スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10/29

「神道は宗教に非ず」という解釈は、「信教自由」「政教分離」という近代国家観にもとづいています。

「当時の政府の新知識として代表的な伊藤博文は、明治3年から米国憲法を研究していた。
特にその信教自由・政教分離の法理は、骨髄に徹していた。
後年になって、かれはドイツ法学者に学ぶところが大きかったのは事実だが、グナイストやシュタインから国教論(イギリスにならって神道を国教とせよ)を勧められても、信教問題だけは、頑として米国法理を固守して変わらなかった。
この信教自由・政教分離論は、明治7年ころからようやく政府の主流になってきた」(葦津前掲書)

明治10年西南戦争に至る士族の反乱、またその後の自由民権運動には、この政府の主流になっていった神道政策が大きく絡んでいたようです。

私たちが大日本帝国憲法を正しく継承するためには、この問題は避けて通れないと思います。
まず正しく理解することですが。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

授業づくりJAPANさいたま代表:齋藤武夫

Author:授業づくりJAPANさいたま代表:齋藤武夫
戦後70年間日本の教育は根無し草の「世界市民」を育ててきました。そのため小中学校の歴史教育はウソとタブーによって大事な内容が教えられていません。また誤って教えられています。
「授業づくりJAPAN」は、日本の教育のウソとタブーを排し、真実とフェアネスを取り戻していきます。
かつてGHQに禁じられた教育は現在も禁じられたままです。私たちは「日本人を育てる教育」を取り戻します。そのために、命ある限り授業づくりとその普及につとめます。私たちは「誇りある日本人」こそが「真の国際人」になれると信じています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
ご訪問ありがとうございます!
FC2ブログランキング
ワンクリック!応援よろしく御願いします。

FC2Blog Ranking

人気ブログランキングへにほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
にほんブログ村
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。