スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中学2年「世界列強になった日本」 1(日韓併合への道)

《授業の意図》
日露戦争後、わが国は「列強と対等な独立国になる」という幕末以来の悲願を達成したが、同時に新たな運命を引き受けざるを得なかった。それは安全保障上やむなく韓国を併合しなければならなかったことだ。あわせて、わが国は、多くの犠牲を払っても朝鮮の近代化に努めたことを共感的に理解させたい。
この授業は、その多くを、服部剛『先生、日本のこと教えて』(扶桑社)の「朝鮮国王:高宗と首相:李完用」の授業に負っています。この場を借りて、服部先生に御礼申します。

1 日韓併合への道

*大韓帝国においては、支配階級の庶民に対する差別が激しく、一般国民はたいへん抑圧されていたこと、また支配階級は清国の属国の地位に甘んじて向上心もなく、たいへん貧しい国だったことを教える。

・1905年(明治38年)日韓保護条約
日清戦争で独立をあたえたにもかかわらずロシアに近づこうとした。韓国を、ポーツマス条約に従って保護国とした。ソウルに統監府を置き、初代統監として伊藤博文が指導に当たった。日本は当時の貨幣価値で1億円(いまの3兆円)の援助をした。
***************************************
当時の韓国指導者の意見

皇帝:高宗
これまで日本はその武力を背景に、ことあるごとに私の政治に干渉してきた。今回の保護条約の時も、伊藤は大韓帝国の閣議にまで乗り込み、それを仕切った。私は終始保護条約には反対したが、伊藤の辣腕の前に大臣たちは調印してしまった。これは許すことができない。大韓帝国の主権は私にある。皇帝が不承認の条約は無効である。

韓国首相:李完用
韓国王室は日本と異なり、専制君主制を維持しようとして文明開化を拒否してきた。また皇帝は何度も日本との条約を破った。いま改革して立憲君主国にならなければ、ロシアに侵略され、国民に対して責任が果たせない。私は今の実力でわが国の自主独立は無理だと思う。韓国の近代化を成し遂げるには日本の力を借りるしかない。わが国は日本の政策に協力すべきだ。これしか韓国の生き残る道はない。

**************************************
・1906年 韓国国王高宗が伊藤博文の暗殺命令を出した。
・1907年(明治40年)第二次日韓協約
      韓国の政治は統監の同意を得ることが決まった。
      近代的軍隊を造るために旧式の韓国軍は解散になり、不満を持った旧軍人らが反乱を起こした。

**************************************

韓国の新聞記事(1907年10月 「大韓毎日申報」)
韓国がしだいに独立を失ったのは、独立の価値を知らず、怠惰な快楽の中で浪費し続けたわれわれ自身の罪である。独立は我われ自身の努力で達成しなければ、世界に存在できる場所はなくなる。
***************************************

1909年 併合には反対し続けた伊藤博文が、韓国のテロリストに暗殺された
韓国最大の国民運動組織「一進会」は次のような請願書を出した。

***************************************
一進会「日韓合邦請願書」

日本は、日清戦争で韓国を独立させ、日露戦争でロシアの魔の手から救ってくれた。それなのに韓国はロシアに近づいて日本を裏切ろうとした。外交権を奪われることになったのは、自らが招いたことである。伊藤公暗殺事件が起きた以上、いかなる危険が到来するかもしれない。劣等国民として保護されて生きるよりは、いっそ日本と合併し、大帝国をつくって世界の一等国民として、日本国民になろうではないか。これが朝鮮民族の生きる道であり、皇室を存続できる由一の道だ。
****************************************

新統監:寺内正毅は朝鮮に入り、韓国政府との協議が始まりました。
韓国内閣は全員一致で併合を承認し、
1910年 日韓併合条約が調印されました。
こうして、韓国は日韓の話し合いに基づいて、国際法に基づいて平和的に日本に合併しました。

****************************************
清・独・仏・伊・露・米・英の意見
自分の力で独立を維持する意志と能力を持たない国は、併合されるべきである。

明治天皇の詔書
東洋の平和を永遠に維持し、韓国民衆の福利を増進するために併合する。

韓国皇帝:純宋の詔書
東洋の平和を強固にするため、韓国民は日本の新政に従って幸福を享受しよう。
*****************************************

■日本国民の中には、韓国併合が日本と朝鮮とが戦争した結果だとか、日本が無理矢理に強制したからだとか、間違って覚えている人が多いのですが、誤りです。
実際は両国の意志を生かした話し合いの結果だったこと、国際法上も合法だったことをしっかり理解しておきましょう。


歴史 ブログランキングへ
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

授業づくりJAPANさいたま代表:齋藤武夫

Author:授業づくりJAPANさいたま代表:齋藤武夫
戦後70年間日本の教育は根無し草の「世界市民」を育ててきました。そのため小中学校の歴史教育はウソとタブーによって大事な内容が教えられていません。また誤って教えられています。
「授業づくりJAPAN」は、日本の教育のウソとタブーを排し、真実とフェアネスを取り戻していきます。
かつてGHQに禁じられた教育は現在も禁じられたままです。私たちは「日本人を育てる教育」を取り戻します。そのために、命ある限り授業づくりとその普及につとめます。私たちは「誇りある日本人」こそが「真の国際人」になれると信じています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
ご訪問ありがとうございます!
FC2ブログランキング
ワンクリック!応援よろしく御願いします。

FC2Blog Ranking

人気ブログランキングへにほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
にほんブログ村
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。