スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昭和の戦争ノート12

坂野潤治『日本近代史』(ちくま新書)から引用します。



第一次大戦後から1932(昭和7)年の5・15事件まではの10数年間の政治においては、政友会と憲政会(民政党)が外交において一長一短であった1920年前半の時代の方が、政治の安定と進歩に役だったように思われる。
両党のどちらが勝っても、「平和」か「民主主義化」の一つは担保されるからである。
反対に、憲政会(民政党)が勝てば「平和と民主主義」が、政友会が勝てば「侵略と天皇主義」が協調されるという1925年から32年にかけての二大政党制は、政党政治だけでなく、日本国家そのものを危機に導いた一因だったように思われる。
(「第6章 危機1925-1937」より)




政党と歴代の内閣が、何を主張し何を為したかを見ることが抜けていたように思います。
これまで、そういうアカデミックな(?)政治史をちゃんと読んでいませんでした。

また、自由主義史観研究会を立ち上げた頃は、石橋湛山や清沢きよし(さんずいに列)を読んでいたはずなのですが、このところすっかりごぶさたでした。

やはりしんどかったので、
わかりやすい話にしてしまいたかったのかもしれません。

ま、あせらないで、ゆっくりやっていきましょう。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

授業づくりJAPANさいたま代表:齋藤武夫

Author:授業づくりJAPANさいたま代表:齋藤武夫
戦後70年間日本の教育は根無し草の「世界市民」を育ててきました。そのため小中学校の歴史教育はウソとタブーによって大事な内容が教えられていません。また誤って教えられています。
「授業づくりJAPAN」は、日本の教育のウソとタブーを排し、真実とフェアネスを取り戻していきます。
かつてGHQに禁じられた教育は現在も禁じられたままです。私たちは「日本人を育てる教育」を取り戻します。そのために、命ある限り授業づくりとその普及につとめます。私たちは「誇りある日本人」こそが「真の国際人」になれると信じています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
ご訪問ありがとうございます!
FC2ブログランキング
ワンクリック!応援よろしく御願いします。

FC2Blog Ranking

人気ブログランキングへにほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
にほんブログ村
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。