FC2ブログ

昭和の戦争ノート17

鈴木庫三の座談会での発言を引用する。
1940年11月号『新若人』掲載。




八紘一宇の精神というのは、
大王亜共栄圏の民族に皆所を得させる、
安定を与えることである。
言葉をかえていうと、
日本人の物質的水準を上げないようにして
満人なり中国人のレベルをそこまで持ってこなければならぬ。
今日の日本人は、
そういう単なる経済的資源であるとか、
あるいは英米にとってかわって、
日本が搾取的な地位に立って、
イギリスの植民地のような真似をやろうという、
けちな考えは全然ないのですからね。
そういう点をあんた方の雑誌を通じて、
どんどん中国のインテリなり青年なりに、
伝えてもらいたいと思うのですね。




鈴木は「教育の国防国家」をとなえて、
国家総力戦体勢の中で、
八面六臂の活躍をした。

彼は極貧のなかに育って、
苦学したが陸軍大学には進めず、
不公平と不平等を憎んだ、
善良なる「ファシスト」だったことがわかる。








関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック