スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

作文「日本の歴史を学んで」16

「日本の歴史を学んで」16(中2女子)

私は2年間歴史を学んで、最初は何もわかってなかったけれど、くわしく知ることができました。

一番最初の授業では、先祖のことをやりました。
先祖とは何か、なども教えてもらいました。
その時先祖は大切にしなければいけないと思ったことを今でも覚えています。

今までで、戦争などもいっぱいあって、出来事もとても多かったです。
日本はいつも悪い!と他の国からよく押しつけられることがありました。
でもいつも日本が全部悪いなんて事はおかしいと私は思いました。
齋藤先生もそれは授業で主張していました。

つい最近やった授業で、1945年アメリカ軍が日本を占領という事もありました。
その出来事の目的は、日本が二度と大国にならないようにすることと、日本人に戦争の罪悪感を持たせる、ということでした。
まず私は目的からおかしいと思いました。

この後の東京裁判の検察側の意見(連合国)と弁護側(日本)の意見を読み返しても、検察側はすべて日本が悪いと述べていました。
1 日本はアメリカを攻撃し、平和を破った。
2 日本を中国を侵略した。
3 日本は東南アジアにも侵略した。
と主張されました。

でも、1も2も3も全部違うと私はおもいました。
日本は自分の国を守るための戦いであり、まったく侵略戦争ではありません。
それに中国との戦いでも、中国にも責任があります。
日中戦争は中国から始めてきて、日本はそれを受けて立っただけでした。

私はこの占領と東京裁判がとても頭に残っていたのでくわしく書きました。
やっぱり、日本もやられっぱなし言われっぱなしは良くないと私は思っています。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

授業づくりJAPANさいたま代表:齋藤武夫

Author:授業づくりJAPANさいたま代表:齋藤武夫
戦後70年間日本の教育は根無し草の「世界市民」を育ててきました。そのため小中学校の歴史教育はウソとタブーによって大事な内容が教えられていません。また誤って教えられています。
「授業づくりJAPAN」は、日本の教育のウソとタブーを排し、真実とフェアネスを取り戻していきます。
かつてGHQに禁じられた教育は現在も禁じられたままです。私たちは「日本人を育てる教育」を取り戻します。そのために、命ある限り授業づくりとその普及につとめます。私たちは「誇りある日本人」こそが「真の国際人」になれると信じています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
ご訪問ありがとうございます!
FC2ブログランキング
ワンクリック!応援よろしく御願いします。

FC2Blog Ranking

人気ブログランキングへにほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
にほんブログ村
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。