FC2ブログ

作文「日本の歴史を学んで」1



これは2014年の記事です。
しばらく連続で載せていきます。
ぜひ読んでください。
------------------------

本日から中学2年生(14歳)が書いた作文「日本の歴史を学んで」を紹介していきます。
 中高一貫の私立中学ですがいわゆる進学校ではなく、ごくふつうの中学生です。
理解力、表現力、様々な個性があり、間違いもあれば、よくわからないところもあります。
そこのところはどうかご容赦ください。 
どれも2年間教えてきた結果ですので、ありのままに読んで、また4月からの仕事に生かしていこうと考えています。

-------------------------

 

 「日本の歴史を学んで」1(女子)

 私が一番心に残っているのは、明治維新から昭和まででした。

 その範囲はとても覚えにくくて苦手でした。
「~戦争」や「~条約」なっど似たような名前の戦争や条約が多かったからです。 

でも年度ごとにまとめてがんばったので、最後のテストで38点取れました(50点満点)。

 「戦争中に日本は悪いことをたくさんした」という私のイメージが、「日本は悪いことをしたわけではない。むしろ他の国のほうが戦争犯罪などをしている」というイメージに変わったことが、私にとって衝撃的でした。

 私の祖父母は第二次世界大戦を経験しています。
幼い頃よく祖父母に戦争の話をしてもららって、戦争のむごさなどを一応理解しているつもりでしたが、より深く戦争についてわかることができました。

 なぜアメリカは原子爆弾を落とし、日本を占領したのか。
私は幼い頃「はだしのゲン」を読んで思いました。その理由が今明確になって、とてもすっきりしています。

 歴史は考え方次第で、日本が悪者になったりもします。
でも日本だけが悪いのではなく、日本の行動にはそれなりに理由があることがわかりました。

 それと、日本は大昔から何も変わっていないのだなと思いました。 

 天皇は日本の永遠のシンボルだと思いました。
天皇は国民のために行動し、国民は天皇のために行動する。
やっぱり日本は中国などとは違うのだなーと思いました。

 中国は昔から強い者だけが権力を握り、またその力が弱まると、ほかの強い者が権力を握る、の繰り返しでした。

 それに対して日本は、政治をする人は変わるものの、天皇はその一族が代々やっています。

 歴史の授業を受けて、改めて日本はすごいということがわかりました。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック