FC2ブログ

昭和の戦争ノート10

今日も、三田村武夫『大東亜戦争とスターリンの謀略』から、以下引用します。



この政府声明(国民政府を相手にせず)に呼応して、
同月(昭和13年1月)19日付読売新聞夕刊一日一題欄に、
「長期戦の覚悟」と題する三木清の論文があらわれたことは、
注目に値する。
彼はその中で、

「いよいよ長期戦の覚悟を固めねばならぬ場合となった。
それはもちろん、
新しいことではなく、
事変の当初から予想されていたことである。
今更、改めて悲壮な気持ちになることはない」

「長期戦の覚悟として必要なのは、
強靱性である。
長期戦となれば、いきおい局面は複雑化し、
思いがけないことの起こってくる可能性も増えるわけであるが、
これに処していくためには、
強靱な精神が必要である」

と言っている。
三木清が共産主義思想の把持者で、
そのために彼は、昭和17年治安維持法違反として検挙され、
獄中で悲惨な死をとげたことは周知の通りである。

終戦後彼は、
戦争に反対したがゆえに、
軍閥政治の犠牲になったかのごとく伝えられたが、
この論文でも明らかなように、
真っ先に長期戦を支持したのは、
かれら一連の共産主義者のグループであった。




以上引用終わり。

「真っ先に長期戦を支持したのは、
共産主義グループだった」
と言い切ってよいかどうか確かめたいと思います。

コミンテルン第6回大会決議は、
長すぎるうえに、記述内容にかなり矛盾があります。

一方で「帝国主義戦争に反対せよ」(この部分は三田村は引用していない)と言いながら、
「帝国主義戦争は必然」
「帝国主義戦争を内乱に」
「戦争が起きたら、自国が敗北するように工作せよ」
とも言っています。



関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック