昭和の戦争ノート8

陸軍中将土肥原賢二は、昭和14(1939)年6月号の『中央公論』に、
「新時代を戦う日本」と題する論文を書いているます。




「今次事変(支那事変)の聖戦の意義は、
単に国家が自己の生存上の問題や、
発展のためのみに戦っているのではなくして、
世界の正義と新秩序と、
新文化のために戦っておることである。
今次事変を契機に、
東亜の新秩序、
東亜の協同世界、
東亜の新文化、
戦争の世界史的意義等々が、
さかんに論議されるに至ったのは、
このためである」

「東亜協同体の理念は、
今次事変の血と硝煙と犠牲と死の中から、
われわれが得た貴重な理念である」

「東洋はわれわれの真理で支配するか、
それともわれわれ東洋人は、
欧米デモクラシーや、ソ連のボリシェビキの奴隷となるか、
われわれの理想か、
われわれの新文化か、
彼らの旧支配か、
われわれの新時代か、
彼等の旧時代か、
血の決意のみがこの結果に勝利する」

「ここに、われわれが今回提唱し、
実践しつつある、
東亜協同体の政治的意義の重大性がある」




三田村武夫は、
当時参謀本部にいた土肥原陸軍中将の論文が、
三木清や平貞蔵や尾崎秀実らの論文と、
内容も修辞も酷似していると指摘し、
「当時、軍閥とその背後に何があったかを物語る証拠」
と述べています。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

授業づくりJAPANさいたま代表:齋藤武夫

Author:授業づくりJAPANさいたま代表:齋藤武夫
戦後70年間日本の教育は根無し草の「世界市民」を育ててきました。そのため小中学校の歴史教育はウソとタブーによって大事な内容が教えられていません。また誤って教えられています。
「授業づくりJAPAN」は、日本の教育のウソとタブーを排し、真実とフェアネスを取り戻していきます。
かつてGHQに禁じられた教育は現在も禁じられたままです。私たちは「日本人を育てる教育」を取り戻します。そのために、命ある限り授業づくりとその普及につとめます。私たちは「誇りある日本人」こそが「真の国際人」になれると信じています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
FC2カウンター
ご訪問ありがとうございます!
FC2ブログランキング
ワンクリック!応援よろしく御願いします。

FC2Blog Ranking

人気ブログランキングへにほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
にほんブログ村
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる