FC2ブログ

情況について

日本はいま「歴史戦争」を戦っています。
が、それを自覚している日本人はまだ少ないように思えます。

政治課題も外交課題も経済課題も、日本問題の原点はここにあります。

「歴史戦争」の当面の主要敵は、中共・韓国・北朝鮮です。

また、いまは副次的ですが、より根本的で手強いは欧米諸国(連合国)です。

歴史戦争の主戦場は、韓国併合(朝鮮統治・在日朝鮮人・朝鮮人慰安婦)であり、満州帝国であり、シナ事変(南京事件)であり、大東亜戦争です。

また、副次的な戦場は、「ナチスドイツと日本は同じ罪を負うという歴史観」です。

米ソ冷戦崩壊は、この歴史戦争を推進する働きをしました。

なぜなら、そのとき日本は当然戦後体制から脱却し、
再び独立自尊の国をめざさなければ未来がなくなったからです。

それを最も危険視したのが、中国・北朝鮮・韓国、そして何よりもアメリカだったのだと思います。

そして、彼らは気づきます。

日本の頭を押さえ、平和憲法を守らせ、分相応に生かしておくために、
最も有効な武器は歴史戦争であると。

まさに、その通りで、この情況を最前線で戦い続けた者達こそ、左翼(サヨク)反日日本人勢力でした。

この構図はますます深刻化しています。



大正・昭和の授業づくりは、
こうした現在の日本が追い込まれた状況を克服することをめざさなければならないでしょう。

つまり、朝鮮(韓国)人とシナ人と欧米人との歴史戦争に立ち向かい、事実に基づいて、正々堂々と戦い続けることのできる自立した日本人(先人に感謝し祖国を誇れる日本人)を育成していくことです。




いま、私はつくづく自分の頭の悪さを呪っています。

何度も間違いますが、
ここ10年におよぶ迷いと不明とがひとつの終着点を迎えようとしている気がします。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック