FC2ブログ

考えていることなど

昭和の戦争をどう教えるかは、現在の日本をどうとらえるかと密接に関わります。

冷戦崩壊から30年、日本は混迷と危機の様相を深めてきました。

隣国はすべて確信犯的な反日国家であり、その2つは共産主義です。

つまり日本だけが自由主義の前線でさまざまな攻撃を受け続けています。

しかも、アメリカの冷戦は終わっていて、日米同盟の意味も変わっています。

アメリカは日本の現状が、昭和の戦争における自分たちの失敗と占領政策にあることにほうかむりしています。

ここから現代日本の国づくりの課題は、「独立」になります。

したがって、昭和の戦争と戦後日本を教えることはひとつながりです。

広義の戦争はまだ続いています。

つまり東京裁判史観とは連合国の謀略にすぎず、敗者を誹謗するための虚構にすぎません。

徹底的にこれを否定しつくす授業づくりを進めたいと思います。

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック