ポツダム宣言

自由主義史観研究会の授業づくりプロジェクト定例会に参加しました。
そこで初めて知ったことです。

以下、長谷川毅『暗闘-スターリン・トルーマンと日本降伏』(中央公論社2006)から引用します。

「ポツダム宣言は意図的に外交文書としてではなく、プロパガンダの手段として、日本政府に対してではなく、直接に日本国民にたいして発表された。したがって、日本政府は短波放送からポツダム宣言の内容を知ったのであり、(トルーマンが回顧録にウソを書いているように)スイス政府からもスウエーデン政府からも、外交文書としてこれを手渡されたのではなかった。」

しかも、「ポツダム宣言の正文は存在しない。署名もオリジナルな署名ではなく、トルーマンがチャーチルと蒋介石の代筆をしている」のです。

短波放送で流されたプロパガンダに正式に回答する政府はありえません。
だから日本政府は非公式に「ノーコメント」と発表したのです。

トルーマンは8月6日広島に原爆を投下しました。
トルーマンは回顧録にこう書いています。
「7月26日の最後通牒がポツダムから出されたのは、日本人を完全な破壊から救うためであった。彼らの指導者はこの最後通牒をただちに拒否した。」

これもウソです。
日本政府は「拒否」などしていません。
非公式なラジオ放送にコメントできなかっただけなのです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

授業づくりJAPANさいたま代表:齋藤武夫

Author:授業づくりJAPANさいたま代表:齋藤武夫
戦後70年間日本の教育は根無し草の「世界市民」を育ててきました。そのため小中学校の歴史教育はウソとタブーによって大事な内容が教えられていません。また誤って教えられています。
「授業づくりJAPAN」は、日本の教育のウソとタブーを排し、真実とフェアネスを取り戻していきます。
かつてGHQに禁じられた教育は現在も禁じられたままです。私たちは「日本人を育てる教育」を取り戻します。そのために、命ある限り授業づくりとその普及につとめます。私たちは「誇りある日本人」こそが「真の国際人」になれると信じています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
FC2カウンター
ご訪問ありがとうございます!
FC2ブログランキング
ワンクリック!応援よろしく御願いします。

FC2Blog Ranking

人気ブログランキングへにほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
にほんブログ村
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる