スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

超要約版『学問のすすめ』

授業用資料のつもりで、福沢諭吉『学問のすすめ』第1編(明治5年)と第3編の一部の超要約をやってみました。

超要約・福沢諭吉『学問すすめ』第一編(明治五年・1873)

1 「天は人の上に人を造らず、人の下に人を造らず」といわれるように、人間に生まれながらの差別はありません。

2 それなのに、どうして富める・貧しい、賢い・愚か、等の差ができるのでしょうか。それはひとえに学問のあるなしによるのです。

3 学問と言っても、和歌を詠んだり、漢文(中国語)に浸かったりしても、物の役には立ちません。

4 やるべきなのは実学です。(読み書きそろばんから始まり、実権実証の学すなわち、地理学、物理学、歴史学、経済学、修身学など)

5 つまり、東洋古来の学問ではなく、西洋の学問を翻訳で学べば、家業に役に立ち、一身一家の独立もかないます。

6 学問をするには、自由独立の人権を知り、他人に迷惑をかけない範囲でこれを行使できなければなりません。

7 自由・独立は一個人に大切であるだけでなく、わが日本国家にとっても大切です。

「もし先方に道理があればたといアフリカの土人にさえ頭を下げるべきだし、自国の正義を守るためならば強大な英米の戦艦も恐れるべきではない。万一国家が恥辱をこうむるような非常時には、日本国中の人民が一人残らず命を捨てても名誉を全うしてこそ、一国の自由と独立が損するというべきである」

8 しかし、シナ人のように自国にうぬぼれて外人とみれば獣のように軽蔑していては、あのようにかえってひどい目ににあわされてしまいます。

9 明治以来のわが国の偉いところは、対外的には国際法をもって外国と交際し、国内で四民平等として人民の権利を認め、生まれながらの特権などは無くしたところです。

10 旧幕府時代のような、政府の横暴と人民の卑屈によって不合理な因習に支配されていた日本はもう終わりました。

11 政府に不満があれば堂々と主張し、場合によっては国のために政府と争うのが国民の本分となったのです。

12 わが国の独立と個人の自由を妨げるものと戦うためには、何と言っても学問を修め、知識を豊かにし、人格を磨き、道理をわきまえなければなりません。

13 無知文盲であることは、国家社会の害悪なのです。

14 人民がみな学問に志し、文明の方向に進むならば、政府の法率もより寛大なものとなり、わが国はよりいっそう立派な国となります。

15 政治の自由を愛し、祖国の富強を望み、外国の軽蔑を恐れるのは、国民共通の感情である。この感情に基づいてまず自己の品行を正しくし、熱心に学問に志し、知恵や人格を身につけるべきなのです。国民は政府の政治が進めやすくし、政府は国民に不当な圧迫を加えぬよう、互いの本分をつくし、共に相携えて日本の平和を維持していくことが重要です。「今私が読者諸君に勧める学問も、もっぱらこれを主眼としているのである」




超要約・福沢諭吉『学問すすめ』第三編から
「一身独立して一国独立すること」(明治六年)


 世界の国々はみな対等(同権)であるべきだが、その国民に独立の精神がなければ、その国家も独立の権利を守ることはできない。

その事情を詳しく言えば、次の三つの場合がある。

第一に、しっかりとした独立の精神のない国民は、祖国を愛する気持ちも強くない。

 第二に、国内において、自己の身分に独立の誇りを自覚し得ない人間は、外国人に接する場合も、独立の権利を張ることはできない。

 第三に、独立の精神のない者は、他人の力を利用して、悪事(国を裏切ること)を働くことがある。

 したがって、日本に生まれて愛国心のある者ならば、まず一身の独立を図り、父は子に、兄は弟に、教師は生徒に独立を教え、国民こぞって独立して国を守らねばならぬ。
スポンサーサイト

満州事変の授業


満州事変の授業のシナリオ

1 南満州の日本の権益に対する、張作霖・張学良軍閥の攻撃、シナ人によるテロや反日活動によって、在満日本人や朝鮮人の生命と財産が脅かされていた。

2 日本政府は幣原喜重郎の協調外交を展開していた。

3 しかし、反日活動やテロ、日本人差別は収まらなかった。

4 「君たちが当時の日本のリーダーだったらどうするか?」次の選択肢で考えさせる。
  A 協調外交を続け、しばらく様子を見る。
  B 軍隊を派遣して、日本企業や日本人を守らせる。
  C 張学良軍閥を打倒して、満州全体を日本軍に守らせる。

5 若槻礼次郎内閣はAを選び、日本国民は政府の方針を批判した。国民の多くが問題を解決できない政党政治に絶望していった。


6 石原完爾・板垣征四郎ら関東軍は、柳条湖事件を起こし、一挙に満州を占領した。国民はこれを支持した。

7 関東軍は、清朝最後の皇帝溥儀を元首にして満州国を建国した。1932.昭和7.3月,溥儀「私は感激がこみあげてきた」

8 犬養毅首相は「満州国は承認しない」方針。海軍将校らに暗殺されてしまった。5.15事件。
犬養毅内閣で政党内閣は終わった。

9 斎藤実内閣は満州国を承認。日満議定書をむすぶ。
*満州国は日本と清が結んだ条約を尊重する。
*日満は共同して国防に当たる。

10 国際連盟はリットン調査団を派遣。1932年.2月~9月
「リットン報告書」

11 リットン調査団の報告書を認めない斎藤実内閣は、1933年3月日本は連盟を脱退した。

12 同年5月,タンクー停戦協定が日清間で結ばれ、満州事変は終結した。

13 以後、満州国は日本の指導と援助によって、近代国家として急速に発展して行ったことを写真や統計資料を使って教える。1945年,昭和20年8月に滅亡したことも。

独立国になるための教育

日本がこれから独立国になるために、どんな教育が求められているのか。

暮れから正月にかけてぼんやり考えていた。

そして、昔つくった東京裁判の授業は改訂しなければならないと考えた。

************************************

現在は危機の時代である。

わが国は、反日国家に侵略を受けている。

それと連携する国内の反日日本人と反日外国人、反日マスコミ、反日官僚、反日政治家、反日裁判官、反日教師、ありとあらゆる反日組織、との戦いの時代である。

危機の時代には危機の教育が求められる。

私は頭が悪いので気がつくのがいつも人より遅い。

前にも書いたことだが、私は重要なことでしばしば間違える。

だから、小学校で教えていた頃は、子供達に賛成・反対の両方の意見(情報)を示して「自分の頭で考える」ことを求めてきた。

(もちろん、日露戦争までの歴史の大きな物語は、かつての授業で問題ないと思う)

自分では、メディア・リテラシーを培う、日教組のような洗脳教育はやらない、という原則のつもりだったが、
いまはまだ平時であるという油断があったのではないか。

日本国憲法が不平等条約であるという見方ができなかった。

憲法が、伝統と歴史という日本の不文法にとって違法であるという見方ができなかった。

そうであるとすれば現在は祖国の独立が奪われた危機であろう。

幕末と同じである。

幕末の不平等条約を克服して独立国となることが明治の先人の国づくりであったように、

平成の私たちは、占領下の不平等条約を克服して、再び独立国となる途上にある。

危機ならば、危機の時代の教育を実践しなければならないだろう。

新たな富国強兵の時代を支える公民の基礎を養うことだ。

プロフィール

授業づくりJAPANさいたま代表:齋藤武夫

Author:授業づくりJAPANさいたま代表:齋藤武夫
戦後70年間日本の教育は根無し草の「世界市民」を育ててきました。そのため小中学校の歴史教育はウソとタブーによって大事な内容が教えられていません。また誤って教えられています。
「授業づくりJAPAN」は、日本の教育のウソとタブーを排し、真実とフェアネスを取り戻していきます。
かつてGHQに禁じられた教育は現在も禁じられたままです。私たちは「日本人を育てる教育」を取り戻します。そのために、命ある限り授業づくりとその普及につとめます。私たちは「誇りある日本人」こそが「真の国際人」になれると信じています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
12 | 2013/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
ご訪問ありがとうございます!
FC2ブログランキング
ワンクリック!応援よろしく御願いします。

FC2Blog Ranking

人気ブログランキングへにほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
にほんブログ村
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。