スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

感想文「特攻隊員の遺書」

5年前、三重県桑名市の津田学園中学校で教えたときの感想文が出てきたので紹介します。少人数制だったので、これで学級全員分です。

感想文集「特攻隊員の遺書を読んで」 平成22年2月2日の授業から

◆4人とも国のために誇りに思って戦っていることが、とても印象的です。特に、植村さんは、娘の人形をお守りにしていたそうで、娘への愛がすごく感じられるし、お守りがあることで、何倍ものパワーになることが想像つきました。植村さんは、素子さんにとっても、心の中に生き続ける自慢の父親だと思います。日本のために戦った、こんな素晴らしい人たちを、私たちは忘れてはならないと思います。

◆4人とも、感謝の気持ちを忘れずに、日本を守ろうとしているのだと思いました。こういう若者がいたから、日本は逆境に立ってもがんばれたのだと思います。国民は、このような人たちがいたことを、忘れてはいけないと思いました。私も、常に感謝の気持ちを忘れずに生きていこうと思います。

◆この人たちは、まだまだ若いのに、すごい立派な大人の考え方を持っていて、すごいなと思いました。こういう心の持ち主が戦ってくれたおかげで、この日本が今もあるのだから、感謝しなければいけないって思いました。本当に、この人たちは、自分のことよりも人のことを第一に思っていて、すごく心のキレイな人なんだと思いました。

◆特攻隊として出撃するということは、ほとんど死を意味しています。なのに、4人からつらさや恐怖といった感情は伝わってきません。いくら国のため、大切な人のためとは言っても、自分の死をおそれないなってありえないと思います。それを感じさせないなんて、すごく意志の強い人達だったんですね。それとも、本当に大切な人のためなら死ぬことも喜びになるのでしょうか。正直、理解できません。
 ただそういう人達がいたのだと思うと、悲しいというか、切ないというか、そんな気持ちになります。

◆これを書いた人たちは、みんな、自分の命を捨てるようなことなのに、みんな、いやだとか、こんなのやりたくないとか言わずに、逆に、父も感謝してくださいというので、すごいなと思いました。これが特攻隊なんだなと思いました。

◆私は幸せなんだな~と思いました。両親に授かったいのちは大切だけど、国のために命を使いはたしてしまうことの方が大切だと考えるものなのでしょうか?私は幸せだから言えるのかもしれませんが、両親は、子を亡くして幸せに生きられるのでしょうか?と思ってしまいます。

◆この4つの手紙を読んで、これから特攻して死にに行くというのに、あまりそのことを感じさせない、とても潔い感じがして、とても自分はこんなすごいことはいえないだろうなと思いました。

◆特攻隊の人たちは、皆若くして亡くなり、大切な人と別れなくてはならないのはとても悲しかったことだと思いますが、国のためだと涙をこらえる人も多かったことでしょう。命をなくすにもかかわらず、家族の幸福を祈ったり、誇りと喜びを感じたりしていて、すごいと思いました。また、こういう人たちがいて今の日本があることを、誇りに思うべきだと思いました。

◆特攻隊の方々の家族への手紙を読むと、すごく悲しくなりました。みんな特攻隊として死ぬことを、不幸だとも悲しいとも思っておらず、むしろ立派だと思っていることが、より悲しくさせました。
 ただ、大切な人の幸せを願っているということがとてもよく伝わりました。もしも自分が特攻隊として死ぬことになったら、大切な人の幸せを願ったりするのかなと思いましたが、死ぬことが立派だ、喜ばしいことだ、とは思えないかなと思いました。

◆私はまず、特攻隊の人たちが、自分たちが死んでしまうことを怖がっていないことに驚きました。その上、国のために命を捧げることに誇りを感じているなんて・・・、信じられません。現在の私たちでは考えられないと思います。
 特に印象に残っているのは③の植村さんの手紙です。自分がもう子どもに会えないとわかっているのに、子どもの将来を思いやったり、周囲の人たちに感謝する気持ちを教えたりするなんて、なんて立派な父親なんだろうと思って、本当に感動しました。
 この手紙を書いた人たちも、心の奥では死ぬのが怖くてたまらなかったと思います。それに、彼らの母親や父親も、きっと嘆き悲しんだのではないかと思います。でも日本を守ろうと、最期まで命をかけて戦ってくださった人たちには、とても感謝の気持ちでいっぱいです。私たちは、こんなふうにして日本を守ってくれた人たちに恥ずかしくないような日本を作っていかなければと強く思いました。
スポンサーサイト

大東亜戦争の感想文

自由社の「新しい歴史教科書」を使った授業。
中学生の授業後の感想文(5分以内で書く)を少し紹介します。

「日中戦争(シナ事変)」のあと、「中国をめぐる日米関係の悪化」「第二次世界大戦の始まり」「大東亜戦争(太平洋戦争)と日本軍の快進撃」「大東亜会議とアジア諸国」「戦時下の国民生活と苦戦する日本」とやってきました。

紹介するのは、上記の最後の授業で書かせたものです。中学2年生です。代表的なものだけですが・・・。

・日本は悪いやつだと思っていたけれど、日本は他の国を助けたりしていていいやつだと思った。

・いま日本人の魂の話を読んだとき(特攻隊員の遺書のことです)、歴史に関する仕事をしたいという思いが強くなった。今まで小学校や塾で日本のマイナス面に関する内容ばかり教えられたが、今授業を受けて、先生の思いが伝わってくると、もっと日本のプラス面を探したいという思いが強くなった。

・大東亜会議、大東亜宣言の内容が、こんなにも大切で深いものだとは知りませんでした。しかも、戦争に負けてしまったのに、その宣言はちゃんと結果を出していて(戦後のアジアの独立や人種差別の廃止のこと)すごいなと思いました。

・大西洋憲章で「領土の拡大や変更はしない」と約束したにもかかわらず、まだまだ続く北方領土問題などがある。われわれは立ち上がってこの真相を証明すべきではないだろうか。

・日本としての立場が隠され、すべて連合国の思うとおりの言い方で歴史が塗りかえられていることがわかってきた。本当の日本の歴史をもっと学びたい。

・今日の授業を聞き、日本の素晴らしさ、勇敢さがよくわかった。負けてはしまったけれど、日本が出した大東亜共同宣言が実現できて本当に良かったと思う。

・小学校で習った大東亜戦争は、日本の身勝手な侵略戦争だと教えられました。でも事実は日本がやむを得ず引きずり込まれた自衛のための戦争だたっことを知りました。また欧米に支配されていたアジアの解放という意味もありました。もっと詳しく知りたくなりました。

・日本は、他の連合国とは違って、占領した土地の人々に、戦争のやり方を教えたり、教育を行うなど、すごいことだと思いました。

・今まで、この戦争のことを太平洋戦争とよび、ただ枢軸国が負けたのだとだけ覚えていたが、このような背景や事実があったことを知り、東南アジア諸国に親日国が多い理由が理解できた。知ることができてよかったと思う。

8割方こんな感想文でしたが、内容を理解できてない生徒や、次のような感想を書いた生徒もいました。

・これは日本からの目線なので、他国からの目線でも勉強してみたいと思いました。

・日本はとても良いようにとられていて良いことだけど、日本も悪いことをしているのではないかと思い、向こうの国ではどう教えられているのだろうと思った。

これはこれで大いにほめておきましたが、
「歴史というのは、まず祖国の目線でしっかり学んでおかないといけない。それが、国のためにつくしてきた先祖に感謝する日本人の歴史であり、いまはそれをしっかり学んで日本人としての誇り持てるようにしましょう」
という感じで、私の考えも伝えました。
そして、「すばらしい感想なので、高校や大学に行ったら、あなたの感想を生かした「歴史学」を学べますよ」と指導しておきました。

まだまだわからんことだらけで、手探りで進んでいます。
教科書を渡しただけでは片付かないことがあり、だから私どもの出番があるということかもしれません。
ご教示いただければ幸いです。

授業「第二次世界大戦の始まり(後半)-経済封鎖で追い詰められる日本」

2年生「第二次世界大戦の始まり(後半)」をやりました。

始めに、ヨーロッパの戦争と日本の戦争はまったく意味が異なっていたということを教え、日本とナチスドイツを(三国同盟があったからといって)ごっちゃにしてはいけないと言うことをしっかり教えました。
ナチスのユダヤ人虐殺(1200万人)はヨーロッパ人のユダヤ人差別が行き着いた果てに起きたことであり、日本人には人種差別はなかったこと。日本はユダヤ人をたくさん助けたということを、自由社版歴史教科書P229の「迫害されたユダヤ人を助けた日本人」を読ませ、樋口季一郎と杉原千畝を教えました。

続いて、前回の続きとして「経済封鎖で追い詰められた日本」というテーマで進めました。

1946(昭和16)年4月、日本は明治以来のアメリカとの友好を守るべく、日米平和交渉を始めます。アメリカがシナを援助しているのはわかっていましたが、戦争は避けたかったからです。近衛文麿 VS F・ルーズベルト。

日本はシナ事変(日中戦争)を終わりにしたかったが、ソ連と米英が蒋介石に「講和するな」と命じ、援助を続けたていたことを復習。うする中で、日本はABCD包囲網によって経済制裁を受けていたことも教えます。

しかし、日本はこれも耐えて、自力でシナ事変を解決すべく、フランス政府(ビシー政権)と合意の上で平和的に南部仏印に進駐しました。
1 援蒋ライン(ビルマライン)を断ってシナ事変を終わらせるため。
2 南方の資源獲得をめざすため(蘭印の石油など・・・オランダはドイツがおさえている)。

ところがアメリカはこれを許しませ縁でした。
7月、在米日本資産の凍結と石油(ガソリン)の全面輸出停止です。

ルーズベルトは、日本との戦争を決意し、準備を整え、日本に先に手を出させるために、平和交渉を長引かせていました。ルーズベルトがたいへんな日本人差別主義者だったことをしっかり教えておきます。資源のない日本は追い詰められていきました。

それでも日本は日米和平を求めて交渉を続けましたが、これ以上の平和追求は難しいと考えた近衛文麿首相は内閣を投げだしてしまいました。次の総理大臣は陸軍大将の東条英機です。東条は昭和天皇の平和への願いを知り、その後もけんめいに戦争を避けようとして交渉を続けました。

しかし、 11月、アメリカは日本にハル・ノートを突きつけました。国務長官コーデル・ハルの名前で出された日本に対する最後通牒でした。書いたのはソ連のスパイだったハリー・デクスター・ホワイトでした。
近衛内閣の回りにも、尾崎秀実などのスパイがいたことを教えます。日米のソ連スパイは、日米戦争を起こすために工作を続けていました。

教科書「ハル・ノート(一部抜粋)」を読ませます。「3 日本は中国およびインドシナからいっさいの軍隊と警察を引き上げるべし。4 日本は南京政府を否定し、蒋介石政府を正当な中国政府と認めよ」
また、プリント資料「東郷茂徳外相の回想:日本はハルノートをどう受け止めたか」を読ませて、次のように問いました。

「みなさんが、当時の日本のリーダーだったら、どちらを選びますか? その理由をノートに書きなさい。
A ハル・ノートを拒否する(戦争もやむなし)
B ハルノートを受諾する(戦争を避け、アメリカに屈服する)」

意見は、A 拒否する 18名、 B 受諾する 16名と、まっ二つに分かれました。

主な意見は次の通りです。

A ここまでやっってきたのだから、この際アメリカだろうが何だろうが戦う。交渉を向こうから打ち切ったんだからしょうがない。

B 戦争するよりもハル・ノートを受け入れた方が、被害が少ないのではないか。日本の被害を少なくすることが大事だと思う。

A 私はAです。理由は、日本の明治からの努力が全くなくなってしまうからです。ハル・ノートを受け入れれば、日本は欧米強国と対等な関係ではなくなってしまいます。それは日本がこれまでやってきたすべての国づくり、すべての外交を無駄にしてしまいます。だから、私は、戦争は本当にいやだけれど、これでは戦うしかないと考えました。

B ハル・ノートはたしかに日本は弱い時代に戻れと言っているが、アメリカ、イギリスという強大国を相手に戦争するよりはまだましだと思う。中国から撤退して、日中戦争も止めた方がいい。

A これまで日本のために死んでいった人たちに失礼ではないか。

B ABCD包囲網が完成し、追い詰められている今、戦争をすれば負けることはわかっているのではないか。もし負けたら、東南アジア、中国だけでなく、日本本土さえ危うくなる。今は臥薪嘗胆で、本土防衛に徹するべきだ。

A Aお選んでも、Bを選んでも日本はぼろぼろにされてしまう。そうだとしたら少しでも光り(勝つかも知れない)のあるほうを選びたいと思った。

B 戦わないで降参するのはいやだが、アメリカと戦争をして、たくさんの死者が出て、負けてしまえば、ハルノートを受け入れたのと同じか、もっとひどくなってしまう。戦争はやめよう。

A ハル・ノートを受け入れたら日本は日本ではなくなる。

B とにかく戦争だけはいやだ。


と、こんな具合でした。

日本政府(東条英機首相)は、内閣一致で対米戦争やむなしという決定を下し、大日本帝国海軍はアメリカの真珠湾をめざし、また東南アジアのイギリス艦隊めざして出発していきました。そして、日本は米英に開戦の通知を行いました。

以上です。
プロフィール

授業づくりJAPANさいたま代表:齋藤武夫

Author:授業づくりJAPANさいたま代表:齋藤武夫
戦後70年間日本の教育は根無し草の「世界市民」を育ててきました。そのため小中学校の歴史教育はウソとタブーによって大事な内容が教えられていません。また誤って教えられています。
「授業づくりJAPAN」は、日本の教育のウソとタブーを排し、真実とフェアネスを取り戻していきます。
かつてGHQに禁じられた教育は現在も禁じられたままです。私たちは「日本人を育てる教育」を取り戻します。そのために、命ある限り授業づくりとその普及につとめます。私たちは「誇りある日本人」こそが「真の国際人」になれると信じています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
12 | 2014/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
FC2カウンター
ご訪問ありがとうございます!
FC2ブログランキング
ワンクリック!応援よろしく御願いします。

FC2Blog Ranking

人気ブログランキングへにほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
にほんブログ村
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。