FC2ブログ

昭和の戦争ノート14

雑誌「WILL」6月号、藤岡信勝「南京大虐殺を教科書に載せるな」から引用します。




実際、1960年代から70年代に書けての歴史教科書には、
南京事件などどこにも書かれていなかった。

驚くなかれ、
あの教科書訴訟で悪名高い家永三郎の高校日本史教科書ですら、
南京事件はまったく書かれていないのだ。

だから、
南京事件を書かないと近現代史は成り立たない
などということはまったくない。

では、中学校教科書に南京事件はいつから登場したかというと、
昭和50年(1975年)使用開始の教育出版の歴史教科書に、

「4万2千の中国の住民を殺害するという事件が起こった」

という記事が載ったのが最初である。

その後、4社、5社と増え、
昭和57年(1982年)に「近隣諸国条項」ができてからは
前者に拡大した(小山常実『歴史教科書の歴史』草思社)。

   藤岡信勝「南京大虐殺を教科書に載せるな」




私もこの意見に賛成です。

なぜなら、
人道に反する戦争犯罪として教えられている「南京事件」というものは、
なかったからです。

中国も日本も1980年頃までは、
まったくそういう認識はありませんでした。
「南京事件」は、日本の知識人による歴史の書き換えでした。

それは一時の政治的な問題だと思います。


関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック