スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続・フランスで 

*全文が見つかりましたの掲載します。

「なでしこアクション」の山本優美子さんのタイムラインに掲載されたフランス人の記者のブログの文章を転載させていただく。(執筆者は、<Le nouvelle observateur>という雑誌の政治部の記者jmartin@nouvelobs.com とアングレームの日本ブース撤去の記事の記者sdiffalah@nouvelobs.com の二人の名前が表示されているが、下の記事はどちらの記者が書いたか、詳細は不明。)

【まじめな雑誌のLe nouvelle observateurと、とくにCharenteのネット記事は、完全に韓国寄りです。河野談話、性奴隷、ナチの鉤十字、強制連行の数、歴史修正主義、極右。そしてNHK会長の発言とそれに対する日本の意見。それから「大使館は、歴史認識にたいして何の説明もしなかった」と開催側は言ってます。テレビラジオは、わたしのしる限り、なにも言ってません。

日本は、どうして歴史の過ちを直視しないか。原爆が落ちてよかったな、という無知な読者がいたので、わたしは、いま、とても不愉快です。

アングレームに来てる日本の出版社はどうして怒りませんか。どうして帰ると言いませんか。同じ国の日本人が失礼な扱いを受けましたよ。首相は、大使館は、外務省は、どうしてフランスに「失礼な態度を謝れ」と抗議しませんか。日本人がさげすまれ、盗まれ、壊されたのに。どうしてみんなこの日本人たちを守らないですか。このかたたち、えらいですよ。慰安婦は、一番日本人に嫌悪感を持たせる武器です。その最強の武器から、日本人を守ってくれようとしてます。日本国は、日本人は、彼らを守らなければ。

そして、また日本は、外国相手にやってはいけない、double discours をしてしまいました。NHK会長の「当時は、どの国も慰安婦がいた」発言を、「彼個人の発言で、国とは関係ありません」と発表しました。ネット記事に書かれてます。それでは、慰安婦問題を日本は韓国の言うとおりですと肯定したようなものです。ここは、国がNHK会長を守るべきです。だって、国の本音はそうでしょう?日本は悪いことをしたけど、それは、他の国と同じくらいで、ナチスほどじゃない。そうでしょう?私はフランス人ですが、会長に同意しますよ。このひと、正しい。だって歴史的真実でしょう。どうして日本の国は、外国の批判から日本人を守りませんか。

慰安婦の誤解で日本に嫌悪感を持つ外国から、日本に対する誤解を解くには、本音を言うしかないんです。

なにより外国は、もう、日本のお手本では、ありません。間違いします。だから遠慮しないで。

歴史の古傷を刺激されて、最初、反発あります。(でも、収まります。もっと重要な自国の問題があるから。)

むしろ外国からの反発、ありがとうです。あなたの隣人は、もうずっと好きなこと言ってます。日本も本音を言います。そうしたら、世界は、なんとかしろ、と韓国と日本に言います。裏じゃなく光の下で堂々と隣人と討論してください。そうしたら、あちらのおかしな言動が外国にも見えるでしょう。

日本人が尊敬されているか、それは、日本人の態度が決めます。怒らない、説明しない、日本に引きこもるは、日本を尊敬させません。日本が悪者だから身を引いたと思うからです。慰安婦についても、日本ブースを追い払ったのも、わたしは正しい、思います。この態度のままで日本人はいいのだと、軽蔑させます。被害者は、自分で訴えない限り、救ってもらえません。日本国に本音を言ってくださいと頼んで、日本人は、ろんぱ コムさんと、なでしこアクションさんの尊厳を守りましょう。わたしもがんばります。

今、怒ってるです。だから説教みたいです。読むのいやでしたね。

最後に、フランス人として、ろんぱコムさんと、なでしこアクションさんと、テキサス親父さんに謝ります。ごめんなさい。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Daisuki氏の登場

斎藤武夫様
レスありがとうございます。フランス語の文章があるかと思って探してみました。これはHandle Name Daisuki氏の個人ブログがソースですね。機械翻訳かとも思いましたが、本人の手になる日本語の可能性が高いですね。
http://daisukinipponfrance.over-blog.com/2014/01/%E4%BB%8F%E3%83%A1%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%A2%E3%80%80%E3%81%9D%E3%81%AE%EF%BC%99%E3%80%80.html
日本人の反響コメントも入っています。2月分には反響に対するDaisuki氏のメッセージもみられます。まだ今年始まったばかりのBlogのようですが、フランス版テキサス親父の登場、心強い限りです。Daisuki氏のご意見が正論で、日本人および日本政府が狂っているのです。コメントを入れている日本人には充分期待できますね。

さらに調べてみました

齋藤武夫さま
Daisuki氏の新しいBlogはこの事件を扱っていることがわかりました。
http://www.youtube.com/watch?v=3wnrlaVZgks
http://www.youtube.com/watch?v=_ZnAmtW1buA&list=UUseRg9YjS6LU17GyLe-wyCQ&feature=c4-overview
更なる詳細はこちらで
http://maruko460.blog116.fc2.com/blog-entry-785.html#cm
日本では一切報道されていませんよね?
藤岡氏のFacebookは単なる拡散だと思いますが、拡散に際してソースの表示・内容の解説は一切無かったのですね?

Re: さらに調べてみました

ありがとうございました。
たしかにソースが明示されているのが望ましいのですが、
こういう拡散の場合はスピードが一番だと思っています。
敵のプロパガンダは政府規模でやっており、ほとんどがウソでできています。
今までのようにバカ正直にやっていたら負けてしまいます。
とにかくやられたらやりかえす。
国が滅びてからでは遅いと。
上のように考えるようになってしまいました。
プロフィール

授業づくりJAPANさいたま代表:齋藤武夫

Author:授業づくりJAPANさいたま代表:齋藤武夫
戦後70年間日本の教育は根無し草の「世界市民」を育ててきました。そのため小中学校の歴史教育はウソとタブーによって大事な内容が教えられていません。また誤って教えられています。
「授業づくりJAPAN」は、日本の教育のウソとタブーを排し、真実とフェアネスを取り戻していきます。
かつてGHQに禁じられた教育は現在も禁じられたままです。私たちは「日本人を育てる教育」を取り戻します。そのために、命ある限り授業づくりとその普及につとめます。私たちは「誇りある日本人」こそが「真の国際人」になれると信じています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
ご訪問ありがとうございます!
FC2ブログランキング
ワンクリック!応援よろしく御願いします。

FC2Blog Ranking

人気ブログランキングへにほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
にほんブログ村
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。