スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

欧米列強はなぜ日本に開国をせまるのか?

欧米列強はなぜ日本に開国をせまるのか?

●なぜ米国は日本に開国を求めるのか。この授業はそのいみをかんがえる。
欧米列強はあらゆる手段を使って、日本の植民地支配をねらてくる。すべてのアジアできたことが、日本でできないはずはなかろうというわけだ。こうして、日本に亡国の危機が忍び寄ってくる。
ここでは、どのようにしてアジアはことごとく奴隷状態の植民地にされていったのかの事例を学ぼう。
維新の志士たちはその事例から学び、大きな国造りの目標を立て、建設的な決断を積み重ねていく。

1 清国(中国)がイギリスに負けた

■アヘン戦争の絵を見せる。
アヘン戦争

これはペリーの黒船が日本に来る10年前に起こったある事件の絵です。
気づくことを発表しましょう。


*発表させる。
【爆発、遠くに蒸気船(イギリス軍艦)、近くにジャンク船(中国)、戦争、西洋と中国】

◆アヘン戦争について説明する。

 板書:1840~1842 アヘン戦争(イギリス 対 清)

『日本に大きなショックを与えたアヘン戦争とはどんな戦争だったのか、それを説明します』

■児童とやりとりしながら次のことを教える。

1 戦争の原因・・・イギリスが清国に大量に麻薬(アヘン)を密輸したこと。清国に麻薬中毒患者が増え、国内の銀がどんどんイギリスに出て行く。清国人が麻薬患者になっていくことに、イギリス人は何の痛みも感じていない。

2 戦争の経過・・・愛国者林則徐はイギリス商人から、麻薬2万箱を没収して燃やした.その報復のために、イギリスは、軍艦16隻、兵隊14000人を送り、清国を攻撃した。清国の皇帝は、戦うことをおそれて林則徐をクビにしたが、イギリスは清国が降参するまで攻撃をやめなかった。

3 戦争の結果・・・南京条約:多額の賠償金と香港をとられた。5つの港を開港し、清の鎖国が終わった。フランスやアメリカも、中国に圧力をかけて同じような条約を結んだ。

■板書:清国は戦争に負けて開国した(イギリス・フランス・アメリカなど)。
    賠償金と香港をとられた。

『これは明らかに不道徳な戦争だ。麻薬を輸出するなんて、アメリカにもフランスにもやらない。インドにだけこやった。アジア人にあの高貴な「人権思想」を当てはめるつもりは金輪際ないのである。アジア人は、麻薬中毒になって、気が狂って死ねばいいのだ。イギリスがもうかればそれでいい。』

『このように、そのころの西洋諸国の言う「貿易」は今私たちが考える、平和な商売のイメージとはだいぶ違いました。中国や日本は、そういう西洋人の危険を知っていたからこそ鎖国を続け、長い間、自給自足の平和で豊かな国を築いてきたのです。しかし、この時代になると、中国や日本を大砲でおどかしてでも、開国させ、無理矢理にでも貿易をさせようとしました。(砲艦外交)』

西洋諸国は、どうしてこれほどまでに、世界中と貿易をしたがるようになっていたのでしょうか?

*意見を発表させる。

板書:産業革命・・・機械の発明→工場で大量生産

「植民地の安い原料を買って、安い労働力で大量につくり、世界中(植民地も含む)に売って、たくさんもうけて、国を豊かにしたい!(現代のぜいたく病の始まりだ)」

2 西洋諸国はアジア・アメリカ・アフリカを征服してきた。

『5年生の時、日本は貿易をして豊かになってきたことを学びました』

西洋諸国と貿易をした国は、アジアの国はみな豊かになったのだろうか?
A 豊かになった   B 貧しくなった C 支配されてしまった


*人数分布をとり、意見を発表させる。

■資料「ヨーロッパ諸国のアジアの植民地」を見せ、植民地に色を塗らせ、説明文を読む。

植民地(しょくみんち)とは?
イギリス領インドにはインド人が、フランス領インドシナにはベトナム人が、オランダ領東インドにはインドネシア人が、スペイン領フィリピンにはフィリピン人が住んでいた。国もあれば、王様もいた。
そこに西洋人が貿易をしに入ってきた。しかし、いろいろな理由で、さいごは国がのっとられてしまった(植民地)。インドはイギリスの植民地になったが、インド人がイギリス国民になったわけではない。ベトナム人がフランス国民になれたわけでもない。西洋人が大きな農場を経営し、原住民はそこで働くどれいのような立場になった。西洋人が支配者としてよい職業を独占して、原住民は貧しい職業にしかつけなくなった。西洋の文化は入ってきたが、それを学んだり、楽しんだりする立場にはなれなかった。他国に支配されるということは、長い伝統のある国を失い、歴史を失い、人としての誇りを失うことだった。

『植民地がどういう意味かわかりましたか? いま、東南アジアはすべて植民地になってしまいました。アジア諸国が西洋の植民地になったのは、いくつもの原因がありました』

■板書:貿易の競争に負けて植民地になる・・・・産業がない。または、つぶされる。
        戦争に負けて植民地になる・・・・・・・強い軍事力がない
        国内の分裂につけ込まれる。・・・・・・国がまとまっていない


3 まとめ:黒船が来たことの意味を知る

■阿部正弘の写真を貼る。

『ペリーが来たとき、阿部正弘はアジアが支配されていることも、アヘン戦争のこともみな知っていました。しかし、250年の平和を築いてきた日本の生き方をすぐに変えることはとても難しいことでした。その阿部正弘は、ペリーがやってくる来年の春までになんとか結論を出さなければなりません。夜も寝られない日々が続きました』

『前回の授業で、戦って鎖国を守ろうという人もいれば、開国して貿易をすすめようという人もいました。今日わかったことは、鎖国を守っても、戦争をしても、どちらの道も、西洋に支配される可能性があるということです。』

もう一度ききます。みなさんが江戸時代の武士だったら阿部正弘にどんな助言をしますか?
*発表させる。

『今から150年前、みなさんの5代前のご先祖は、まさに日本が滅びるかもしれないというたいへんな危機の時代を生きていました。次回は、2度目にやってきたペリーと阿部正弘の対決のお話です』
スポンサーサイト

ペリー来航 前篇

ペリー来航 前篇

1 江戸湾に現れた黒船

■黒船来航の絵を黒板に貼り、「一八五三年七月八日午前四時」と板書する。
『午前4時頃、伊豆半島の漁師が見つけて番所に届けた。その後目撃情報が続き、幕府は江戸湾に向かっていると判断した』

黒船


これを見た当時の日本人は、大変驚いたそうです。
いったい、この船のどんなところに驚いたのでしょうか?


*発表させる。
 ・船の大きさ(和船の20倍)・黒い鉄の船・大砲 ・煙を上げて蒸気の力で進む など。

『黒船4隻は、夕方5時頃江戸湾の入り口にやってきて、浦賀沖に碇を降ろしました』

■地図で停泊した浦賀を示す。                          

■ペリーの絵を貼る。
ペリー

「ペリー、アメリカ海軍東インド艦隊司令長官」を板書。

■アメリカという国について話す。。建国70年の若い国。。大西洋岸まで征服して太平洋に乗り出してきた。
                                       
【説明】
『長崎に行けと言うために黒船をたずねた幕府の役人に、ペリー側は、大統領から将軍にあてた手紙(国書)を、きちんとした幕府の代表者に渡したいと言った。幕府の役人は「国書は受け取れない。わが国の法は、異国とのつきあいはオランダとだけ、長崎で行うとしている」と断ったが、ペリー側は聞き入れません。押し問答をしていると、ペリーの副官は役人に言うことをきかせようとして、手紙付きのあるものを渡し「これを将軍に渡せ」と言いました。なんだと思いますか?』

*数人に発表させる。

■二本の白旗を見せる(運動会の白組の旗です)。

ペリー側は、なぜ白い旗を将軍に渡せと言ったのでしょうか?

*発表させる。

■資料「白旗を渡す理由」を読む。



白旗を渡す理由7

 ここ何年も、ヨーロッパの国々は日本の幕府に「貿易をしましょう」と言い続けてきたが、日本は「私たちの国には鎖国というきまりがある」と言って、これを受け入れようとしなかった。
  しかし、それは神様の考えにそむくことだ。その神様の考えにそむくのは大きな罪になる。
  だから、もしわたしたちアメリカと「貿易しない」というならわれわれはあなたがた日本のまちがいを何がなんでも正さなければならない。力づくでもそうするつもりなので戦争になるだろう。日本は自分たちがまちがっていないというならわれわれと戦え。
 戦争になれば、私たちアメリカは必ず勝つ。
 日本が負けるのはまちがいないので、きっとそのときは「話し合いをさせて下さい」とわれわれに言ってきたくなるにちがいない。
そこでこの2本の白旗を渡しておく。
降伏したくなったらこの白旗を見えるところに立てるがいい
 白旗は降伏(こうふく)の印なのだ。
 白旗があがればわれわれアメリカは大砲による攻撃をやめてやろう。




【説明】
 その後、七月十一日、艦隊は「うち沈め線」を突破して、江戸湾の奥に進んだ。そして、空砲を十数発発射した。砲声の雷鳴のようなのとどろきが、江戸の町をゆるがし、それは江戸城で会義を開いていた幕府の老中たちの耳にもとどいた。ついにいくさが始まると、江戸中がおおさわぎになった。家財道具を荷車に積んで、江戸を逃げ出す者も出た。



2 阿部正弘の決断

■老中阿部正弘の絵。
阿部政弘

「阿部正弘、老中首座、33歳、」を板書

阿部正広は、江戸城で対策会議を開いていました。みなさんはこの会議に出席していた誇り高い武士の一人です。阿部さんに意見を求められて、どう答えますか? どちらかを選び、理由も書きなさい。』

 A 法を守り、ペリーに会うべきではない(国書は受け取らない)。
 B 法を破り、ペリーに会うべきだ(国書を受け取る)。
7

*AとBの人数分布をとり、数名ずつ理由を発表させる。

■ボンベカノン砲について話す。江戸が火の海になる危険について。

■久里浜の会見の図を貼る。
『阿部正弘は、7月14日浦賀の近くの久里浜で、幕府は大統領の国書を受け取りました』

■大統領の国書を読む。



アメリカ大統領から将軍にあてた国書

 私がペリーに命令して日本の将軍に伝えたかったのは、アメリカの目的は日本とアメリカがお互いに利益を得ることだということである。

 私たちアメリカではカリフォルニアから中国に行く船が多く、とくに日本の近くで捕鯨(クジラを取る仕事)をする船がたくさんある。この船が台風のために日本の岸に漂着してしまうことがよく起こる。もし、これからそんなことがあったときはいろいろと手助けしてほしい。

 また、あなたがた日本は石炭や食料が豊富だ。じつは私たちアメリカの船は太平洋を渡るときたいへん多くの石炭を使う。アメリカから積み込む量だけでは足りない。ぜひ、アメリカの船を日本にとめることを許可してほしい。そして、石炭・食料・飲み水を売ってほしい。そして、アメリカの船が泊まっていい港を決めてもらいたい。

 私がペリーに命令し、強力な艦隊をあなたがた日本にさしむけた理由は、このように

 1 日本とアメリカの友好                     

 2 お互いの貿易など商売に関すること

 3 石炭と食料の補給

 4 漂着してしまったアメリカ人を助けること

 などについてである。




■【板書】日本は開国して、アメリカとも貿易しろ。
*意見を発表させる。

『阿部正弘は、国書を受け取りましたが、幕府のなかでも意見が分かれていて、すぐには結論を出せません。そこでペリーに、1年後に返事をするからもう一度出直してほしいと頼みました。
七月十七日、「来春、返事を開きにもう一度やってくる」と言い残して、ペリーの艦隊は江戸湾を去っていきました』

終戦記念日

前回の浮世絵の授業で、前近代の授業が終わりました。
学問で伊能忠敬、芸術で歌川広重を重点的に教える方針で来ました。
心残りは、本居宣長で、これはまだ納得できる授業ができていません。

次回からは、いよいよペリーが黒船に乗ってやってきて、幕末の動乱が始まります。
そこから現代まではある意味でひとつながりの日本の歩みです。

ペリーが江戸湾で空砲をぶっ放してから、大東亜戦争に敗れ、被占領期を経て再独立を果たすまでは、おおよそ対欧米100年戦争の時代であったととらえることもできます。

そのうち、幕末から明治は、近代国家日本の建国期で、我が国「第2の国づくり」の時代です。
そういうとらえ方で教えていきます。

今日は終戦記念日でした。

大東亜戦争を教えて、国のために命をささげてくださった多くの先人の冥福を祈り、そのおかげで今日があることを理解し、心から感謝できるような学習者を育てたいと願っています。

合掌。

浮世絵

浮世絵
◆浮世絵を通して、徳川の「長い平和」が世界初の庶民のための文化を生んだことを教える。また浮世絵はヨーロッパの近代絵画(後期印象派)に強い影響を与えたことを教える。


1 葛飾北斎と歌川広重
*まず4枚の浮世絵を見せる。カラーコピーでもいいが、できれば復刻版の実物の版画を見せたい。江戸東京博物館などで、1枚1万円ほどで入手できる。

葛飾北斎の連作「富嶽三十六景」から。
1「凱風快晴」
北斎2

2「神奈川沖浪裏」
神奈川沖浪裏

*歌川広重の東海道五十三次」から。
3「蒲原」
蒲原夜之雪


4「庄野」
庄野白雨

*肖像画をはり、作者を教える。
 1と2は葛飾北斎 1760~1849 享年90歳
北斎自画像

 3と4は歌川広重 1797~1858 享年65歳
広重自画像


『この二人は化政文化を代表する絵師です。広重は大先輩の北斎を尊敬し、明治になる10年前に亡くなりました。
1と2は北斎が各地から見える富士山を描いた連作のひとつです。

1は「凱風快晴」という題で、通称「赤富士」とよばれます。凱風とは南風のことで、これは夏の夜明け、朝焼けに赤く染まった富士です。(私は子供の頃御殿場という富士山の麓に住んでいて赤富士をこの目で見たことがある)

2は「神奈川沖浪裏」です。浪の描写が圧巻ですね。浪の裏から遠くに富士を小さく描きました。この絵はフランスの作曲家ドビッシーが自分の部屋に飾っていて、交響詩「海」の楽譜の表紙にこの絵を使っています。

3と4は歌川広重が東海道の宿場町を連作した作品の一つです。お江戸日本橋が1枚目で、53の宿場をすべて描き、最後は上がりの京都三条大橋で、全部で55枚あります。

3は蒲原宿を描いた「夜之雪」です。雪が降り積もってしんと静まりかえった夜、背中を丸めて家路を急ぐ人がいます。

4は庄野宿を描いた「白雨」という作品です。白雨とはにわか雨のことで、いきなりの雨に駆け出す旅人たちの一瞬の様子をみごとにとらえています。斜線を基調とした三角形の構図がその動きをさらに協調しています。広重は雨を描くのが得意でした』

*浮世絵は役者絵や美人画などさまざまな題材があるが、ここでは私が好きな風景画を中心に見ていく。ただ風景画といっても、たんに自然を描いたものではなく、浮世絵では風景の中に見える庶民の生活、人々のくらしを描いている。

この中から1枚あげるといわれたら、どれがほしいですか?

*挙手させてみる。やはり『神奈川沖浪裏』が多い。

今日は、江戸時代に創られた浮世絵について学習します。

2 浮世絵の基礎知識
『では、この浮世絵がどういうものか、もう少し詳しく見ていきましょう』

*まず、歌川広重の連作「名所江戸百景」のうち「亀戸梅屋敷」を見せる。
広重2
『1855年(ペリー来航後2年)、安政の大地震が起きて江戸は壊滅的な打撃を受けます。建物は倒れ、焼け落ちて、あの平和で豊かだった江戸は見るも無惨な姿になってしまいました。広重はその翌年から「名所江戸百景」の筆を執ります。かつて人々でにぎわった江戸の名所、目の前には失われてしまった江戸の名所の長閑で美しい風景を、人々がいつでも思い出せるようにしたいと考えたのです。広重は、名所絵を全部で118枚、亡くなるまでの3年間、渾身の力を振り絞って描き続けました。おかげで私たちは平和で豊かだった江戸の町をこの作品を通して見ることが出来ます』
*この絵はその中の一枚で、「亀戸海屋舗(かめいどうめやしき)」。

*ここで、DVD「美の巨人たち:歌川広重」から、復刻版「亀戸梅屋舗」の摺りの様子を見せる。
(5枚の版木の裏表を使って、10回の摺りがくりかえされる。薄い色から濃い色へ。絵の具は25色使われる。見当という工夫で摺りはずれない。一文字ぼかし、あてなしぼかし、など多様なグラデーションの技法がある。江戸時代は、初刷り200枚だった。)

【解説】「え?これ版画だったの?」という反応がけっこうある。目の前の作品の美しさを見て、それらが多色刷版画であるとはとうてい思えないからだ。動画が手に入らなければ、版木の写真と摺りの過程を移した写真が浮世絵関係の書籍にあるので、それをみせたい。

*絵師が描き、それを彫師が板に彫り、摺師がたくさんの絵の具を使って指定されたように刷り上げる。三者の共同制作だが、彫師と摺師はあくまで職人であり、絵師の作品となった。
*ここで、多色刷の浮世絵を「錦絵(にしきえ)」ということを教える。このカラー印刷の技術は江戸時代のに日本人がなしとげた世界初の技術でした。

 いま、錦絵はいいものだと1枚、数百万円~数千万円の値段がつくそうです。 
 では、広重の江戸時代には、その絵はいまのお金でいくらくらいで買えたのでしょうか?

   A 5百円くらい。 B 5千円くらい  C 5万円くらい


*挙手で意見分布を確認し、正解を教える。

【A】
*およそ16文で、屋台のかけそば1杯ほどの値段だった。いまかけそば1杯500円くらい。

*版画という表現方法で、同じものがたくさん摺れる(大量印刷)ので価格が安くできた。かけそば1杯の値段なら、ならば、普通の庶民がかんたんに入手できる。ここにあるような芸術を、一般の庶民が小遣い銭で持つことが出来た。
これは、たいへんなことで、それまでの絵画芸術は、ふすま絵や屏風絵など、身分の高い武士や裕福な町人のものでした。
それが江戸時代になって、ふつうの庶民が身の回りに絵画作品をもてるようになったのです。

*これは当時の世界ではありえないことでした。江戸の文化は、世界で初めて、芸術を庶民のものにしたのです。
「町人文化」とは、そう言う意味でたいへん偉大な達成でした。

*ただ、浮世絵は、ヨーロッパのように額に入れて大事に飾るような、そういう芸術品ではありませんでした。今でも身の回りにたくさんある、カラー印刷物の始まりだったといってよいでしょう。江戸や大坂の町では、こんなぜいたくなカラーの印刷物がたくさん出回り、庶民の日常生活を飾ったり、役に立ったりしていました。これは当時の世界で、日本だけにあった豊かさだったのです。


   ここまでの話で、実は浮世絵という芸術がなしとげた2つの「世界初」を教えました。
   それは何と何でしょうか?


  【1 世界で初の一般庶民の芸術  2 世界初のカラー印刷技術 】



3 ゴッホに影響を与えた浮世絵

*ゴッホの「タンギーじいさん」の拡大コピーをはる。
ゴッホ2


この絵を見て気付くことを発表しなさい

【背景に浮世絵がはってある。西洋人の油絵であること】

『広重が亡くなる5年前、1853年(ペリー来航)オランダで男の子が生まれました。この子は大人なって画家になりました。 この人です』

*ゴッホの肖像を貼る。
ゴッホ自画像


*ビンセント・ヴァン・ゴッホ(1853~1890)オランダ人、画家、
*代表作として「ひまわり」を見せる。
ゴッホ1

『タンギーじいさんは、画材屋で、貧乏だったゴッホを助け続けました。ゴッホの感謝の気持ちが良く出ている絵です。背景に、ゴッホの好きな浮世絵を6枚飾っています。このうち1枚は広重の絵です。ゴッホが亡くなったとき、家財道具はほとんどなく、トランクが1つ残されました。開けてみると、中からなんと400枚もの浮世絵が出てきました。ゴッホが日本の浮世絵をどれほど大事に思っていたかが分かります』

『ゴッホの絵がいまオークションにかけられると、始めの値段は30億円だそうです。軽く100億円を越える値段のつく大画家ですが、生きている間には1枚も売れませんでした。彼の絵が「新しすぎた」からです。そして、その新しさには浮世絵の影響があることわかってきました』

*ゴッホが浮世絵に熱中する前の絵を見せる。「馬鈴薯を食べる家族」
ゴッホ馬鈴薯

『ゴッホは浮世絵と出会い、衝撃を受けます。そして好きだった広重の浮世絵を模写(まる写し)して、学んでい学んでいます。
*これはさっき見た「亀戸梅屋舗」の模写です。
ゴッホ模写1

*これは、やはり名所江戸百景のひとつ「大はしあたけの夕立」の模写です。
ゴッホ模写2

*これはゴッホが模写した広重の作品。
広重4

『ゴッホは浮世絵を熱心に写して、その色の明るさや豊かさ、構図の奇抜さ陰を描かない平面的な表現と輪郭線など、西洋絵画にはなかった表現に強い影響を受けました。その結果この「ひまわり」のようなゴッホの表現が生まれてきたのです』

『ゴッホは弟テオにたくさんの手紙を書きましたが、その中に浮世絵とそれを生み出した日本と日本人への愛が書かれています』


資料「弟テオにあてたゴッホの手紙より」

「南フランスのアルルは、明るい色彩が豊かな日本のように美しい。水が風景の中に美し いエメラルド色のかげになり、オレンジ色の夕暮れは地面の色を青く見せる。そしてす ばらしい黄色い太陽。まるで、美しい日本の浮世絵の中にいるようだ。」

「日本人が素早く人物の動きの瞬間を描くのは、神経が我々よりこまやかで、感情が純粋だからだ」

「わたし達はみな、日本の絵を愛し影響を受けている。私達はフランスの日本人だ。」



*ゴッホだけでなく、当時フランスで活躍していた画家たち、モネ、ドガ、セザンヌ、ロートレックなども、みな浮世絵を愛し影響を受けていたことを話す。

4 まとめ
『1999年、アメリカの「ライフ」という雑誌が「この1000年間で最も偉大な仕事をした世界の人物100人はだれか?」というアンケートをやりました。回答者はアメリカ人です。たった一人、日本人がこの100人に入りました。それは葛飾北斎でした。このアンケートで芸術部門のランキングもあったのですが、世界一すぐれた風景画に、授業の最初に見せた葛飾北斎の「神奈川沖浪裏」が選ばれました』

『江戸の浮世絵(錦絵)は、世界初の庶民のための芸術でしたが、日本の文化が世界の人々に影響を与えた最初の例でもあったのですね。』


プロフィール

授業づくりJAPANさいたま代表:齋藤武夫

Author:授業づくりJAPANさいたま代表:齋藤武夫
戦後70年間日本の教育は根無し草の「世界市民」を育ててきました。そのため小中学校の歴史教育はウソとタブーによって大事な内容が教えられていません。また誤って教えられています。
「授業づくりJAPAN」は、日本の教育のウソとタブーを排し、真実とフェアネスを取り戻していきます。
かつてGHQに禁じられた教育は現在も禁じられたままです。私たちは「日本人を育てる教育」を取り戻します。そのために、命ある限り授業づくりとその普及につとめます。私たちは「誇りある日本人」こそが「真の国際人」になれると信じています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2011/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
FC2カウンター
ご訪問ありがとうございます!
FC2ブログランキング
ワンクリック!応援よろしく御願いします。

FC2Blog Ranking

人気ブログランキングへにほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
にほんブログ村
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。