FC2ブログ

中学2年「日英同盟」の授業

《授業の意図》
三国干渉によって誇りを傷つけられ、また国力の不足を思い知らされたわが国は、臥薪嘗胆を合い言葉に「ロシアの侵略から国を守るにはどうしたらいいか」という課題に取り組む。小村寿太郎らのリーダーシップと外交によって、わが国は大英帝国との同盟を選択し、ロシアとの開戦を覚悟する。三国干渉を受け入れるべきか否か、日露同盟か日英同盟かという場面で、祖国の進路を考えさせたいと思う。


1 三国干渉

下関条約に満足した日本国民に冷水をあびせるような事件が起きた。
ロシア・フランス・ドイツの連名による、三国干渉である。彼らは日本政府に要求した。
「遼東半島を清に返還せよ。・・・さもなくば戦争だ!」

まさに帝国主義そのものです。まったく戦争とは関係ない国が、講和会議で合意した内容にくちばしをはさんできたのです。世界2位の大国ロシアとそれに続く列強2国です。

みなさんが日本のリーダーだったら、どちらを選びますか?
A 返還し、戦争は避ける。
B 返還要求は断る。

生徒は、A(11名) B(17名)でした。
A・・・列強を3つ相手では戦えない。ここはがまんすべきだ。まだまだ日本はこれからだ。
B・・・何言ってんの?関係ない国が勝手なこと言うな。戦争で血を流したんだ。こんな奴らの言うことききたくない。

陸奥宗光や伊藤博文ら明治政府は、Aを選び、清国に遼東半島を返還した。
強い国は勝手なことを言える時代だった。
とりわけアジア人の国日本には何を言っても何をやっても許された時代だった。

しかし、ことはそれだけではすまなかった。
3年後、その遼東半島をロシアが清から奪い取り、旅順にロシア東洋艦隊の軍港を築いた。
旅順の周囲の山々には、史上最強のトーチカを築いた。
ウラジオストク港と旅順港で、日本海はロシアの勢力圏になった。
生徒は「くやしい!」と言った。
私たちの先祖もたしかにくやしかったのだ。
(つづき)


歴史 ブログランキングへ
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック