FC2ブログ

神話の授業

神話の授業「日本の神様と皇室の物語」強調文は2時間構成です。
1時間目は日本を守る国民会議の「スサノオ」というアニメを観て感想を書きます。
2時間目は「天地初発時」から「神武東征・初代天皇ご即位」までを大急ぎで物語り、イザナキの尊・イザナミの尊からニニギの尊、カムヤマトイワレビコの尊までの主な神様の名を覚えます。

今日は1組に「スサノオ」を見せました。
これまで以上に激しい反応で生徒たちは神話が大好きになったと言いました。
今上天皇陛下は神武天皇から数えて125代目だと教えるとしきりに感心しておりました。
では、感想文を4つ。

*最初はみんなに悪いことばかりしていたのに、最後にはりっぱな神様になったのは、とても驚いたし、素晴らしいと思いました。
神様は何人いるのでしょうか?愛の神、金の神、健康の神、緑の神、足の神・・・。
私はすごい数の神様がいるのではないかと思いました。
神はどうして生まれたのでしょうか?
私の推理では、人間を見守り、良いことをしたらほほえみ、悪いことをしたらばつを与えると思います。私も何度か経験したことがあります。
悪いことをするとやっぱりばちがあたります。ぶつけたり、すっころんだり。ああ・・・神様は怒ってるんだなって反省します。良いことをたくさんすると、いいことがたくさん返ってきます。神様はいつも見守ってくださっています。
いま私はここにいるのです。神様に感謝したいです。

*このビデオは荒々しい性格のスサノオが、生まれた土地を追放されたり、追放された後の土地で八つの首を持つ竜を倒し、櫛稲田姫を助けたりして、誠実な人間に成長していく物語でした。私もこのスサノオのようなりっぱな人間に成長できるように、たくさんの経験をしていきたいと思いました。

*スサノオの性格が悪かったので、どういう教育をされているのかと思ったら「母親が死んで・・・」と言っていたので納得しました。日本列島が海のしずくでできたと聞き、だから日本列島のまわりは海なんだなと思いました。ヤマタノオロチ退治のために、娘をスサノオにあげた両親は、元は悪い性格だと知らないのだなと思いました。アマテラスはどうして岩から出てこないのかと思いました。スサノオは自分が悪かったと反省したのに、いちばんきつい黄泉の国には行かずに、根の国に行ったのかなあと思いました。・・・

*イザナキとイザナミがドロドロしたマグマを槍で海にし、その上に日本列島ができました。このお話は初めて知りました。私は神話などの非現実的な話が好きなので、このビデオが楽しかったです。スサノオの尊が改心して優しくなり、皆から好かれるようになってよかったです。八岐大蛇の話は本で読んだことがありました。

最後に、69年前に日本はアメリカとの戦争で負けて占領されてから、日本の学校では神話を教えられなくなっていました。が、この自由社の『新しい歴史教科書』では4ページも使って教えてもらえるようになりました。よかったね。
神話は日本人の魂の原点ですから、しっかり学んで誇り高い日本人になりましょう・・・というお話をしました。1年生はまだその意味を知らず神妙な顔で聞きました。来年この子たちに大東亜戦争が教えられないことに気づいて、少しさみしくなりました。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック