スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

作文「日本の歴史を学んで」8

「日本の歴史を学んで」8(中2男子)

僕は、齋藤先生の歴史を学んで思ったことはいくつもありましたが、そのうち三つを書こうと思います。

一つ目は、神武天皇から約2000年もの長い間、天皇が途中で絶えずに存在しているという点です。
例えば中国は日本よりもずっと歴史は長いものの、その間何回も何回も王朝が変わり、そのたびに皇帝は殺され絶えてしまいます。
しかし、日本はどんなことがあろうとその伝統を忘れずに貫いてきました。
これは世界に誇れることだと思います。

二つ目は、日本の武士道の精神です。
この精神はよく戦時中でも言われてきましたが、本当に最後の最後まで規律正しく、堂々と戦うという日本人の素晴らしい精神であると思いました。

三つ目は日本の文化についてです。
古代の日本では、国をまとめてより良くするために、大陸からの様式を積極的に取り入れていたものの、そこから日本独自の文化へと発展させて行きました。
特に江戸時代の鎖国期間中は、ほとんど外国から物が入ってこなかったため、影響を受けずに特に栄えたと思います。
最近の日本人はそれを忘れがちですが、もと伝統に学び尊重すべきだと思います。

その中で、昨年、和食が世界無形文化遺産に登録されるなど、日本への評価が高まっています。
また、日本の神話など祖先の日本人的思想をもっと普及させ、良い意味での愛国心を高めることも重要だと思います。

あっという間の2年間でしたが、先生に歴史を学べて本当によかったです。ありがとうございました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

授業づくりJAPANさいたま代表:齋藤武夫

Author:授業づくりJAPANさいたま代表:齋藤武夫
戦後70年間日本の教育は根無し草の「世界市民」を育ててきました。そのため小中学校の歴史教育はウソとタブーによって大事な内容が教えられていません。また誤って教えられています。
「授業づくりJAPAN」は、日本の教育のウソとタブーを排し、真実とフェアネスを取り戻していきます。
かつてGHQに禁じられた教育は現在も禁じられたままです。私たちは「日本人を育てる教育」を取り戻します。そのために、命ある限り授業づくりとその普及につとめます。私たちは「誇りある日本人」こそが「真の国際人」になれると信じています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
ご訪問ありがとうございます!
FC2ブログランキング
ワンクリック!応援よろしく御願いします。

FC2Blog Ranking

人気ブログランキングへにほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
にほんブログ村
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。