中学歴史2年6「坂本龍馬と江戸幕府の終わり」の授業

*この授業では坂本龍馬の活躍をやります。一つは薩長同盟、もう一つは大政奉還です。王政復古で新政府が誕生し、鳥羽伏見の戦いが始まったところまでです。龍馬クイズや、勝海舟の話や、西郷と木戸を叱った話などにはいくぶんか「講談」も入っていますが、生徒が喜ぶところですので、偉大な人物の伝説として伝えていきたいと思います。

1 坂本龍馬

*坂本龍馬の写真を黒板にはります。
坂本龍馬

『坂本龍馬は、1835年、大塩平八郎の乱が起きた頃、土佐藩の郷士の家に生まれました。土佐はいまの~? そうです高知県。郷士というのは一番身分低い武士、普段は農民や町民だがいざというときは殿様のために働く。藩士からはとても差別されていました』

*丸バツクイズをやります。丸は両腕で大きな丸をつくる。バツはお顔の前に小さくバツです。
①この人物は、剣術が強かった。答えは丸。江戸の千葉道場で免許皆伝。
②この人物は、少年時代泣き虫だった。答えは丸。いじめられっ子でお姉さん乙女に鍛えられた。
③この人物は、18歳ぐらいまで寝小便をしていた。答えは丸。これも乙女の話。
④この人物は、日本で最初の貿易会社を作った人だ。答えは丸。海援隊。
⑤この人物は、ペリーの黒船を自分の目で見た。当時江戸にいたのでたぶん丸。好奇心が強いから。

*ペリーが来てからおよそ十年後の文久2年3月。龍馬は28歳。土佐藩を脱藩した。尊王攘夷運動が盛り上がっているときで、天下のために何かしたいと考えた。脱藩は重罪で家族も連座する罪だが、土佐で郷士のままでは何もできない終わってしまう。


2 運命の出会い

『江戸に出て、龍馬は幕府のリーダーに会いに行った。斬りに行ったらしい。この人物です』
katukaisyu.jpg

『勝は幕府の軍艦奉行。これも貧乏旗本の息子だが、阿部正弘に取り立てられた。危機だから世に出られた人物。このときこんな話を聞いただろうと思われる。私の創作が入ってますが・・・』 

*資料「勝海舟の話」を読む。
**********************************

勝海舟は坂本龍馬にこう語った

 坂本さん、刀はもうちょっと、引きつけておきな。
そうじゃないと、おれは斬れないよ。
まあ、おれを斬るのはいつでもできるだろうから、今日は、アメリカの話でも聞いてお帰りよ。

 おれは二年前、咸臨丸に乗ってアメリカに行って来た。
何がおどろいたって、あそこじゃ、国の政治は、選挙で選ばれた人物がやるという話だった。将軍家も、殿様(とのさま)もないんだ。だから、上に立つ者はみんな、ひとかどの人物だよ。バカでも身分や家柄がよいというだけで、リーダーになれるような国とは、いきおいがちがうというわけさ。

 おれたちはいま、そんな国を相手にしているんだ。今のように、国内で戦いあっているようじゃ、日本はあぶないよ。どっちが勝ったって、日本全体としてみりゃ、弱っていくばかりなのさ。そんなことをしていたら、西洋の植民地にされちまうかも知れないぜ。
 それでもいいのかい、坂本さん。

 西洋にやられないためには、軍艦だって大砲だっているんだよ。そいつを手に入れるには、西洋とつきあうしかないんだ。大砲も軍艦もない、サムライは藩に分かれていて、国としてまとまった海軍も陸軍もない。こんなことで、どうやって国を守れるっていうんだい。

 国が一つにまとまって、いざとなれば戦うという気力を見せれば、西洋にだって、そうかんたんには、やられやしないよ。
 幕府だ、長州だ、薩摩だと、日本人どうしで、けんかをしている場合ではないということさ。 
どうだい、人殺しなんかやめにして、おれといっしょに海軍をつくる仕事をやらないか。よかったら明日からでも、おれの海軍繰練所(かいぐんそうれんじょ)においで。

***********************************

*龍馬は、勝の話を聞いて、体を電流が流れたように感動してしまった。
*姉の乙女にこんな手紙を書いている。
「日本第一の先生の弟子になった。・・・・」

*勝から学んだことをまとめる。
1 国のリーダーは、実力のある人物を選挙で選ぶ。
2 国内で争い戦っていては国をとられる。
3 中央集権国家を作って、軍備を増強する。


3 薩長同盟

*『龍馬は勝先生に学んで、海軍の勉強をしたり、貿易会社(亀山社中 → 海援隊)をつくったりしながら、日本を変えるために働きました』
*以下の説明をする。

①長州は会津と薩摩に京都から追い出され、朝敵にされ、第1次長州征伐では幕府と薩摩が組んで長州をたたいた。薩摩は長州を嫌い、長州は薩摩を憎んだ。草履の裏に薩摩と書いて踏んづけて歩いていた。

②しかし、勝海舟も坂本龍馬は、日本はもう幕府ではもたないと考えていた。

③薩摩は薩英戦争で方針を変えて「幕府はもうダメだから、長州と手を結びたい」と考え始めているという情報が入ってきた。

④龍馬は「長州と薩摩のけんかをやめさせる」ことを考えた。龍馬は自由の身だから、あちこち飛び回れる。西郷さんと会ったり、桂小五郎さんと会ったりしながら、中岡慎太郎と二人で両方が手を結ぶ話を進めた。

⑤しかし、2人を会わせてもなかなか同盟の話が出ない。お互いに憎み合ってきた過去があるから、自分から同盟の話を出すのはメンツにかかわるというわけだ。

『龍馬は、西郷隆盛と桂小五郎(木戸孝允)にこう言って叱ったそうです。

(   )のためでも、(   )のためでもない。(   )のためだ!

(   )にはどんな言葉が入るでしょうか?』

:発表させる。
「薩摩のためでも、長州のためでもない。天下(日本)のためだ」

慶応2年1月(1866年3月) 薩長同盟成立

*6月幕府は2回目の長州せいばつをやったが、薩摩はそれに参加せず幕府側が負けてしまった。薩摩が買った銃や弾薬を龍馬の海援隊が長州に運んだ。海援隊は下関で幕府海軍と戦っている。


4 船中八策

*こうして日本の政局は(幕府)VS(薩摩+長州)となり、倒幕戦争が必死という形成になった。

*坂本龍馬は「船中八策」という国づくりの大方針を書いた。その第1条が有名な「戦争なしで江戸幕府を終わらせる」驚くべきアイディアでした。
*アジアの植民地化では、国内の分裂が列強に乗じられたケースが多々あった(インドやベトナムなど)ことを教える。
*船中八策を読む。

*************************************

船中八策
1.幕府は政権を朝廷に奉還し、朝廷が政治を進める。(大政奉還)
2.上院と下院の議会を設け、議員を選んで、国のためになること(公論)を話し合いで決める。(議会開設)
3.能力の無い役人は辞めさせ、身分に関わらず有能な人材を登用して政治を進める。(官制改革)
4.外国との交際は国のためになるように進め、新たに対等な条約を定める。(条約改正)
5.古代からの律令は止めて、新しく憲法を定める。(憲法制定)
6.海軍をつくる。(海軍の創設)
7.国家の軍隊(陸軍)をつくり国を守る。(陸軍の創設)
8.貿易相手国に有利で日本にとって不利な貨幣制度を改める。(通貨政策)

*************************************

『第15代将軍、徳川慶喜は、龍馬が考えたこの案を実行しました。これを大政奉還といいます。これからは、朝廷を中心に新しい国づくりをしていきましょう、というのが坂本龍間の考えだったのです。こうして、260年続いた徳川幕府が終わりました。1867年10月のことです。』

慶応3年10月(1867年11月)大政奉還、江戸幕府が終わる。
*翌11月15日、京都近江屋で、坂本龍馬は中岡慎太郎と共に暗殺された(幕府見廻組)。
*船中八策は、新しい明治日本の国づくりの大方針になった。

*しかし、大政奉還では、徳川慶喜が新政府内で強い力を持ってしまうことに気づいた、薩摩藩(大久保利通と西郷隆盛)は、明治天皇の許しを得て、徳川家をつぶして新政府を作る策に出た。
慶応3年12月 王政復古の大号令、 徳川氏には辞官納地を命じた。

*あわせて、西郷大久保は江戸で破壊活動を行い、幕府を挑発したため、年が明けて、幕府対薩長の内戦が始まった。
慶応4年1月(1868年) 鳥羽伏見の戦い

*薩長軍は錦の御旗を掲げ官軍となった。
*朝敵になった将軍慶喜は恭順に傾き江戸に逃げ帰った。官軍は東海道と中山道を江戸に向かった。
*明治改元は4月。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

授業づくりJAPANさいたま代表:齋藤武夫

Author:授業づくりJAPANさいたま代表:齋藤武夫
戦後70年間日本の教育は根無し草の「世界市民」を育ててきました。そのため小中学校の歴史教育はウソとタブーによって大事な内容が教えられていません。また誤って教えられています。
「授業づくりJAPAN」は、日本の教育のウソとタブーを排し、真実とフェアネスを取り戻していきます。
かつてGHQに禁じられた教育は現在も禁じられたままです。私たちは「日本人を育てる教育」を取り戻します。そのために、命ある限り授業づくりとその普及につとめます。私たちは「誇りある日本人」こそが「真の国際人」になれると信じています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
FC2カウンター
ご訪問ありがとうございます!
FC2ブログランキング
ワンクリック!応援よろしく御願いします。

FC2Blog Ranking

人気ブログランキングへにほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
にほんブログ村
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる