スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

作文「日本の歴史を学んで」2

「日本の歴史を学んで」2(中2男子)

やってきた中で一番面白かったのは、近代日本になったあたりからだったように思う。

小学校で大ざっぱにに教えられた内容だと、日本が悪かったとか、日本のせいで戦争が始まったとか、あたかも日本とドイツ・イタリアなどがすべて悪かったかのようなイメージを植え付けられていたような感じ。
それがアメリカによって変えられた教育だとわかると腹が立ってくる。
今の日本がアメリカに対してへこへこしていて弱いのは、前からの支配が原因だとわかったのでさらに悔しい。

今の日本には天皇中心という意識が少し薄くなっているような感じがしてならない。
先代の偉大な日本人たちは、天皇がどうなるかわからないという理由だけで、降伏をせずに戦い抜くくらい、天皇のことを大切に思っていた。
天皇のためならば命も捨てられる。
ものすごい覚悟を持った勇敢な戦士だったと思う。
残念だけど、今の日本は平和ボケして、そんな危機に直面することもない。
守られる側の弱い国になっている。
ほとんどの人が先代のような覚悟を持っていないだろう。
これもアメリカに塗り替えられた日本人の意識で、これも悔しさを感じる。

明治維新のとき、日本は小さな島国で、大昔は中国の属国になるかも知れなかったこの国を、先代はがんばってがんばって大国に育て上げた。
これは先代の血のにじむような地道な努力で成し遂げられたことで、日本人の底力を感じる。
このときの日本人は、国民も服待てみんなが「この国を変えるんだ!」という強い意識を持っていた。

今日の日本は経済的には大国であっても、外交や力は小国のように自分にはうつる。
今、国の全員が意識を変え、第二の維新を起こさなくてはいけないんじゃないかと自分は考える。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

授業づくりJAPANさいたま代表:齋藤武夫

Author:授業づくりJAPANさいたま代表:齋藤武夫
戦後70年間日本の教育は根無し草の「世界市民」を育ててきました。そのため小中学校の歴史教育はウソとタブーによって大事な内容が教えられていません。また誤って教えられています。
「授業づくりJAPAN」は、日本の教育のウソとタブーを排し、真実とフェアネスを取り戻していきます。
かつてGHQに禁じられた教育は現在も禁じられたままです。私たちは「日本人を育てる教育」を取り戻します。そのために、命ある限り授業づくりとその普及につとめます。私たちは「誇りある日本人」こそが「真の国際人」になれると信じています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
ご訪問ありがとうございます!
FC2ブログランキング
ワンクリック!応援よろしく御願いします。

FC2Blog Ranking

人気ブログランキングへにほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
にほんブログ村
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。