FC2ブログ

日米安保条約メモ 3

3 米ソ冷戦下の日本

①池田内閣は経済発展をめざし、防衛強化の努力も進めた。

②佐藤内閣は沖縄返還を実現し米軍の駐留を固定化した。非核三原則・専守防衛など「軍隊ではない自衛隊」を固定化した。

③その後の日本は経済大国になった。各内閣は、冷戦が永遠に続き、アメリカは日本を守らざるを得ないのだからという理由で、日本には安全保障問題は存在しないかのようにふるまってきた。

④ソ連の侵略可能性はしだいに低くなっていったが、かわって共産主義中国・北朝鮮と韓国による間接侵略と攻撃が始まる。拉致。歴史戦争など。

■この時代の最大の問題点は、祖国の安全保障をアメリカに依存することがあたりまえになり、日本に平和と安全があれば「独立」はもういらないか?となっていった時代だった。
というか「独立」ということが国民はおろか国家のリーダーたち(政治家や官僚)の意識にも上らなくなっていった。
 いま考えてみると、吉田ドクトリンというのは、ほんとうは「確固たる独立心、とくにアメリカからの独立を求める強い気持ち」によって支えられてこそ、自立した国家の戦略となりうるものだったのではないだろうか?
 安保条約への批判には現状を無視した暴論や空想論もあったが、そこにあった国民の中の反米感情には、おそらく国家の平和と安全と共に、国家の独立を重視する国家観があったのではないだろうか。
 冷戦が続き、吉田ドクトリン(実はマッカーサー・ドクトリン)だけが継続し、「独立」ぬきの「平和と安全」だけが残ってしまった。
 その時代に多数の日本人が北朝鮮に拉致されていったのである。その手引きをしたものの中には日本人も含まれていたことだろう。その連中を裁ける日が来るのだろうか。



歴史 ブログランキングへ
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック