スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昭和の戦争ノート14

雑誌「WILL」6月号、藤岡信勝「南京大虐殺を教科書に載せるな」から引用します。




実際、1960年代から70年代に書けての歴史教科書には、
南京事件などどこにも書かれていなかった。

驚くなかれ、
あの教科書訴訟で悪名高い家永三郎の高校日本史教科書ですら、
南京事件はまったく書かれていないのだ。

だから、
南京事件を書かないと近現代史は成り立たない
などということはまったくない。

では、中学校教科書に南京事件はいつから登場したかというと、
昭和50年(1975年)使用開始の教育出版の歴史教科書に、

「4万2千の中国の住民を殺害するという事件が起こった」

という記事が載ったのが最初である。

その後、4社、5社と増え、
昭和57年(1982年)に「近隣諸国条項」ができてからは
前者に拡大した(小山常実『歴史教科書の歴史』草思社)。

   藤岡信勝「南京大虐殺を教科書に載せるな」




私もこの意見に賛成です。

なぜなら、
人道に反する戦争犯罪として教えられている「南京事件」というものは、
なかったからです。

中国も日本も1980年頃までは、
まったくそういう認識はありませんでした。
「南京事件」は、日本の知識人による歴史の書き換えでした。

それは一時の政治的な問題だと思います。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

授業づくりJAPANさいたま代表:齋藤武夫

Author:授業づくりJAPANさいたま代表:齋藤武夫
戦後70年間日本の教育は根無し草の「世界市民」を育ててきました。そのため小中学校の歴史教育はウソとタブーによって大事な内容が教えられていません。また誤って教えられています。
「授業づくりJAPAN」は、日本の教育のウソとタブーを排し、真実とフェアネスを取り戻していきます。
かつてGHQに禁じられた教育は現在も禁じられたままです。私たちは「日本人を育てる教育」を取り戻します。そのために、命ある限り授業づくりとその普及につとめます。私たちは「誇りある日本人」こそが「真の国際人」になれると信じています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
ご訪問ありがとうございます!
FC2ブログランキング
ワンクリック!応援よろしく御願いします。

FC2Blog Ranking

人気ブログランキングへにほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
にほんブログ村
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。