FC2ブログ

不道徳な日本の教育

日本国憲法(とくに前文と9条)は、
日本を不道徳で卑怯な国家にしました。

先人の名誉を守らない。
国家の誇りを守らない。
国民の命を守らない。

同胞の安全のためにも、
祖国の名誉を守るためにも、
国際平和のためにも命をかけない。

戦後の日本の教育は、
結局のところこの憲法に基づいていました。

だから、いくら道徳教育や歴史教育をやっても、
根本が不道徳で卑怯者を育てる教育だったのではないでしょうか。

日本の教育は、
命よりも大切なものがあるのが人間だと言うことを教えない。

中国や韓国のために、子供達にウソの歴史を教える。

皇室への尊敬を教えない。

自衛隊員や警察官や消防隊員への尊敬を教えない。

国家のために死んだ人々への尊敬を教えない。

親や教師や目上の人への尊敬を教えない。

何よりも、支えていただいていることへの感謝を教えない。



東京裁判史観・自虐史観というのは、
憲法9条のことではないでしょうか。

この憲法を変えると主張している政治家と政党は、
安倍晋三と自由民主党しかありません。

今回の選挙は、ここが最も重要だと考えています。

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック