スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京裁判の授業:弁護側の反論

数年前から手探りで進めてきた東京裁判の授業改訂版の一部を報告します。

以下の検察側の意見を読ませます。

******
検察側の意見(アメリカを中心とする連合国)
◆被告は有罪だ
 日本は、太平洋戦争において、「平和に対する罪」と「戦争犯罪」をおかしました。したがって、当時日本の指導者だった被告たちは明らかに有罪です。

【平和に対する罪】①日本はアメリカを攻撃し、平和をやぶった
 一九四一年の十二月八日、日本海軍の航空部隊がいきなり、ハワイの真珠湾にあったアメリカ海軍基地を攻撃してきました。それは、ここにいる被告たちの命令でひき起こされたのです。日本が攻めてこなければこの戦争は起きていないのですから、この戦争の全責任が日本にあることは明らかです。
 当時から世界の国々は、このような侵略戦争を禁止していました。日本はこの約束に違反して「平和に対する罪」をおかしたのです。
 しかも日本から「戦争を始める」という手紙が届いたのは、真珠湾攻撃が始まった後でした。われわれは、このようなひきょうな不意打ち攻撃を断じて許すことができません。

②日本は中国を侵略した
 日本の平和に対する罪は、中国への侵略にもあてはまります。侵略とは、理由もなく一方的によその国に攻めこんで、そこを自分のものにしてしまうことです。満州事変も日中戦争も、日本の戦争はすべて自分勝手で強盗のような戦争でした。

③日本は東南アジアにも侵略した
 さらに、日本は、イギリス・オランダ・アメリカの植民地だったビルマ・インドネシア・フィリピンなど、東南アジアにまで侵略してきました。そして、西洋諸国が築き上げてきたアジアの平和をやぶったのです。それは、東南アジアにおける西洋諸国の正当な権利をふみにじり、東南アジアを、自分たちの利益のために支配しようとして行われたものなのです。

【戦争犯罪】
●日本は戦争犯罪を犯した
 日本軍は、いたるところで戦争のルールをやぶり戦争犯罪をおかしました。中国や東南アジアのふつうの市民を殺したり乱暴したりしたのです。なかでも南京大虐殺はひどいものでした。何万人もの市民が、日本軍によって残虐に殺されました。これは、国際社会が決めた戦争のルールに違反した恐ろしい犯罪でした。
 それ以外にも、日本軍の戦争犯罪はたくさんあります。日本軍が東南アジアを占領したとき、わが連合国の捕虜たちが日本軍によって虐待されました。フィリピンでは、大勢の市民が殺されたり、暴行されたりしました。
これらの戦争犯罪に責任のある被告たちが、有罪であることは明らかです。

*********

今年は、ここで弁護側の意見は読ませないで、次のように指示しました。

『日本と日本のリーダー達が不当な攻撃を受けています。みなさんは、ここで東京裁判の弁護人になって、被告達を弁護してください。これまで学んできた昭和の歴史の真実を生かして、ぜひとも無罪を勝ち取る意見を書いてください。時間はおよそ15分です。』

全員がいっしょうけんめい取り組んでくれて、およそ80枚ほどの弁論書が私の手元にあります。2つ(男女各1)紹介してみます。

これまでの私の授業の不十分さや反省点がわかってしまいますが、中学2年生が健気に日本を弁護してくれましたので、まずは大いに褒めてやりたいと思っています。


【男子】
「平和に対する罪」の①について、宣戦布告が遅れたのはおよそ1時間だけです。宣戦布告なしに強襲をかけたことがあるのは連合国側も同じです。

②について、「侵略」定義がそれであるなら、日本のしたことは「侵略」にはあてはまりません。満州事変はたび重なる日本の民間人への暴行などが原因であり、それを抑止するために起きたことです。
また日中戦争についても、盧溝橋事件や通州事件など、日本人への暴行虐殺が相次ぎ、これを重く見た日本が抑止策に打って出ただけです。
これらの、例としてあげられた戦争にはしっかりと理由があり、「侵略」にはあてはまらないと言えます。

③について、開戦の詔勅でも明らかなように、日本の戦争の目的は自尊自衛と、もうひとつアジアの解放が含まれています。これにも理由があり、「侵略」とは言えません。そして、日本が行ったことは、支配や植民地化ではなく、解放であります。

「戦争犯罪」について、
日本は戦争犯罪を犯したといいますが、戦時下の精神状態はとても不安定であり、戦争犯罪を犯してしまうのは連合国側にもたくさんあったことは、リンドバーグの日記を見てもわかります。
むしろ戦争犯罪がなかった戦争は日本の日露戦争のみです。
またアメリカが戦時国際法を破っていることは明らかです。
民間人の殺傷は禁止であったはずが、主要都市への空襲や、東京大空襲、原爆の投下で、わが国の民間人がたくさん殺されました。
このような戦争犯罪を平気で犯している国に、日本を裁く権利はないと思います。


【女子】
検察側の意見では最初から日本だけが悪いという前提になっているけれど、アメリカも戦争をしたんだから同罪なはず。
でも、日本はアメリカに追い詰められて(経済封鎖・ハルノート)自分の国を守るために「自尊自衛」の戦いだったので、この戦争は、追い詰めてきたアメリカのほうが悪いんです。

①について、
真珠湾攻撃は前日に日本が電報を出したから「いきなり」ではない。これは大使館のミスなのだから、この被告達のせいではない。

②について、
日中戦争は日本が仕掛けたのではなく、毛沢東やスターリンからのコミンテルン指令によって、周りがその方面へ仕向けていたのである。通州事件などむしろひどかったのは中国のほう。満州事変も自衛の戦いだから、強盗のような戦いではない。

③について、
「西洋諸国が築き上げてきたアジアの平和」とあるが、植民地にした時点で、それらの国々の平和はやぶられているはず。日本は植民地を救おうとした。
(時間切れ、続きがあります)
 
スポンサーサイト

2/23 授業づくり例会

自由主義史観研究会授業づくりプロジェクト2月例会でした。

「中国に侵略されたらどうなるか」という服部先生の授業を検討しました。新疆ウイグル自治区(東トルキスタン)が中共に侵略されてどうなったか、いまどうなっているかを中学生に教える授業案です。

ラビア・カーディル氏の自伝と中共・漢人による弾圧の事実を示して、国家の独立を考えさせるもので、たいへん勉強になりました。

いま何も指導しないで中学生に「中国に侵略されたら、あなたはどうしますか?」と問えば、逃げる、降参する、仲良くいっしょにラーメンを食べる、奴隷にされても戦争で死ぬよりまし、などの意見が多数派になると思います。「平和主義と生命尊重」教育の結果ですね。

このままではいけないという問題意識です。

また、竹内先生の「国防教育:スイス編」の授業では、スイス政府『民間防衛』から「乗っ取り戦争」が資料として使われていました。
どうやって国が乗っ取られるかを示しています。

第1段階:工作員を政府の中枢に送り込む。
第2段階:宣伝工作。メディアを掌握し大衆の意識を操作する。
第3段階:教育現場に浸透し「国家意識」を破壊する。
第4段階:抵抗意識を徐々に破壊し、平和や人類愛をプリパガンダとして利用する。
第5段階:テレビ局の宣伝メディアを利用して、自分で考える力を奪っていく。
最終段階:ターゲットとする国の民衆が無抵抗でふぬけになったとき、大量に植民する。

わが国はどの段階ですか?

アンネ関連本事件

アンネ関連本の大量ページ破り事件は組織的な工作である可能性が高いのではないかと疑っています。さっそく米国ユダヤ団体が抗議声明を公開しています。NHK9時のニュースもかなり大きく取り上げました。

ナチスと日本を関連づけようとする情報工作の一環ではないでしょうか。

日本を敗戦国のままにしておくためには、東京裁判史観(と共産主義史観の合体)をそのままにしておくことが最も重要であり、「ナチス=大日本帝国」としておくのが欧米と特亜にとって最も効果的な方針だからです。

そのために、日本の保守主義をネオナチというイメージでくくろうという戦略が有効であり、先日のフランス漫画祭などの工作も基本的にこの路線にそったものだったと思います。

そうすることで日本がやろうとしている歴史見直し運動は、ナチスを評価するのと同じだというイメージで欧米に伝染していきます。中韓は明らかにそれを狙っていると思われます。ナチスを評価する者は人類と文明の敵だからです。

ドイツはナチスだけに罪を押しつけて彼らを皆殺しにして、その結果、ドイツ国軍とドイツ国民は無罪になりました。
だからドイツは戦争を謝罪したことはありませんし、ネオナチは永遠にドイツ国民の敵であるとしたのです。

このため、歴史を見直す必要はドイツにはありません。だからドイツは先頭に立って旧同盟国日本の歴史見直しを叩くわけで、それこそがドイツの地位向上につながるのです。

わが国の歴史見直しのほんとうの困難はここにあることを見定めておきたいと思います。

昭和の戦争・期末テスト

昨日やった2年生の学期末テストを採点しました。
正答率は全問で67%でした。
設問は、シナ事変以後、大東亜戦争・大東亜会議・終戦まで。
昭和の戦争をたいへんよく勉強してくれました。
いくつか紹介します。

・開戦の詔勅を読んで、「戦争目的は何ですか?」(自存自衛・正答率90%)
・大東亜宣言を読んで、第五項「大東亜各国は世界の国々と友好を深め(  )を廃止する」の穴埋め(人種差別・83%)
・サイパンの防衛が非常に重要だったのはなぜですか?(本土空襲が可能になるから・63%)
・硫黄島の戦いの司令官は誰か?(栗林忠道中将または大将・73%)
・東京大空襲と原爆投下が戦争犯罪であることを説明しなさい。(民間人を殺傷すること、残虐な兵器の使用は、戦時国際法に違反してる等。76%)

もうすぐ今年度が終わろうとしています。

授業「東京裁判」について

2/14
今年は検察側の主張だけを資料として配った。
そして、「満州事変からいままでの学習を元にして、日本を弁護する意見を書きなさい」と指示してみた。
時間はおよそ15分。

やはり少し難しかったようで、書けているものが少なかった。
時間が足りなかったこともある。
3学級でやってみて、改めて報告してみたい。

*昭和時代の「東京裁判の授業」参照

2/10

6日に義父が亡くなった。
8日が通夜、昨日が告別式。
ほんとうに身内だけであったかい集まりだった。
96歳。
大往生である。
○○子さんをもらいたいと言いに行ったらいきなり玄関先でぶんなぐられた。
その後だいぶたってから和解できたが思い出すのはその日のことばかりである。
昭和の「父」がまた一人いなくなった。
しかたのないことだけれど悔しい。

1月末から、小谷野敦の『もてない男』『バカのための読書術』『中庸ときどきラジカル』『日本人のための世界史』を読んだ。
反天皇制の愛国主義者という立場のあることを初めて知った。
たしかに盲点ではあった。

北方領土の日


本日は北方領土の日です。

ちょうど2年生に「終戦外交と日本の敗戦」を教えました。
その中で、ソ連については以下の内容を教えました。

ソ連(ロシア)がヤルタ会談で密約(対日参戦と南樺太・千島領有)をしたこと。
この密約で大西洋条約の条項がウソであったことが明白になったこと。
ソ連が2発の原爆が落とされた後に、卑怯にも日ソ中立条約を破って満州と南樺太に侵略してきたこと。
満州における日本人への暴行・虐殺の数々。60万人をシベリアに強制連行して強制労働をさせ、6万人を死に至らしめたこと。
千島には、なんと8月15日の終戦後になってから、攻め込んできて、千島と北方領土を略奪したこと。
返せ!北方領土!!!

全国の教師の皆さん、北方領土のこと、今年もちゃんと教えましたか?
http://www.hoppou.go.jp/nettv/inform/a/

授業「戦時国際法と戦争犯罪」

自由社版「新しい歴史教科書」のコラム(見開き2ページ)を授業しました。

ずいぶん思い切ったところがあるので、問題があればご指摘いただきたいと思います。
だいじな少国民ですのでより望ましい知恵をつけていきたいと思っていますので、ご協力いただければ幸いです。

****

さて、世界は国家でできているという話から始めました。
近代うんぬん、ウエストファリアうんぬんは省略して。

国家と国家のトラブルが起きる。

A 交渉(話し合い)で解決する。

B 戦争(武力)で解決する。勝ったほうが有利に解決して、講和条約が結ばれ、トラブルは終わる。

となります。ほかに方法はありません。
という原則を板書してノートを取らせました。

例を挙げます。

1 いま尖閣を中国がとろうとしています。でもこれは日本領土で実際日本が支配しているのでトラブルになりません。でも中国が本気で取りに来ればBに行くでしょう。覚悟しましょう。

2 いま竹島は日本領土ですが、韓国に武力で支配されてしまっています(侵略です)。日本は国際司法裁判所で話し合おうとよびかけていますが無視されています。日本がどうしても取り返さなければならないと思ったら、戦争しかありません。日本は戦争がいやなのでそのままにしています。

3 いま、多くの日本人が北朝鮮に強制連行(拉致)されています。話し合いで5人帰ってきましたが、まだ100人以上残っています。日本がどうしても取り返そうと思ったら、最後はやはり戦争しかありません。日本は戦争がいやなので、拉致された日本人は政府と日本国民にそのままにされています。

もしアメリカだったら、自国の領土をとられっぱなしにはしませんし、国民がひどいめにあっているのをほったらかしたりしません。
すぐ戦争で解決します。
こういうところは、いまも世界は弱肉強食で動いています。

だいじなことですが、戦争の時は敵は殺さなくてはいけません。自分や大事な家族が殺されてしまうからです。ですから戦争で人を殺すことは刑法上の殺人ではないのです。逃げていく敵兵も殺さなくてはなりません。彼らが戻ってきたら敵の人数が増えてしまうからです。

国家と国家の戦争は、けんか(リンチ)ではなくて、正々堂々の決闘でなけらばならない。そういう考えが生まれて少しずつルールができていきました。喧嘩やリンチと異なり決闘にはルールがあるからです。

このルールを「戦時国際法」と言います。
たくさんあるが主なものは4つだから、いざというときのために覚えておこう。

戦時国際法の要点

1 一般人を殺傷してはならない。婦女子に乱暴してはならない。
2 捕虜を殺傷してはならない。
3 残虐で非人道的な兵器を使用してはならない。
4 スパイやゲリラは殺してよい。

一般人と兵士の区別、捕虜・残虐な兵器、スパイ・ゲリラなどをかんたんに定義しておきます。

戦時国際法はしばしば破られる。
悪いことをした兵士は憲兵(軍の警察)に逮捕され、軍法会議(軍の裁判所)で裁かれ処刑されます。
世界各国同じですが、帝国陸軍にもそういう不届き者がいて処刑された例があります。

ところで、おどろくべきことに、戦時国際法がほぼ完璧に守られた戦争が1つだけありました。
日露戦争です。
ロシア軍は逃げるばかりでやぶるひまがありませんでした。
明治の帝国陸海軍は、将兵全員に戦時国際法を勉強させ、しかも、戦地にまで国際法学者を連れて行き、完璧に守りました。
日露戦争の日本軍は奇跡の軍隊だったのです。

戦時国際法がしばしば破られたのは、戦争という非常時の中で正気を保つのがむずかしいからです。これは、硫黄島の戦いを学んだ皆さんは十分想像できるでしょう。

いちばんやぶったのはソ連軍とアメリカ軍でした。いちばんやぶらなかったのは日本の陸海軍でした。

アメリカの例を読みましょう。

【資料】「リンドバーグの日記・抜粋」を読みます。
*資料は省略しますが、米軍の投降した日本兵や捕虜に対する扱いが克明に書かれています。また、ナチスのユダヤ人収容所の跡を見たときに、南洋での米軍がやったことにそっくりだったと書いています。

ソ連軍の例は満州侵攻の記録を紹介します。そして、これらは極端な例だが、前線の兵士にこれと同様のことはすべての戦争(現在も)にある。
日本軍もそれはあったかもしれないが、日本の一番ひどい例とされる「南京大虐殺」はでっちあげであると教えました。

しかし、この戦争では、一国の指導者(大統領)や司令官が、計画し命令し実行した戦争犯罪があったことでした。これこそまさに人類の恥です。
として、以下の3例を「日本人なら、この戦争犯罪だけは忘れるな」と教えました。

1 東京大空襲:10万人虐殺。これはカーチス・ルメイ司令官(米)

2 原子爆弾投下(広島・長崎):27万人虐殺。これはトルーマン大統領(米)。

3 60万人のシベリア抑留(強制連行)・極寒の強制労働・6万人死亡。これはスターリン(ソ連)。

日本軍はこのような恥ずべきことはいっさいありません。誇りに思いなさい。

このように戦争犯罪だらけの大東亜戦争ですが、きわめてまれな人道的な例が1つありました。

【資料】「海の武士道」を紹介します。
*大日本帝国海軍・駆逐艦「雷」(工藤俊作艦長)はジャワ海戦で重巡洋艦「足柄」の護衛として活躍。
単艦行動中、沈没した英重巡洋艦「エクセター」、英駆逐艦「エンカウンター」の乗員(漂流中)合計422名ものイギリス兵を救助。後に病院船に引渡した。

これは世界中で「海の武士道」、日本海軍の奇跡と賞賛されていることを話した。誇りに思いなさい。

最後に、まとめとして、このような事実にもかかわらず、最も戦争犯罪の少なかった日本だけが悪玉として戦争犯罪を裁かれ、戦争犯罪が多かったアメリカとソ連は正義の戦争をやったことになってしまいました。なんでだ??

その謎を、次回解いていきましょう。


(生徒の感想文は1つだけ)

・なんで負けた日本だけが戦争犯罪にされて、もっとひどいことをやっているアメリカは裁かれず、いまも日本が悪かったことになってるのは、正直意味不明だ。日本海軍が敵の兵士たちを助けたのを知ったときは感動した。

授業「苦戦する日本」感想文

「苦戦する日本」ということで、総力戦体制の銃後の生活と、ガダルカナルの戦いから沖縄戦までを追いました。

資料は「アッツ島の玉砕」(展転社「昭和の戦争記念館第3巻より抜粋)と「特攻隊員の遺書」(靖国神社「英霊の言乃葉」などより)を使いました。両方とも、自由社版「新しい歴史教科書-教師用指導書」のものを使っています。

・日本のために命を捧げて死んでいった人々の勇気に感動しました。戦争は二度と起こしてはいけないし、死んでいった人々のためにも、日本を守らなければいけないと思いました。
これは女の子です。

・やはり戦争はあってはならないと思いました。あんなに若く、あんなに悲しい。その悲しさの中で、戦争を嫌がらずに進んでいくのはすばらしいと思いました。これからまだまだ人生があるのに、国のために戦う人たちを本当に尊敬します。日本の誇りであると実感しました。
これは男の子。

・20余年しか生きていないのにとても凄い心を持っていると思いました。死は恐いと思います。でもそれを心の底に隠して、家族を安心させる手紙をよく書けたなと思います。これはひとことで言うと「強い」だと思います。彼らの強さを尊敬します。祖先がこのような人たちだったことを誇りに思います。今も天国からわたしたちを見ていてくださるとうれしいです。
これは女の子。

・感動した。安倍総理がおまいりした神社の意味がわかった。
これは男の子。

今日はいろいろ重なって5時間もやるはめになりへとへとでしたが、生徒の感想文を読んで癒やされています。

続々フランスで

アングレームの一件について、上念司氏の解説が妥当だと思いました。

http://www.youtube.com/watch?feature=youtu.be&v=7xAZjZAWKTQ&desktop_uri=%2Fwatch%3Fv%3D7xAZjZAWKTQ%26feature%3Dyoutu.be&app=desktop

わたしは4年前まで小学校の教員でした。
歴史教育を変えたいと思って授業をやってきて、
もう絶版になりましたが授業記録を扶桑社から出版しました。

本ブログに収めている「東京裁判も授業」もそうですが、検察側の主張と弁護側の主張の両方を示したうえで、裁判の不公正さを教えてきました。
さらにそのうえで、現代日本の裁判を肯定する意見と批判する意見の両方示して、児童に考えさせるようにしてきました。

しかし、退職して中学校で教えてみて次のように考えるようになりました。

東京裁判の検察主張、現代日本の東京裁判史観・・・これらはほとんどすべてがウソでできているプロパガンダなんだと。

私はバカ正直に、自由主義社会の教育の正しいありかたを追求し、日教組のような洗脳教育はやらないぞという覚悟で貫いていたわけですが、なんというお馬鹿さんなことだったかと。

それはですね、昭和の日本がやられたことと戦後の日本が、特に80年代以後の日本がやられていることはまったくおんなじではないかと気づいたからです。

コミンテルンにやられたこととまったく同じではないですか。
そうして日本は滅びてしまいました。

国が滅ぼされてからでは遅い。
そう思いませんか。

いまわれわれが直面しているのはまさに国の存亡をかけた戦争ではないのでしょうか。

しかも、わが国民の多数は、いえ政治家や官僚の多くも含めて、プロパガンダにやられてしまっています。
まさに、昭和前期の日本とまったく同じです。
心ある国民がいまこそ立ち上がるべき時ではないでしょうか?

とにかく私は明日も教室で戦います。
プロフィール

授業づくりJAPANさいたま代表:齋藤武夫

Author:授業づくりJAPANさいたま代表:齋藤武夫
戦後70年間日本の教育は根無し草の「世界市民」を育ててきました。そのため小中学校の歴史教育はウソとタブーによって大事な内容が教えられていません。また誤って教えられています。
「授業づくりJAPAN」は、日本の教育のウソとタブーを排し、真実とフェアネスを取り戻していきます。
かつてGHQに禁じられた教育は現在も禁じられたままです。私たちは「日本人を育てる教育」を取り戻します。そのために、命ある限り授業づくりとその普及につとめます。私たちは「誇りある日本人」こそが「真の国際人」になれると信じています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
01 | 2014/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 -
FC2カウンター
ご訪問ありがとうございます!
FC2ブログランキング
ワンクリック!応援よろしく御願いします。

FC2Blog Ranking

人気ブログランキングへにほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
にほんブログ村
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。