中国の皇帝と日本の天皇

ようやく「院政と武士の台頭」が終わったので、古代史のまとめとして「中国の皇帝と日本の天皇」を授業しました。自由社版「新しい歴史教科書」による。
1年生です。

ちょっと長いけれど、読んでいただければ幸いです。

はじめに、宋の皇帝太宗が日本人僧侶に言います。
「日本の天皇は君主の理想ですね。うらやましい限りだ。」
生徒に訊きます。
「皇帝は天皇のどんなところがうらやましいのでしょう。4月からこれまでの学習を生かして考え、ノートに書きなさい。時間は5分です」

久しぶりに学級全員に発言させました。
黒板の記録はこうなりました。

・天皇は一族で地位を受け継いでいくが、皇帝は力が弱まると滅ぼされてしまい、別の国になってしまう。
・天皇の地位は安定している。
・国民のためを思っている、優しい、思いやりがある。
・国民に信頼されている。尊敬されている。
・天皇は反逆されない。
・天皇は政治の実権を持たない。
・天皇中心の国で続いていく。
・天皇の地位を取り合って戦乱が起きない。
・戦いではなく話し合いで決める。
・異民族のおびやかされない。
・国が一つにまとまっている。

生徒のノートから2つ引用します。
「天皇は一族で受け継いでなっているけど、中国の皇帝はその皇帝の力が弱まると争って新しい国をつくっていくので、日本の天皇はその地位が安定しているからだと思う」
「支那は戦乱で王朝をとり、それもまた滅ぼされていくが、日本の天皇家は滅ぼされず続いていくから。当時北方の騎馬民族の攻撃におびやかされていたが、日本の天皇は外敵が来ない場所の君主だから。」

とてもよい内容でしたので思う存分褒めてやりました。授業の目標は以上で尽きているのですが、教科書のコラムを読んで次のように教えました。

〈中国の皇帝〉
・武力によって地位につき、武力によって滅ぼされる。
・歴代王朝はすべて別の国で、皇帝の姓も変わる。
・統一王朝ができるまでは長く戦乱の世が続く。
「易姓革命」というルール・・・天命が改まり、皇帝の姓が変わる。
漢(劉氏)-隋(楊氏)-唐(李氏)-宋(趙氏)-元(モンゴル民族)

〈日本の天皇〉
・天皇は神々の子孫として尊敬され、滅ぼされることがない。
・「日本」という国がずっと続く。
・国民に姓を与え、皇室は姓を持たない
・天皇は国のまとまりの中心であり権力は持たない。
・政治権力や政治制度は時代に合わせて変えていく。

最後に、授業の感想を書かせました。
一部(30人中の9人)を以下に載せます。

【感想】
・今回の授業で、天皇がどんなことをしているのかを知り、天皇はぜったい滅ぼされないとわかった。

・中国のように武力によって地位が変わるのが普通のなのに、日本だけが特別なやり方をした。ほこらしいことだと思います。これからもこのようなことを忘れずに、今を大切にすべきだと思いました。

・皇帝は倒されてすぐ国が変わってしまうが、日本はずっと変わらず、反逆もされず、すごいなと思いました。日本はそこが世界に自慢できるところだと思いました。

・今回は天皇と皇帝の違いと天皇や日本の良さについて、改めて考えを深めました。中国の易姓革命が世界のレギュラーなのが、日本だけ違う方式を採ったのが今につながっているのだと思いました。

・今日は日本がどれだけすごいかということがわかりました。私は日本人として誇りを持って生きていこうと思います。

・あらためて日本はすごいなと思いました。日本人として誇りに思います。天皇はいばっているだけの人かとずっと思っていましたが、このような努力をしていたのを知り、天皇もすごいと思いました。

・よく考えてみれば日本はすごく恵まれた国なんだなと思いました。一度も滅ぼされたことはないし、治安は安定しているし、私はまだ戦争を経験したことはありません。経験したくないです。

・今日は支那の皇帝と日本の天皇の違いを教えてもらいました。先生、中国ではなくて「支那」です!

・今日は中国の皇帝が日本の天皇をうらやましいと言ったと知って驚きました。なんでうらやましいかを考えてみると、時代背景から思っていたんだと知って、なんで自分で提案しないんだろうと不思議に思いました。
スポンサーサイト

アニメ「風立ちぬ」


宮崎駿監督の「風立ちぬ」を見てきました。

宮崎さんはプロデューサーの鈴木さんといっしょ公開前に政治的なメッセージを出しました。反原発・GHQ憲法改正反対・憲法9条を守れ等々。
それで左巻の人たちが喜んでこれを持ち上げたという経緯があります。

私も、もうジブリはいいか・・・と思い、あまり見に行く気も来ませんでした。
でも作者のイデオロギーと作品は別だという考えもあり、結局見ることにしました(才能ある作家ならば)。

一言で言うと、よかった!です。
とりわけ婚礼の場面は涙でした。
「風立ちぬ」は傑作として残ると思います。

1 大震災から大東亜戦争までの日本人の日常をありのままに描いています。
  (できている文学・映画はこれまでの日本にはほとんど無いとおもいます)

2 同じ時代の、明朗で心優しく、勇気と向上心に富み、凜として美しい大正昭和の日本人を、心を込めて描いています。

3 そして、なんといってもこの作品の肝は言葉です。いまはもうすっかり失われてしまった、彼らの話す言葉(国語)のなんと美しいことでしょうか。その美しさ  には始めから終わりまで心が震えるほどです。

絵も音楽もすばらしかったが、見ながらずっと思っていたのは上の3つです。
そんなわけでみなさんにもお勧めしておきます。

9/12(日清戦争など)


日清戦争の授業をしました。
祖国の圧勝と朝鮮のシナからの独立を喜び、三国干渉に先人の苦悩を思い、遼東半島返還決定の悔しい思いに共感しきりでした。
いよいよ日本を滅ぼそうとする本当の敵が正体を現しました。
国民的合い言葉になった「臥薪嘗胆」を唱えて授業を終えました。
次回は日英同盟そして日露戦争に進みます。


昨日今日と安倍総理が増税を決断したかのような謀略報道が流されていますが、これは官房長官も否定していますとおり悪意ある誤報です。デフレ脱却までは増税しても歳入は増えません。


民法の非嫡出子に関する違憲判決に対して、いちばん正しいことを言っているのは長谷川三千子さんです。参考にしてください。
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130912/plc13091203220001-n1.htm

9/5


大日本帝国憲法の授業をやりました。

導入は、初代内閣総理大臣伊藤博文の生涯をざっくりと物語ります。
ポイントは4点。
松下村塾に入門。高杉晋作の功山寺決起に一番乗り。大久保利通の偉大さを最も良く理解した人物。そして朝鮮人のテロリストに暗殺されました。
伊藤はいわば近代日本のワシントン(国父)です。
しかしわが国の義務教育では伊藤博文の評価はあまりにも低すぎます。

伊藤の最大の功績は、大日本帝国憲法を起草しアジア最初の立憲政治の道を開いたことです。

「第一条 大日本帝国は万世一系の天皇これを統治す」
を朗唱させ、ていねいに解説します。
いま、東大憲法学-文科省-教育委員会はこれをあたかも天皇独裁制であるかのように教えさせていますが、この「統治す」はわが国伝統の「しらす」であって、権力が国家国民の安寧を逸脱することのないように、神々に祈ることを通して権力を拘束することでした。
伊藤は、憲法学の師グナイストの助言に反して、議会に予算と法律の議決権を与えたのです。
天皇は、国政の諸機関が決定したことを否定したことは一度もありません。まさに、これはイギリス流の立憲君主と同様でした。
その他、臣民の権利等々、この憲法の偉大さを教えます。

最後にしめくくりは、憲法発布と同時に国民に示された「教育勅語」の全文を読み、これが小学校中学校で教えられ続けて、立憲政治を支え抜く日本国民の道徳的背骨を形成していったことを教えて授業を終わりました。

新しい教科書をつくる会の『新しい歴史教科書』(自由社)へ書店で手に入りますので、ご一読をお勧めします。

9/4

1年生の初授業。
旧国名を覚えるを夏休みの宿題にしていましたので、その確認テストをやりました。
伯耆、安房、安芸、遠江、上野・・・などをまちがえた生徒が多かったでしょうか。
全問正解もけっこういまして、日本教養度を高めた夏休みになったようです。

時間が25分ほど残りましたので、北朝鮮拉致問題の基礎知識を教えました。
名前ぐらいしか知らない生徒がほとんどでしたので、かなり深く効いたようでした。
普段の授業より120%くらい真剣顔の集中ぶりでした。

自由民権運動の授業

2学期の初日は2年生2時間、1年生1時間でした。

2年生は「自由民権運動」。
戦後レジームの文科省教科書では、民権派が善玉で、藩閥政府は悪玉です。
それはGHQ憲法が善玉で、大日本帝国憲法が悪玉だからです。

しかし、それはわが国の歴史を偽るものです。

彼らが共に「西洋列強と対等につきあえる国づくり」という目標を共有していたことは明らかだからです。
憲法・議会・選挙という立憲政治の3本柱を打ち立てるという大方針も共有していました。
五箇条のご誓文ですね。
史実を記しているのはつくる会の教科書だけです!

では対立点は何だったか?
一日も早くやろう VS 時間をかけて誤りの無いようにやろう
でした。
戦いは熾烈を極めましたが、西南戦争以後の「言論で戦う」という合意は大筋で守られました。

10年後という国会開設の詔が出て、
板垣・大隈は政党を育てていく活動に、伊藤はプロシアに憲法を学びに旅立ちます。
プロフィール

授業づくりJAPANさいたま代表:齋藤武夫

Author:授業づくりJAPANさいたま代表:齋藤武夫
戦後70年間日本の教育は根無し草の「世界市民」を育ててきました。そのため小中学校の歴史教育はウソとタブーによって大事な内容が教えられていません。また誤って教えられています。
「授業づくりJAPAN」は、日本の教育のウソとタブーを排し、真実とフェアネスを取り戻していきます。
かつてGHQに禁じられた教育は現在も禁じられたままです。私たちは「日本人を育てる教育」を取り戻します。そのために、命ある限り授業づくりとその普及につとめます。私たちは「誇りある日本人」こそが「真の国際人」になれると信じています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
08 | 2013/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
FC2カウンター
ご訪問ありがとうございます!
FC2ブログランキング
ワンクリック!応援よろしく御願いします。

FC2Blog Ranking

人気ブログランキングへにほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
にほんブログ村
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる