高杉晋作と国づくりの大方針

高杉晋作の国づくりの大方針

1 高杉晋作の紹介
■高杉晋作の写真を貼る。
高杉晋作

【板書】1839年、長州藩の萩に生まれる。
【説明】黒船=15歳。
    19歳で松下村塾に入る。
    21歳で、松陰が死刑になる。→幕府に対する怒り。
   22歳で結婚(雅子)

2 晋作の国づくりの大方針

■24歳で清国に行く。
■資料「高杉晋作の清国行き」を配り、教師が読む。

なるほどそうだなあと思うところに線を引きなさい。




高杉晋作の見た清国

 高杉晋作は二十四歳のときに、長州藩の命令で、清国に行きました。日本より前に、西洋によって開国させられた清国の様子を見るためです。
 上海(シャンハイ)につくと、晋作はおどろきました。清国に来たはずなのにそこはまるで西洋の国のようだったからです。たくさんの西洋の船や軍艦が港をふさいぐようにとまっています。港町には西洋風の建物がならび、屋根には西洋の国旗をなびかせています。
 さらに町の中を歩いてみるともっと驚くことが見られました。お金をはらわなければ通れない有料の橋があり、しかも、お金をはらっているのは清国人だけで、西洋人はただで通れるのです。アジア第一の大国である清国が、西洋の国に支配されたような国になってしまっていたのです。
 晋作は、日記にこう書いています。
「中国人はまるで西洋人のめしつかいのようだ。イギリス人やフランス人が道を歩いてくると、中国人ははじに寄って彼らに道をゆずっている。上海は中国の領土だが、これではイギリスやフランスの植民地になってしまったのと同じことだ。」
 こうして、晋作は日本の危機の本当の意味がわかったのです。

 清国のひさんな現実を見た晋作はこう考えました。
「世界は弱肉強食の時代になっている。西洋は軍事力にものをいわせて、アジアを支配している。まちがったつきあい方をすると西洋人の思うがままにされてしまうのだ。西洋のめしつかいのような清国のひさんな姿は、明日の日本の姿になりかねない。このままではいけない!」   




*線を引いたところを発表させる。列指名。

帰国した高杉晋作は、国づくりの二大方針を考えました。高杉が考えた方針の(   )に言葉を入れなさい。

【板書】
①開国し、日本を(   )と対等につきあえる強い国にする。
②(    )を倒し、日本を(    )を中心に一つにまとまる国にする。





3 大方針の①を検討する


■①について、意見を発表させる。正解は「西洋(欧米)」→用語「西洋列強・欧米列強」を教える。

①の方針の中で、当時の長州藩の中で、高杉晋作だけがもっていた考えがあります。それは、どの部分でしょうか? 線を引きなさい。

*線を引いたところを発表させる。

■正解は「開国し」の部分。長州藩は攘夷を主張していた。

【説明と板書】1863年5月、下関戦争(長州藩VS英・米・仏・蘭)
*下関戦争についてかんたんに説明する。

このとき、高杉晋作は西洋との戦いには反対だったが、こうなった以上やるだけのことはやろうと考え、藩主に新しい軍隊をつくる提案をしました。「奇兵隊」です。これは高杉晋作らしい新しい考えの軍隊でした。
この奇兵隊にはどんな特徴があったと思いますか?
 ●ヒントは松下村塾です。

*挙手指名で発表させる。
■正解は、武士だけでなく、身分にかかわらず参加できた。条件は「命がけで日本のために働く」ことだった。。
【板書】新しい軍隊「奇兵隊」
【説明】戦争の結果は長州藩の完璧な敗戦。→写真:占領された長州藩の砲台
   日本は初めて、西洋軍隊の武力による上陸をゆるした。

【説明】講和会議の長州藩代表は、高杉晋作。通訳は伊藤博文。彦島の割譲要求を、神話から語り起こして断ったエピソードを語る。



4 大方針の②を検討する。


次に、②の(  )に入った言葉を発表してください。

*列指名で発表させる。
■正解は、前が「幕府」、後ろが「天皇」

多くの維新の志士たちは、①の大目標を実現するには、「天皇中心の国」にしなければならないと考えました。武士の時代が700年、江戸幕府が250年続いてきたのに、武士達はどうしてこんな方針を立てたのでしょうか?

*時間があれば、ノートに書かせて発表させる。

【説明】日本が統一国家ではなく、諸藩に分裂した状態を変えるには、聖徳太子の大方針だった「天皇中心の国づくり」にもどるのがいちばんいい。鎌倉幕府・室町幕府・信長と秀吉・江戸幕府が、武力で朝廷を滅ぼさなかったことが生きてきた。考えてみると、日本は聖徳太子からずっと天皇を中心にやってきた。武家が幕府を開いて政治の実権を行使したのは、天皇から征夷大将軍の地位を与えられたからでした。日本が植民地にされるかもしれないという危機に際して、天皇中心の統一国家になればよいという方針に、日本中の武士たちが賛成したのです(もちろん幕府側の心ある武士たちも)。

しかし、方針②の中で、ぜったいに意見が一致しない部分があった。
 そこに線を引きなさい。


*発表させ、正解に挙手させる。

■正解は「幕府を倒し」の部分。

【説明】1864年、第一次長州征伐。幕府軍・薩摩藩など15000人VS長州藩3000人。戦わずして降参。「幕府を倒す」という方針をやめた。



4 功山寺決起

『高杉は、日本を変えるためには、まず長州藩を変え、あくまで幕府を倒すしかないと考えました。高杉は奇兵隊に、藩を変える戦いに立ち上がることをよびかけました。しかし、長州藩3000の正規軍と戦おうとする者はほとんどいなかった。集まった兵はわずか80人(その一人が若き日の伊藤博文)。大砲わずか一台。3000対80の戦いである。

晋作はどうしたでしょうか? A:戦った B:やめた

*挙手で意見分布をとり板書する。

■正解はA.
【説明】高杉はわずか80人で決起した。決起は成功し、長州藩は、高杉晋作や桂小五郎(木戸孝允)たちをリーダーにして、再び「大方針②」にもどった。その2年後、長州藩は幕府による第二次長州征伐に勝利した。歴史を変えた勇気ある決起だった。

【板書】1867年、高杉晋作死す。29歳。
『幕府との戦いに勝って半年後でした。新しい日本は1年後に迫っていました』
スポンサーサイト

授業感想文通信

毎回の授業に感想文(B6の罫線用紙をたくさんプリントしておく)を書かせていました。
それを読んで、たまに下記のような「授業感想文+私のコメント」の通信を子供たちに発行していました。
私なりの評価でもあり、励ましでもあり、また、学習内容の深化でもありました。
毎回発行ではありませんが、これも学習効果を高めた方法のひとつだったと思います。




感想文集 40 吉田松陰


■あの時代は大変だった。これらの事件は、全部ペリー(西洋)のせいだ。ペリーが来なかったら、こんな事件は起きないし、平和に暮らせたかも知れない。しかし、ペリーが来たことで、今の日本があるのかもしれないが・・・。(I)

★すべては西洋が日本までやってきて、開国をせまったことから始まっている。そのころ、地球上で、白人に支配されていないところは、清・朝鮮・日本だけになっていた。しかし、白人以外の国では、日本だけががんばったのだ。ピンチになって、私たちの先祖は苦しんだが、けんめいに努力して、そのピンチに立ち向かっていった。そのときから今までは、まだまだいろいろなことがあるが、江戸時代の終わりから明治時代への変化がなければ、いまの日本も、今の世界もなかっただろう。I君がいうように、西洋のあっとうてきなパワーが歴史を動かしたのだといえるかもしれない。



■写真が出てきた。なんか、ごつくて、こわそうで、勉強をよくやる人みたいな感じだった。幕府に任せればいいという意見が多い中で、松陰はちがった。「日本のために働くべし!」と言った。その言葉に感動した。(M)

★江戸幕府にとって「わが国」とは、日本のことだった。日本全体に責任のある政府は、幕府だけだったからだ。しかし、幕府ではない、地方の藩の武士にとっては、わが国」とは自分の藩のことだった。しかし、吉田松陰は、「長州藩のことだけ考えていてはだめだ、幕府以外の全国の武士達も「日本」という大きな全体を考えなければいけない」と言った。それは、多くの武士にえいきょうを与え、藩をこえて日本全体ののために働く、多くの志士たちが生まれた。そのおかげで、日本は変わることができた。もし、幕府だけにまかせていたら、日本はどうなっていただろう?それを思うと、Mさんの言うように、感動しないわけにはいかない。



■吉田松陰が密航をたくらみ、断られたとき、松陰は正直に幕府に自首した。松下村塾では、山県有朋や伊藤博文などを育て、自我もはっきりしていた。考えをはっきり生徒につたえるというところも、中途半端なことがきらいな人だと思った。実際は、明治維新にはかかわっていないけれど、深く考えれば、松陰もかかわっているんだと思った。(A)

★その後の日本を動かした人物の多くが、吉田松陰が教えた小さな塾(松下村塾)から出てきた。高杉晋作、伊藤博文、山県有朋(やまがたありとも)などだ。しかも、松陰がこれらの若者たちを教えたのは、ほんの2年間ぐらいだった。だから、私には、この教育はほとんど奇跡のように見える。国づくりにはすぐれた人物が必要だ。だから、明治維新をなしとげた人物を育てた吉田松陰は、A君の言うように、明治維新に大きくかかわっているといえるだろう。日本のピンチを、自分のこととして考え、命がけで行動する人物を生み出したからだ。


吉田松陰

吉田松陰「維新の志士を育てた人」

●吉田松陰を通して、維新の志士とは何かを教えます。いくつもの問いがありますが、扱いに軽重をつけて(クイズとしてさらっと流すものと、少し時間を与えて考えさせるもの)進めます。

1 吉田松陰登場
吉田松陰

【説明】
・1830年、長州藩の下級武士の家に生まれた。
・5歳、藩の軍学の先生の家、吉田家の養子になる
・11歳、藩主の前で講義をする。
・19歳、藩校の教授になる。
・23歳、江戸で遊学中に、ペリーの黒船事件にあう。



2 藩の政策に反論

黒船が来たとき、長州藩では「江戸のことは幕府にまかせればいい。わが国には責任がないことだ」という意見がほとんどでした。松陰はこの意見に強く反対した人です。どんな反論をしたのでしょう?

【松蔭の反論】
「外国が日本を困らせているときは、幕府も諸藩もない。すべての武士が力を合わせて外国に立ち向かうべきである」

『当時「わが国」といえば自分の藩のことでした。250年もの泰平の世をまったく外国を意識しないできた多くの武士にとって、自分が責任を持つべき国とは自分の藩のことだったのです。全国に藩は300もありました。だから、多くの武士は自分の藩については責任感がありましたが、日本全体のことは幕府の責任だと考えていました。
吉田松陰は、武士ならばだれもが、日本全体に責任がある考えた最初の武士の一人でした。このような考えを持った武士のことを、「志士」といいます。』→板書



3 黒船に行ったわけ

翌年、2度目にペリーの黒船が来たとき、松陰は小舟に乗ってペリーの軍艦に近づきました。午前2時頃のことです。松陰は何をしようとしたのでしょう?

A:ペリーを暗殺する   B:ペリーと話し合う   C:アメリカに行く


『正解はCです。日本とアメリカの軍事力の差はどうしようもないくらい差がある。だから、自らアメリカに行って敵のすべてを研究し、その知識を日本に持ち帰って、日本を西洋に立ち向かえる国にするために働こう。それが松蔭の考えでした。』

『失敗した松陰は、その足で役人のところに行き、これこれしかじか、国法を破ろうとしたが失敗したといさぎよく自首しました。死罪を免れないかもしれないことは百も承知でしたが、そこが松蔭の恐ろしいまでに正直なところです。結局、松蔭は牢屋に入れられました。そのときつくった和歌を教えましょう。』


  【 かくすればかくなるものと知りながら やむにやまれぬ大和魂 】 →板書

*この歌は子供たちと一緒に朗誦しましょう。



4 野山獄の変化


江戸から長州に帰され、松陰は長州藩の野山獄という牢屋に入りました。松陰が入ると、牢屋の中におもしろい変化が起きました。次のどれでが始まったのでしょうか。
   A:勉強   B:物づくり   C:レクリエーション


『正解はAです。生きる希望を失って病人か亡霊のようになっていた罪人たちに、道徳や学問、いま日本が迎えている危機と日本人ならどうすべきか等々を教え、また、彼ら自身にも得意なこと(習字、俳句など)の先生をやらせ、牢屋を生き生きした学校に変えてしまったそうです。生まれながらの熱血教育者なのです。』




5 松下村塾

『やがて、松陰は牢を出され家に帰されました。しかし、罪が許されたわけではなく、家の外には出られず、どこへも行けません。そこで、家の離れで松下村塾という塾を始めました。そして、藩の武士だけでなく、足軽や町人や農民など、身分に関係なく学ぶ意欲があれば塾生にし、月謝も取りませんでした。』

松陰はこの塾で自分のことを「A」とよび、塾生のことを「B」とよびました。 AとBに言葉を入れなさい。
【A=「ぼく」 B=「きみ」】


『武士の塾生は「せっしゃ」「それがし」、農民の塾生は「おら」「あなたさま」などと言い合っていたら、松蔭の理想はかないません。そこで、塾生は皆「ぼく」「きみ」と呼び合うようにさせたそうです。身分で差別しないこの言い方は塾生のあいだにすぐに広まりました。いま、男の子が自分のことを「ぼく」というのは、松下村塾から始まったことなのです。』
『この松下村塾から、日本の新しい国づくりを進めた維新の志士たちがたくさん育ちました。』

*高杉晋作、桂小五郎(のちの木戸孝允)、伊藤博文、山県有朋、井上馨などを教える。



5 通商条約の前と後

 松陰が松下村塾で教えているころ、ハリスとの通商条約の交渉が進められてました。松陰はどちらの意見だったでしょうか? 
A:開国  B:攘夷



【正解はA】
『松陰は攘夷の決行を求める朝廷に次のような意見書を出しました。「鎖国を守るという考えは、一時的には無事のように見えるが、一時しのぎのやり方でとうてい日本の今後を考える大方針とはいえない。国内でも自分の藩に閉じこもっているのと全国を歩いているのでは、知識に大きな差が出る。ましてや、いまは世界が相手 になっている。日本のリーダーなら、世界をよく見て知識を広め、西洋と対等につき合える国にするべきだ」。』 →太字を板書


では、松陰は幕府が独断で締結した修好通商条約(開国)に、どんな意見を持ったでしょうか?
A:賛成した   B:中立    C:反対した


【正解はC】
『松蔭はこういいました。「この条約では、日本はアメリカの思うままだ。いずれ条約を結ぶことは必要だが、それは日本の力を強くしてからでなければならない。強いものにへつらい、まるで西洋の家来になったような態度で結ばれた条約には絶対に反対である」。条約締結前の考えと矛盾するようですが、西洋と対等につきあえる日本にならなければならないという考えこそが、吉田松陰の第一の目標でした。』

『こうして、長州藩は幕府が天皇の許しを得ずに結んだこの条約に反対しました。そして、攘夷戦争を決行する→幕府を倒して新しい国づくり→実力をつけてから開国する、という大方針をもって動き始めます。』 →太字を板書



6 吉田松陰の手紙


『吉田松陰は、老中暗殺計画を立てた罪で、幕府によって死刑にされました(安政の大獄)。1867年、江戸時代が終わる1年前のことでした。享年29歳。あまりにも若すぎる!』

『江戸に送られる前、吉田松陰は高杉晋作にだいじな質問を受けていました。松蔭は自分が死刑になる直前に、この質問に答える手紙を書いています。そこには、維新の志士たちすべてが持つことになる死生観(人はいかに生きるべきか?)がつづられています。それを読んで今日の授業を終えましょう。』


●以下をプリントして配り、教師が読む。




吉田松陰の手紙

 高杉晋作君。
 君は質問した。男子の死ぬべき所はどこかと。
 私も昨年の冬、投獄(とうごく)されて以来、考え続けてきた。
 死は好(この)むべきものではないが、また憎(にく)むべきものでもない。
 世の中には、身は生きていても、心は死んだのと同じという人がいる。
 反対に、身はほろびても、たましいは生き続けている人もいる。
 死んで、不朽(ふきゅう=永遠にほろびない)のことが残せるみこみがあれば、いつ死んでもよい。
 また、生きて大業(たいぎょう=大きな仕事)をなしとげるみこみがあれば、どこまでも生きる努力を続けなくてはいけない。
 人間というものは、生死のことなど度外視(どがいし=考えに入れないこと) して、いまじぶんがやるべきことをやるという心がまえが大切なのだ。



■日本の危機に、幕府だけに責任を押しつけていてはだめだ。日本(国)のことを自分のこととして考え行動できる人になれ。そう弟子たちに教えた吉田松陰は、まさに自分自身が教育者として、愛国心を実行した人でした。
 こうして、日本中の若い武士たちが、志士として考え行動するようになっていきました。維新(いしん)の志士とよばれます。維新とは「国を新しくつくりかえる」ことです。
 彼らは、日本という国の危機を自分のこととして受けとめ、命がけで学び、命がけで日本のために働き始めました。まさに我が国が誇る偉大な英雄たちです。

 長州藩・・・木戸孝允(21)、●高杉晋作(15)、●久坂玄瑞(14) ●伊藤博文(13)、●山県有朋(16)
 薩摩藩・・・西郷隆盛(27)、大久保利通(24)、東郷平八郎(7)
土佐藩・・・坂本龍馬(十九)など。

●印は松下村塾で学んだ、吉田松陰の生徒です。(数字)は、ペリーの黒船が来航したときの年齢です。



ペリー来航 後編

ペリー来航 後編

●欧米列強が日本をめざして押しかけてくるのは、植民地になっていない有色人種の国は日本くらいしか残っていなかったからだった。当時の武士たちはみなこの日本の危機をよく理解していた。そして、それぞれの立場から行動を起こしていく。幕末日本に吹いた激しい嵐は、世界の有色人種地域の中で唯一日本にだけ吹いた嵐だった。武士がもっていた公に尽くす倫理と誇り高い精神のゆえである。
こんなキモチでこれからの授業に取り組んでまいりましょう。

1 今度は7隻でやってきた

■板書:1854年2月13日 ペリーと7せきの黒船
 こんどは、七せきの黒船が江戸湾に入ってきた。幕府の返事を開きに来たのである。
 こんどは、いきなり江戸湾の奥まで入ってきて、空砲を打ち続けた。おどしだった。
ペリー
阿部政弘


*阿部正弘の対策を話す。
・大砲の台場を増設し、各藩の江戸湾の防衛分担を決めるなど、いざという場面に備えようとしてきた。

 いよいよ最後の決断をしなくてはなりません。今日は、阿部正弘を議長とする幕府の
 リーダーたちの意志決定会議に参加してもらいます。
 次の、A、B、どちらかの立場を選び、その理由も書きなさい。
  A:開国する    B:鎖国の法を守る(戦争もやむなし)。


*挙手でAとBの人数を確認し板書する。
 ここはA,Bそれぞれ2,3人くらいに発表させて次に進む。

■結論を教える。
【板書】◆1854年、日米和親条約を結ぶ(開国へ)
    ・下田と函館を開港する。
    ・まき・水・食糧などの補給
    ・下田に、アメリカの領事館を置く。
*オランダ、イギリス、ロシア、フランスとも。

*この条約が、「貿易」についてはOKしていないことに気づかせ、阿部正弘のがんばりを確認したい。

◆翌1855年、条約調印の翌年に阿部正弘は死んだ。まだ三十四歳の若さだった。
二十五歳の若さで江戸幕府の中心に立ち、ペリー来航のピンチに必死で取り組み、日本の運命を背負った大仕事のかたがつき、責任を果たして一年後だった。

2 不平等条約

■伊豆の下田にはアメリカ政府の領事館が置かれ、領事ハリスと幕府の間で交渉が持たれました。大老井伊直弼は貿易を始める決断をする。その結果、次のような条約が結ばれました。
井伊直弼



【板書】1858年 日米修好通商条約 
・横浜港、神戸港を開き西洋人が住む町を作る。日・米(アメリカ)が交流し、貿易を進める。
・イギリス(日英)・フランス(日仏)・オランダ(日蘭)・ロシア(日露)とも同じ条約を結んだ。

『この条約で、西洋諸国とつきあいが始まり、貿易が始められることになりました。みなさんは、これで安心と思うかも知れません。けれども、この条約によって日本の危機はさらに深まりました』

*ひとつは、この条約が朝廷の勅許を得ないで幕府の独断で結ばれたことが問題になった。
 もうひとつは、この条約が不平等条約だったことだった。

■資料「不平等条約」



不平等条約

徳川幕府が欧米列強と結んだ「通商条約」はたいへん不平等なものでした。(日米・日英・日仏・日蘭・日露)
 不平等とは次のことです。

 1 日本に関税自主権がない。

 2 欧米列強の治外法権をみとめる。


【1について】
 「関税」とは、貿易の輸入品にかける税金のことです。
 対等な関係の国どうしだったら、関税は自分の国の判断で自由にかけられます。それは、どの国にも、関税をかけないとつぶれてしまうような弱い産業があるからです。
 しかし、この条約では、日本には「関税を自主的に決める権利(関税自主権)」が認められませんでした。
 西洋の安い値段の商品に負けて日本の産業がおとろえれば、貿易でもうけるどころか、その産業がつぶされてしまい、国の力がおとろえていき、いつかは西洋に支配されてしまうかも知れません。

【②について】
開国すると、たくさんの西洋人が日本に入ってきます。なかには日本の法をおかす人もいます。外国人が日本で犯罪をおかしたとき、日本にはその裁判をする権利がなく、その国の領事が裁判をします(領事裁判権)。このように、西洋人には日本の法をあてはめないという約束のことを「外国の治外法権を認める」といいます。

★この二つの不利な条件を日本にだけはあてはめたので、これらの通商条約は不平等条約とよびます。
 開国して貿易を始めた日本と西洋の強国とのつきあいは、大昔の中国と日本の関係のような親分・子分の関係まではいきませんが、それでも国同士に上下関係ができ、日本は西洋より低い立場に置かれたのです。
この条約で、日本は西洋中心の世界につながりを持つことになりましたが、聖徳太子以来の国の独立が危うくなり、武士の誇りも傷つきました。



■板書:不平等条約
    ・日本に関税自主権がない。
    ・欧米列強の治外法権(領事裁判権)をみとめる。


■説明
 日本は西洋の植民地になったわけではありませんが、この条約で上下関係ができ、半独立国という立場になってしまいました。
 日本中の武士たちの多くは、この条約には反対でした。戦わずして負けてしまったのと同じようなものだったからです。日本中の武士たちに、幕府の弱腰を批判する声があふれました。
 朝廷の許しを得ないで決定した、井伊直弼にも批判が集まりました。
日本は次の2つの意見に分裂してしまいました。

 みなさんが幕末の誇り高い武士だったら、どちらの立場に立って行動しますか。
 A:開国派・・・条約を守り、新しい国づくりを進める。
 B:攘夷派・・・条約を廃棄し、西洋と戦って、新しい国づくりを進める。


*ノートに立場と理由を書かせる。挙手で意見分布をたしかめ、はそれぞれの理由を発表させる。

【解説】AかBか、必ずどちらかに手を挙げさせる。発言しなくても、手を挙げることで全員が授業に参加できる。理由は少数派から言わせる。書いたものを読むだけでかまわない。書くことが考えることになる。


3 まとめ

『国内の分裂は、西洋の思うつぼです。日本人同士が戦うようになれば、その戦いに外国が介入してきて、どちらが勝っても日本が支配されてしまう可能性があるからです。
 条約によって、日本はますますピンチになってきました。次回から、この危機の時代に活躍した何人かの人物を取り上げます。』
プロフィール

授業づくりJAPANさいたま代表:齋藤武夫

Author:授業づくりJAPANさいたま代表:齋藤武夫
戦後70年間日本の教育は根無し草の「世界市民」を育ててきました。そのため小中学校の歴史教育はウソとタブーによって大事な内容が教えられていません。また誤って教えられています。
「授業づくりJAPAN」は、日本の教育のウソとタブーを排し、真実とフェアネスを取り戻していきます。
かつてGHQに禁じられた教育は現在も禁じられたままです。私たちは「日本人を育てる教育」を取り戻します。そのために、命ある限り授業づくりとその普及につとめます。私たちは「誇りある日本人」こそが「真の国際人」になれると信じています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
08 | 2011/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
FC2カウンター
ご訪問ありがとうございます!
FC2ブログランキング
ワンクリック!応援よろしく御願いします。

FC2Blog Ranking

人気ブログランキングへにほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
にほんブログ村
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる