」

想像図「環濠集落」


この絵も、弥生時代の新しい変化を教えています。

なぜ、ムラを堀や柵で囲むようになったのでしょう?

「他の村から攻められたときにムラを守る」
「戦いに備えている」
「戦争をするようになった」など。

環濠集落はムラ同士が戦うようになったことを示している。日本列島における戦争の始まりは、米作りと共にやってきた中国の文化であった。水の争い、収穫物(米)の奪い合い、より大きい集団になろうとする争い、など。
ここで、ビデオ「NHK:日本人はどこから来たか」(一部)から、大阪から出土したたくさんの矢じりを身体に受けた人骨、サヌカイトの矢じりの威力を実験した映像や、CGによる弥生の戦争のイメージ、の部分を見せる。

15本の鏃が刺さった人骨


�写真「銅鐸・銅矛・銅鏡・鉄製の農具」

これらの道具も、弥生時代の新しい変化の代表です。これらは人類第2の偉大な発明品といってもいいでしょう。ところで、これらの道具の原料は何ですか?

「銅」「鉄」など。
『その通りです。これらをまとめていうと?』
「金属」
『金属で作られた道具を金属器といいます。岩石に含まれる銅や鉄は、ものすごい高温で溶かして取り出します。それは高度な技術で、これも中国から伝えられたと考えられています』
金属器の3つの使用目的を教えよう。
�祭具、�武器、�農具
ここでは、とくに祭具としての銅鐸や銅鏡について補足し、縄文時代の神話や祭祀の上に、弥生時代の新しい神話や祭祀が生まれてきて、日本のいまにつながる神々が誕生してくると考えられることを教えておこう。
歴史の中で、神々に祈り続けていた先祖の姿をしっかりイメージさせることはたいへん重要である。それは、現在にあっても、天皇陛下の最も重要なご公務である「祭祀」が、遠い先祖からの継承であることを教えることになるからである。

3 海の向こうから来た新しい文化

弥生時代の3つの特徴はすべて、中国大陸から渡ってきた。
�水田稲作(農業革命)
�戦争、クニ(国)
�金属器
海の向こうから来た新しい文化が、縄文時代を終わらせた。

こんなまとめをします。
米と金属を作る技術は海の向こうからやってきました。なぜか。それは水田稲作も青銅器も鉄器も中国文明が先に始めたからであり、戦乱に終われるなど、さまざまな理由から、日本列島に逃げてきた人々が伝えたかである。文字も、政治も、戦争も、国家も、さまざまな道具や観念やシステムが、このときに一緒に日本にもたらされました。
 それらが海を渡って伝わってきた。技術や考え方を持った人々が一緒に来たからです。稲だけが流れるいても一年かけて作る米作りの技術はわかりません。
 これらの見たこともないパワーを秘めた物や技術に、縄文のムラの人々はものすごく驚いたことでしょう。そうとうなショックを受けたはずです。
 彼らとの戦いがあり、交流があり、縄文人はこれらを受け入れました。金属器のようにすぐ受け入れるほかなかったものもあれば、漢字(中国語)のように長い時間をかけて受け入れたものもあります。しかし、いずれにせよ、こうして縄文時代は終わったのです。
 
4 守るべきか、変わるべきか?
最後に、問うておこう。
これはわが国の歴史を考えるときの原点になる問題である。

タイムマシンに乗って2300年前に行きましょう。
みなさんは1万年続いてきた縄文の文化をご先祖様から受け継いできた縄文人です。
いま、海の向こうから新しい米作りや金属の道具が伝わってきました。これを取り入れると、今日勉強したように、大きな変化が起こります。
・今までの自然とともに暮らす生活、
・ムラ同士が助け合って生きる生活、
・ムラにはリーダーがいたでしょうが、ほとんど身分の差もなく、みんなが家族のように くらした生活。
それが終わってしまいます。

あなたはどうしますか、AかBを選んで、その理由をメモしましょう。  
〈A〉新しい文化を受け入れ、より進歩することを選ぶ。
〈B〉新しい文化は受け入れない。今までの暮らしを守る。

挙手で意見分布(Aが○人、Bが□人)をたしかめ(板書します)、理由を言わせます。
これは伝統を保守するか、革新するかという、わが国の伝統的なテーマの原型になります。
縄文時代の学習と今日の学習の受容の仕方(肯定的・否定的のバランスです)が、学習者それぞれでちがうことがわかります。
けっこう半分半分くらいになるからおもしろいです。保守派と進歩派ですね。理由はさまざまです。

こんなうにまとめて授業を終わります。
『皆さんの先祖は、結局、稲作と金属器による発展を求めた。
新しい魅力があったのかもしれない。米はドングリよりうまい!とか、ピカピカする金属は自然界にないからすごいというようにね。
また、戦うならこれを使うしかないなみたいに、仕方なく受け入れた面もあったかもしれない。まあ、実際は分からない。
そうして16000年続いた縄文時代が終わって、わずか2300年くらいで、ビルが建ち並び、高速列車が走り、飛行機が飛び、宇宙にも行く今になった。
 もし、縄文文化を守り続けていたら今も自然に優しい生活と文化が続いていたかもしれない。たとえばちょっと前の太平洋の南の島々のように、つい最近まで縄文時代みたいだった国もある。
 しかし、そんなことしてたら、どこかの国に征服されて、日本も日本人もなくなっていたかもしれない。
 海のむこうからやってくるものと日本は無関係ではいられない。
 大陸からちょうどいい具合の距離に日本列島はあるからです。
 これが私たち先祖の運命だった(太平洋のど真ん中にあったら〈B〉もありえたでしょうね)。
 いろいろな理由があり、きっとたくさん悩んだり迷ったりしながら、最後に、私たちの先祖は変化することを選んだ。それが歴史の事実です。
 こうして気の遠くなるような長い時間だった縄文時代が終わりました。
 弥生時代は、今につながる大きな変化の時代の始まりです』

プロフィール

授業づくりJAPANさいたま代表:齋藤武夫

Author:授業づくりJAPANさいたま代表:齋藤武夫
戦後70年間日本の教育は根無し草の「世界市民」を育ててきました。そのため小中学校の歴史教育はウソとタブーによって大事な内容が教えられていません。また誤って教えられています。
「授業づくりJAPAN」は、日本の教育のウソとタブーを排し、真実とフェアネスを取り戻していきます。
かつてGHQに禁じられた教育は現在も禁じられたままです。私たちは「日本人を育てる教育」を取り戻します。そのために、命ある限り授業づくりとその普及につとめます。私たちは「誇りある日本人」こそが「真の国際人」になれると信じています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
ご訪問ありがとうございます!
FC2ブログランキング
ワンクリック!応援よろしく御願いします。

FC2Blog Ranking

人気ブログランキングへにほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
にほんブログ村
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。