スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京裁判の授業:弁護側の反論

数年前から手探りで進めてきた東京裁判の授業改訂版の一部を報告します。

以下の検察側の意見を読ませます。

******
検察側の意見(アメリカを中心とする連合国)
◆被告は有罪だ
 日本は、太平洋戦争において、「平和に対する罪」と「戦争犯罪」をおかしました。したがって、当時日本の指導者だった被告たちは明らかに有罪です。

【平和に対する罪】①日本はアメリカを攻撃し、平和をやぶった
 一九四一年の十二月八日、日本海軍の航空部隊がいきなり、ハワイの真珠湾にあったアメリカ海軍基地を攻撃してきました。それは、ここにいる被告たちの命令でひき起こされたのです。日本が攻めてこなければこの戦争は起きていないのですから、この戦争の全責任が日本にあることは明らかです。
 当時から世界の国々は、このような侵略戦争を禁止していました。日本はこの約束に違反して「平和に対する罪」をおかしたのです。
 しかも日本から「戦争を始める」という手紙が届いたのは、真珠湾攻撃が始まった後でした。われわれは、このようなひきょうな不意打ち攻撃を断じて許すことができません。

②日本は中国を侵略した
 日本の平和に対する罪は、中国への侵略にもあてはまります。侵略とは、理由もなく一方的によその国に攻めこんで、そこを自分のものにしてしまうことです。満州事変も日中戦争も、日本の戦争はすべて自分勝手で強盗のような戦争でした。

③日本は東南アジアにも侵略した
 さらに、日本は、イギリス・オランダ・アメリカの植民地だったビルマ・インドネシア・フィリピンなど、東南アジアにまで侵略してきました。そして、西洋諸国が築き上げてきたアジアの平和をやぶったのです。それは、東南アジアにおける西洋諸国の正当な権利をふみにじり、東南アジアを、自分たちの利益のために支配しようとして行われたものなのです。

【戦争犯罪】
●日本は戦争犯罪を犯した
 日本軍は、いたるところで戦争のルールをやぶり戦争犯罪をおかしました。中国や東南アジアのふつうの市民を殺したり乱暴したりしたのです。なかでも南京大虐殺はひどいものでした。何万人もの市民が、日本軍によって残虐に殺されました。これは、国際社会が決めた戦争のルールに違反した恐ろしい犯罪でした。
 それ以外にも、日本軍の戦争犯罪はたくさんあります。日本軍が東南アジアを占領したとき、わが連合国の捕虜たちが日本軍によって虐待されました。フィリピンでは、大勢の市民が殺されたり、暴行されたりしました。
これらの戦争犯罪に責任のある被告たちが、有罪であることは明らかです。

*********

今年は、ここで弁護側の意見は読ませないで、次のように指示しました。

『日本と日本のリーダー達が不当な攻撃を受けています。みなさんは、ここで東京裁判の弁護人になって、被告達を弁護してください。これまで学んできた昭和の歴史の真実を生かして、ぜひとも無罪を勝ち取る意見を書いてください。時間はおよそ15分です。』

全員がいっしょうけんめい取り組んでくれて、およそ80枚ほどの弁論書が私の手元にあります。2つ(男女各1)紹介してみます。

これまでの私の授業の不十分さや反省点がわかってしまいますが、中学2年生が健気に日本を弁護してくれましたので、まずは大いに褒めてやりたいと思っています。


【男子】
「平和に対する罪」の①について、宣戦布告が遅れたのはおよそ1時間だけです。宣戦布告なしに強襲をかけたことがあるのは連合国側も同じです。

②について、「侵略」定義がそれであるなら、日本のしたことは「侵略」にはあてはまりません。満州事変はたび重なる日本の民間人への暴行などが原因であり、それを抑止するために起きたことです。
また日中戦争についても、盧溝橋事件や通州事件など、日本人への暴行虐殺が相次ぎ、これを重く見た日本が抑止策に打って出ただけです。
これらの、例としてあげられた戦争にはしっかりと理由があり、「侵略」にはあてはまらないと言えます。

③について、開戦の詔勅でも明らかなように、日本の戦争の目的は自尊自衛と、もうひとつアジアの解放が含まれています。これにも理由があり、「侵略」とは言えません。そして、日本が行ったことは、支配や植民地化ではなく、解放であります。

「戦争犯罪」について、
日本は戦争犯罪を犯したといいますが、戦時下の精神状態はとても不安定であり、戦争犯罪を犯してしまうのは連合国側にもたくさんあったことは、リンドバーグの日記を見てもわかります。
むしろ戦争犯罪がなかった戦争は日本の日露戦争のみです。
またアメリカが戦時国際法を破っていることは明らかです。
民間人の殺傷は禁止であったはずが、主要都市への空襲や、東京大空襲、原爆の投下で、わが国の民間人がたくさん殺されました。
このような戦争犯罪を平気で犯している国に、日本を裁く権利はないと思います。


【女子】
検察側の意見では最初から日本だけが悪いという前提になっているけれど、アメリカも戦争をしたんだから同罪なはず。
でも、日本はアメリカに追い詰められて(経済封鎖・ハルノート)自分の国を守るために「自尊自衛」の戦いだったので、この戦争は、追い詰めてきたアメリカのほうが悪いんです。

①について、
真珠湾攻撃は前日に日本が電報を出したから「いきなり」ではない。これは大使館のミスなのだから、この被告達のせいではない。

②について、
日中戦争は日本が仕掛けたのではなく、毛沢東やスターリンからのコミンテルン指令によって、周りがその方面へ仕向けていたのである。通州事件などむしろひどかったのは中国のほう。満州事変も自衛の戦いだから、強盗のような戦いではない。

③について、
「西洋諸国が築き上げてきたアジアの平和」とあるが、植民地にした時点で、それらの国々の平和はやぶられているはず。日本は植民地を救おうとした。
(時間切れ、続きがあります)
 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

授業づくりJAPANさいたま代表:齋藤武夫

Author:授業づくりJAPANさいたま代表:齋藤武夫
戦後70年間日本の教育は根無し草の「世界市民」を育ててきました。そのため小中学校の歴史教育はウソとタブーによって大事な内容が教えられていません。また誤って教えられています。
「授業づくりJAPAN」は、日本の教育のウソとタブーを排し、真実とフェアネスを取り戻していきます。
かつてGHQに禁じられた教育は現在も禁じられたままです。私たちは「日本人を育てる教育」を取り戻します。そのために、命ある限り授業づくりとその普及につとめます。私たちは「誇りある日本人」こそが「真の国際人」になれると信じています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
ご訪問ありがとうございます!
FC2ブログランキング
ワンクリック!応援よろしく御願いします。

FC2Blog Ranking

人気ブログランキングへにほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
にほんブログ村
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。