スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アンネ関連本事件

アンネ関連本の大量ページ破り事件は組織的な工作である可能性が高いのではないかと疑っています。さっそく米国ユダヤ団体が抗議声明を公開しています。NHK9時のニュースもかなり大きく取り上げました。

ナチスと日本を関連づけようとする情報工作の一環ではないでしょうか。

日本を敗戦国のままにしておくためには、東京裁判史観(と共産主義史観の合体)をそのままにしておくことが最も重要であり、「ナチス=大日本帝国」としておくのが欧米と特亜にとって最も効果的な方針だからです。

そのために、日本の保守主義をネオナチというイメージでくくろうという戦略が有効であり、先日のフランス漫画祭などの工作も基本的にこの路線にそったものだったと思います。

そうすることで日本がやろうとしている歴史見直し運動は、ナチスを評価するのと同じだというイメージで欧米に伝染していきます。中韓は明らかにそれを狙っていると思われます。ナチスを評価する者は人類と文明の敵だからです。

ドイツはナチスだけに罪を押しつけて彼らを皆殺しにして、その結果、ドイツ国軍とドイツ国民は無罪になりました。
だからドイツは戦争を謝罪したことはありませんし、ネオナチは永遠にドイツ国民の敵であるとしたのです。

このため、歴史を見直す必要はドイツにはありません。だからドイツは先頭に立って旧同盟国日本の歴史見直しを叩くわけで、それこそがドイツの地位向上につながるのです。

わが国の歴史見直しのほんとうの困難はここにあることを見定めておきたいと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

NDRという独のTV

齋藤先生、今晩は。

竹島の日の日韓断交在特デモに参加しました。


後で独のTV局と判ったのですが、挑発?と取れる様なカメラワークもしてました。

同行してた人相の悪い東洋人がいたのですが、案の定NHK職員だとの事です。

普通の日本人がアンネの日記を破壊するでしょうか?

しないと思います。

在日を多く含む反日左翼の仕業と私個人は推測しております。

私も記者に少し質問したのですが、自分達はあくまでも中立で日本国営放送局であるNHKと共に取材してると言ってましたが、その時点で偏向ありきです(爆)

この独のNDRが、どの様な偏向報道をするのか注視しなければならないと思います。

多大な影響力のある米国ユダヤ人団体を味方につけようと分断、離反工作及び事大してるとしか思えないと感じているのは私一人でしょうか?

彼の㌧スルランド人の常套手段としか私個人は思えない次第です。

Re: NDRという独のTV

樅村矢馬児様

さっそく新情報ありがとうございました。
たいへん参考になりました。
まさしくおっしゃるとおりと思っています。
大量な破損が一時に発見され、ただちにニュースになり、たちまち世界中から声明が発表される。
これは、組織的で計画的な工作としか考えられません。
少数の狂人の藩校ではありません。

アムステルダムのアンネの家も声明を発表したそうです。
どんな反撃ができるでしょうか?

美徳を捨てねばならない時

齋藤先生、今晩は。

今、考えられる方法としましては、先ず捜査当局に徹底的に捜査して貰う事だと思います。

役所はトップダウンですので、政府や関係省庁等に言葉は悪いですが、圧力をかける事だと思います。

そして、語学力の高い人達に世界に向けて発信して貰う事も重要かと思われます。

私には、これくらいしか思い浮かびませんが、世界には沈黙が美徳なぞ全く通用しませんので、多少お行儀が悪くても、大声を上げる事が必要だと思います。
プロフィール

授業づくりJAPANさいたま代表:齋藤武夫

Author:授業づくりJAPANさいたま代表:齋藤武夫
戦後70年間日本の教育は根無し草の「世界市民」を育ててきました。そのため小中学校の歴史教育はウソとタブーによって大事な内容が教えられていません。また誤って教えられています。
「授業づくりJAPAN」は、日本の教育のウソとタブーを排し、真実とフェアネスを取り戻していきます。
かつてGHQに禁じられた教育は現在も禁じられたままです。私たちは「日本人を育てる教育」を取り戻します。そのために、命ある限り授業づくりとその普及につとめます。私たちは「誇りある日本人」こそが「真の国際人」になれると信じています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
ご訪問ありがとうございます!
FC2ブログランキング
ワンクリック!応援よろしく御願いします。

FC2Blog Ranking

人気ブログランキングへにほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
にほんブログ村
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。