スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年代の表し方

2時間目は毎年同じ問題から始めます。
「2013  25  癸巳  2673」  これは何でしょう?
答えは「今年」ですが、本校4年目にして初めて4つとも答えた生徒が現れました。

彼は自ら挙手してこう答えました。
「2013は西暦、25は平成25年、次は巳年(へびどし)、最後は、皇紀2673年です」
素晴らしい!ところで、皇紀って何ですか?
「初代の神武天皇が天皇になった年を1年として数える年代の表し方です」

むむ・・・。ひょっとしたら、私がきみに教えられることはないのかもしれませんねえ・・・。
「癸巳の、巳はわかりましたが、癸のとがわかりません」
(こういうところも、なかなか立派ですね。自分が何がわからないかがわかっています)

というわけで、今日は「年代の表し方と時代区分」を教えました。
西暦、年号(元号)、干支、皇紀、です。
そして、なぜ西暦を使うのか、なぜ日本独自の表し方も使うのかを考えてもらいました。


感想文です。

1 今回は暗号を解くことからやりました。
  それは上から西暦、年号、干支、皇紀を表していました。
  皇紀は何のことかさっぱりわかりませんでしたが、学習して神武天皇の即位年を紀元としたものだとわかりま した。
  また、干支は十二支とは違い、十干と十二支を組み合わせたものだとわかりました。干支は60通りあり、還 暦は1周したことを祝うものということを初めて知りました。
  これからも新たな発見をたくさんしていきたいと思います。

2 最初の問題が一番難しかったです。
  初めて干支と皇紀を知りました。
  2001年から21世紀なら、ぼくは2000年生まれなので20世紀(生まれ)最後の中学生です。とても 嬉しい気分になりました。
  調べたところ丙午は火災の多い年という迷信があり、江戸初期の八百屋お七の放火事件以後、丙午の年に生ま れた女性は夫を食うとか殺すとかいう迷信が生まれ、現在に至るまで統計的にも丙午の年には出生数が少ないそ うです。ちなみにぼくのお母さんも丙午です。
スポンサーサイト

再開します

再起SR400さん、今日から再開します。
その節はコメントありがとうございました。

この1月に個人的にちょっとへこたれることがあり、
なんだか取り返しがつかないようにも思えて、
エネルギーが尽きていました。

昨夜、『学校でまなびたい歴史』のときの教え子が集まって、
なつかしい、楽しいひとときを過ごしました。
今年25歳になる彼らは、それぞれかっこよく、美しく、立派でした。
私もまだまだ負けてはいられないなと、素直に思えました。

よろしくお願いします。

*****************************************

1年生に歴史入門のご先祖様の授業をしました。

「自国の言葉を学ぶのは国語であって、日本語ではありません。
「日本語学校」は外国人がわが国の言葉を学ぶ学校ですね。
同じように、祖国の歴史は国史であって「日本史」ではありません。
国史は国語で書きますから、黒板もノートも縦書きで進めます」

と話してから始めました。

生徒の感想文を掲載します。


初めての歴史でした。
私は歴史が好きな方なので、どういうことをやるのかドキドキしていました。
今まで教わってきた足り方とは全然ちがっていました。
歴史というのは、ただ考えるだけ、やるだけではなくて、私の先祖、いわゆる、ずっとずっと古いおばあちゃんの気持ちや、生活の苦労や、楽しさなどを、考える授業なんだと感じました。


私はもとから歴史が好きでした。
でも、自分のこと先祖のことには目を向けたことがなかったので、とても新鮮に感じました。
また家族のことをもっと知りたくなりました。
歴史は有名な人のことだけをやると思っていたしそれだけが歴史だと思っていましたが、自分のことや先祖のことも歴史の一部なんだと気づきました。


自分が今ここにいるのは、自分の先祖が1人も欠けずに生きてくれたおかげだとわかった。
とても感謝しています。
この授業を受けて自分は幸せ者だなと感じた。
たくさんの先祖が命のバトンを渡してくれたおかげので、ちゃんと生きようと思うことができました。
そして、自分の子孫に、先祖として命のバトンを渡していきたいです。


ぼくはこの授業を受けて、やはり愛国心は大切だと思いました。
最近まわりの国などの影響で、日本人でありながら日本を悪い国だと思い込んでしまっている人がたくさんいると思います。
でも、ぼくはこれからの歴史の授業を生かして、愛国心を伸ばし、日本お役に立つとこをしていきたいです。


系図など先生の資料から先祖はのべではとてもたくさんいたことを知り、すごく驚きました。
昔はくらすのみんなが親戚だったかも知れないのはすごいことです。
有名な武将に従っていたかもしれないと思うと、不思議な感じがしてきます。
私もいろんな人に支えられていることを忘れないようにしていきます。


家系図はいろんな歴史が刻まれていて、どんどん命のバトンが後の人につなげられているんだなと、改めて感じました。
これからも今生きていることに感謝し、大事に人生を歩んで行きたいと思い、歴史の授業をしっかり取り組んでいきたいとおもいます。


今まで家系図などをじっくり見て考えるということはなかったので、今回じっくり考えてみて、自分は先祖がいるから今ここにいるんだということを、改めて感じました。
本当に先祖が一人いなかったら自分は生まれてきていないと思うと、ここまでつないできた人たちの命のバトンを次につなげるようにしたいと思いました。
一人一人の命の大切さが今日の授業でよくわかりました。


今回の授業は私たちの先祖について考えました。
私は今まで先祖のことなんて考えたことがありませんでした。
しかし、改めてこう考えてみると、命のつながり、命のバトンの大切さや、自分が生まれてきたことの偉大さというか、「今こうして私に命のバトンが受け継がれているんだ!」、そんな気がした。
これからも現代のことだけでなく、「時の流れ」を考え、感じていきたいと思います。

*****************************************

しばらくは、こんなふうに生徒の授業感想を書いていきたいと思います。
なお授業のあらましはこのブログで前に書いている授業のシナリオをご覧ください。
プロフィール

授業づくりJAPANさいたま代表:齋藤武夫

Author:授業づくりJAPANさいたま代表:齋藤武夫
戦後70年間日本の教育は根無し草の「世界市民」を育ててきました。そのため小中学校の歴史教育はウソとタブーによって大事な内容が教えられていません。また誤って教えられています。
「授業づくりJAPAN」は、日本の教育のウソとタブーを排し、真実とフェアネスを取り戻していきます。
かつてGHQに禁じられた教育は現在も禁じられたままです。私たちは「日本人を育てる教育」を取り戻します。そのために、命ある限り授業づくりとその普及につとめます。私たちは「誇りある日本人」こそが「真の国際人」になれると信じています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
03 | 2013/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
FC2カウンター
ご訪問ありがとうございます!
FC2ブログランキング
ワンクリック!応援よろしく御願いします。

FC2Blog Ranking

人気ブログランキングへにほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
にほんブログ村
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。