FC2ブログ

フランスで

フランス人が、日本人に怒っています。
まことにその通りなので、悲しい。


アングレームに来てる日本の出版社はどうして怒りませんか。どうして帰ると言いませんか。同じ国の日本人が失礼な扱いを受けましたよ。首相は、大使館は、外務省は、どうしてフランスに「失礼な態度を謝れ」と抗議しませんか。日本人がさげすまれ、盗まれ、壊されたのに。どうしてみんなこの日本人たちを守らないですか。このかたたち、えらいですよ。慰安婦は、一番日本人に嫌悪感を持たせる武器です。その最強の武器から、日本人を守ってくれようとしてます。日本国は、日本人は、彼らを守らなければ。

そして、また日本は、外国相手にやってはいけない、double discours をしてしまいました。NHK会長の「当時は、どの国も慰安婦がいた」発言を、「彼個人の発言で、国とは関係ありません」と発表しました。ネット記事に書かれてます。それでは、慰安婦問題を日本は韓国の言うとおりですと肯定したようなものです。ここは、国がNHK会長を守るべきです。だって、国の本音はそうでしょう?日本は悪いことをしたけど、それは、他の国と同じくらいで、ナチスほどじゃない。そうでしょう?私はフランス人ですが、会長に同意しますよ。このひと、正しい。だって歴史的真実でしょう。どうして日本の国は、外国の批判から日本人を守りませんか。

慰安婦の誤解で日本に嫌悪感を持つ外国から、日本に対する誤解を解くには、本音を言うしかないんです。

なにより外国は、もう、日本のお手本では、ありません。間違いします。だから遠慮しないで。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

Re: はじめまして

齋藤武夫
Bruxelles様

はじめまして。コメントありがとうございました。
フランス人がおおむねわかりましたので、こんどは全文再掲しました。
ソースは藤岡信勝氏のFacebookです。

実は以前から何度もTel Quel Japonにはおじゃましていました。
たいへん興味深く、学ぶことばかりです。
また、あなたの文章はとても素敵です。

ただ、私は横文字がまったくだめですので、なんとなく敷居が高くてご挨拶が遅れてしまいました。
ご容赦ください。

私も及ばずながら「なぜ?」を考えていきたいと思っています。
仲良くしていただけるとうれしいです。

はじめまして

Bruxelles
斎藤武夫様
はじめまして。Tel Quel JaponのBruxellesと申します。
まことにその通りなので、悲しい。ーこれ悲しんでいる場合ではありません。戦後70年近くたって、それでも、あるいはそれゆえに?日本人のほとんどが売国奴になっているこの事実、原因・理由を確かめなければなりませんね。「何故?」を問い詰めましょう。このままなら2015年安部総理の村山談話踏襲談話があって、一巻の終わりです。
上の記事ですがソースは何ですか?このフランス人の名前は特定できていますか?フランスでフランス人が、だけでソースがないと、ガセネタにしかならないので、残念です。
非公開コメント

トラックバック