スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

感想文「特攻隊員の遺書」

5年前、三重県桑名市の津田学園中学校で教えたときの感想文が出てきたので紹介します。少人数制だったので、これで学級全員分です。

感想文集「特攻隊員の遺書を読んで」 平成22年2月2日の授業から

◆4人とも国のために誇りに思って戦っていることが、とても印象的です。特に、植村さんは、娘の人形をお守りにしていたそうで、娘への愛がすごく感じられるし、お守りがあることで、何倍ものパワーになることが想像つきました。植村さんは、素子さんにとっても、心の中に生き続ける自慢の父親だと思います。日本のために戦った、こんな素晴らしい人たちを、私たちは忘れてはならないと思います。

◆4人とも、感謝の気持ちを忘れずに、日本を守ろうとしているのだと思いました。こういう若者がいたから、日本は逆境に立ってもがんばれたのだと思います。国民は、このような人たちがいたことを、忘れてはいけないと思いました。私も、常に感謝の気持ちを忘れずに生きていこうと思います。

◆この人たちは、まだまだ若いのに、すごい立派な大人の考え方を持っていて、すごいなと思いました。こういう心の持ち主が戦ってくれたおかげで、この日本が今もあるのだから、感謝しなければいけないって思いました。本当に、この人たちは、自分のことよりも人のことを第一に思っていて、すごく心のキレイな人なんだと思いました。

◆特攻隊として出撃するということは、ほとんど死を意味しています。なのに、4人からつらさや恐怖といった感情は伝わってきません。いくら国のため、大切な人のためとは言っても、自分の死をおそれないなってありえないと思います。それを感じさせないなんて、すごく意志の強い人達だったんですね。それとも、本当に大切な人のためなら死ぬことも喜びになるのでしょうか。正直、理解できません。
 ただそういう人達がいたのだと思うと、悲しいというか、切ないというか、そんな気持ちになります。

◆これを書いた人たちは、みんな、自分の命を捨てるようなことなのに、みんな、いやだとか、こんなのやりたくないとか言わずに、逆に、父も感謝してくださいというので、すごいなと思いました。これが特攻隊なんだなと思いました。

◆私は幸せなんだな~と思いました。両親に授かったいのちは大切だけど、国のために命を使いはたしてしまうことの方が大切だと考えるものなのでしょうか?私は幸せだから言えるのかもしれませんが、両親は、子を亡くして幸せに生きられるのでしょうか?と思ってしまいます。

◆この4つの手紙を読んで、これから特攻して死にに行くというのに、あまりそのことを感じさせない、とても潔い感じがして、とても自分はこんなすごいことはいえないだろうなと思いました。

◆特攻隊の人たちは、皆若くして亡くなり、大切な人と別れなくてはならないのはとても悲しかったことだと思いますが、国のためだと涙をこらえる人も多かったことでしょう。命をなくすにもかかわらず、家族の幸福を祈ったり、誇りと喜びを感じたりしていて、すごいと思いました。また、こういう人たちがいて今の日本があることを、誇りに思うべきだと思いました。

◆特攻隊の方々の家族への手紙を読むと、すごく悲しくなりました。みんな特攻隊として死ぬことを、不幸だとも悲しいとも思っておらず、むしろ立派だと思っていることが、より悲しくさせました。
 ただ、大切な人の幸せを願っているということがとてもよく伝わりました。もしも自分が特攻隊として死ぬことになったら、大切な人の幸せを願ったりするのかなと思いましたが、死ぬことが立派だ、喜ばしいことだ、とは思えないかなと思いました。

◆私はまず、特攻隊の人たちが、自分たちが死んでしまうことを怖がっていないことに驚きました。その上、国のために命を捧げることに誇りを感じているなんて・・・、信じられません。現在の私たちでは考えられないと思います。
 特に印象に残っているのは③の植村さんの手紙です。自分がもう子どもに会えないとわかっているのに、子どもの将来を思いやったり、周囲の人たちに感謝する気持ちを教えたりするなんて、なんて立派な父親なんだろうと思って、本当に感動しました。
 この手紙を書いた人たちも、心の奥では死ぬのが怖くてたまらなかったと思います。それに、彼らの母親や父親も、きっと嘆き悲しんだのではないかと思います。でも日本を守ろうと、最期まで命をかけて戦ってくださった人たちには、とても感謝の気持ちでいっぱいです。私たちは、こんなふうにして日本を守ってくれた人たちに恥ずかしくないような日本を作っていかなければと強く思いました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

授業づくりJAPANさいたま代表:齋藤武夫

Author:授業づくりJAPANさいたま代表:齋藤武夫
戦後70年間日本の教育は根無し草の「世界市民」を育ててきました。そのため小中学校の歴史教育はウソとタブーによって大事な内容が教えられていません。また誤って教えられています。
「授業づくりJAPAN」は、日本の教育のウソとタブーを排し、真実とフェアネスを取り戻していきます。
かつてGHQに禁じられた教育は現在も禁じられたままです。私たちは「日本人を育てる教育」を取り戻します。そのために、命ある限り授業づくりとその普及につとめます。私たちは「誇りある日本人」こそが「真の国際人」になれると信じています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
FC2カウンター
ご訪問ありがとうございます!
FC2ブログランキング
ワンクリック!応援よろしく御願いします。

FC2Blog Ranking

人気ブログランキングへにほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
にほんブログ村
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。