続「幕末から明治の日本」をこう学んだ

■新しい歴史教科書を作る会の『新しい歴史教科書』(自由社)で授業をしています。その内容を発信していますのでどうぞ読んでください。

続「幕末から明治の日本」をこう学んだ

*続編も中学2年生の女子のノートからです。彼女のノートは1年生から数えて3冊目で、授業3から始まっています。

3 ペリー来航と開国
・黒船というのは見た目もすごく強そうでこわいと思いました。白旗を持ってきて「降伏させる」というのは少しむかつきますが、日本は平和主義なので、爆弾を落とされたら困るので、阿部正弘の選択は間違っていません。しかし、やはりくやしいと思いいました。

4 不平等条約とその後
・私は攘夷派を選びます。この条約は日本がとても不利で、植民地にはされたくないからです。
・日米修好通商条約はとても日本に不利すぎます。不平等条約にもほどがあると思います。しっかり戦って、どうにかして植民地にはならないようにしてほしいです。

5 尊皇攘夷運動1「吉田松陰と松下村塾」
・日本全体のためにつくす志がある吉田松陰をとてもかっこいいと思いました。あこがれました。吉田松陰は、とても強い心で野山獄を学校みたいにかえてしまいすごいと思いました。また松下村塾では、無料で勉強を教えて、これから国を作りかえていく志士たちをたくさん育てました。死刑になったのはとても悔しいです。

6 尊皇攘夷運動2「高杉晋作と国作りの大方針」
・日本を西洋列強と対等につきあえる国(独立国)にするという高杉の目標がすごいと思いました。日本を植民地なんかにされてたまるかという強い心が伝わってきました。

7 生麦事件と薩英戦争
・「薩摩藩はどうすべきか?」私の考えは「賠償金は払うが犯人は渡さない」です。犯人も悪いところはあるが相手のイギリス人もそのまま行列に乗り込んで来たので、相手も悪いです。犯人は殿様を守るためにやむをえずやったことなのでしかたがないと思います。それに両方受け入れてしまったら、日本は何でも言うkとをきくと思わせてしまって、植民地にされてしまうかもしれないからです。
・大久保利通の勇敢な心に感動しました。両方とも断り、日本の法律を守れとうったえ、西洋列強の中でも一番超大国のイギリスと戦ったことはとてもすごいと思いました。

8 坂本龍馬と江戸幕府の滅亡
・坂本龍馬にとても感動しました。日本のために、幕府に大政奉還をすすめ幕府を終わらせました。それは、国内戦争なしで幕府を終わらせて、天皇中心の国を作るというものすごいアイデアでした。とてもよかったと思います。「この同盟は長州のためでも、薩摩のためでもない。日本のためじゃ!」という言葉はとてもすごいと思いました。

9 戊辰戦争と明治維新
・日本のためによりよい方針を考えてくださった西郷隆盛さんと勝海舟さんにとても感激しました。外国(イギリス・フランス)の援助をことわり、、日本が植民地にされないように、天皇中心の国という目標をかかげ、戦争を止めてくれました。おかげで江戸は火の海にならずたくさんの命も助かりました。

10 中央集権国家への道
・私は廃藩置県には反対です。確かに新しい国作りの目標は大切ですが、日本を強くしたいのならば武士は絶対必要だと思います。今まで国のために一生懸命つくしてきた武士がいっきにクビになるのは、ひどすぎると思います。
・みんな国民になり、四民平等になりました。みんな平等はとても平和的でいい案だと思いましたが、私的には武士のリストラは今でもなっとくいきません。

11 三大義務の改革
・結果的に中央集権国家になり、天皇中心の政治が進められるようになってよかったです。学制発布で義務教育が始まり、子供はみんな勉強ができるようにしてくれたのはいいことだと思います。これがなければ、今私たちは勉強できないでいるからです。がんばって勉強したいと思います。

12 国境の画定
・私は、1875年に千島樺太交換条約を結んでいるのに今ロシアが北方領土を占領しているのはおかしいと思いました。琉球の漁民が殺害されて、台湾もひどいです。日本人のようなユーモアがなさすぎると思いました。日本も確かに殺人事件がないわけではありませんが、でもひどいと思います。清と平等条約を結べたのは良いと思います。その結果、朝鮮は清の属国なので日本と対等条約を結べませんでした。

13 岩倉使節団と征韓論
・西郷隆盛の意見もわかるけど、大久保利通の意見の方が現状に合っていると思う。外国はいつ日本にせめこんでくるのかわからない。

15 自由民権運動
・私は政府の考え(伊藤博文)に賛成です。いずれは民撰議院にするべきだと思いますが、まだ日本は強くありません。それでもし間違ったリーダーがたくさん選ばれてしまったら、また昔にもどってしまうかもしれません。そうすると、いまよりもっと大変になってしまうので、時間をかけてやったほうが安全だと思います。
・9年後に国会を開くと約束して、きちんとその約束を守った政府がとてもすごいと思いました。自由民権運動側も賛成しましたが、伊藤博文が言ったように、時間をかけてやったほうがいいと思いました。結果的に内閣制度もでき、急いで適当に選ばなかったので、伊藤博文が日本にいて良かったと思いました。

16  大日本帝国憲法と帝国議会
・「法律と予算」私はまだ議会にすべてを決めさせるわけにはいかないと思います。
・私の考えとは逆で、伊藤はすごく進歩的な憲法をつくりました。衆議院議員選挙で本当の意味で四民平等になったと思います。リーダーがきちんと国民の中から選ばれるようになったのはとても良いと思います。天皇中心の国に一歩前進できたと思います。

17 条約改正の歩み
・陸奥宗光や小村寿太郎が治外法権の撤廃と関税自主権の回復をしてくれたので、不平等条約平等条約になり、「西洋列強と対等につきあえる国」という目標が達成されました。ノルマントン号事件はひどすぎます。イギリス人は全員助かり、日本人乗客は260人亡くなってしまうのは不平等すぎます。でもその不平等条約が改正されたので、今のすばらしい日本ができたんだと思いました。

18 日清戦争
・私は日清戦争に反対です。確かに朝鮮を清から独立させることは必要ですが、ロシアや清は大国すぎて相手にならないと思います。国民の命の方が大切です。

19 日英同盟
・日本は清と戦い勝利して遼東半島を手に入れたのに、それを関係ないロシア・フランス・ドイツが清に返せと行ってくるのはおかしいです。確かにことわれば戦争になってしまいますが・・・でもがんばって日本のために戦った人々にしつれいだと思います。 
・私は日英同盟に賛成です。ロシアと同盟を結べば、戦争はさけられますが、(遼東半島を取られた)清のようになってしまう可能性もあります。イギリスと同盟を結び、日本をロシアから完全に守るために戦争に勝つべきだと思います。

20 日露戦争
・日露戦争で勝利したことはとてもすごいことだと思います!!
これによって西洋列強に入れたことは、日本がアジアの中で唯一強い国だと認められたことです。
これで日本も安心です!

21 韓国併合
・日本の植民地になったのに、こんなに援助しているのは日本はすばらしい国です。奴隷などは絶対につくらず、アジアの国々を支えているのに、他の国が日本を悪者あつかいしてくるのはおかしすぎます。

22 世界列強の一つになった日本
・孫文が日本に学んで、日本人もたくさん援助して、中国を良い国にしようとしたのに、それを袁世凱がめちゃくちゃにしてくれたのはひどすぎます。


歴史 ブログランキングへ
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

授業づくりJAPANさいたま代表:齋藤武夫

Author:授業づくりJAPANさいたま代表:齋藤武夫
戦後70年間日本の教育は根無し草の「世界市民」を育ててきました。そのため小中学校の歴史教育はウソとタブーによって大事な内容が教えられていません。また誤って教えられています。
「授業づくりJAPAN」は、日本の教育のウソとタブーを排し、真実とフェアネスを取り戻していきます。
かつてGHQに禁じられた教育は現在も禁じられたままです。私たちは「日本人を育てる教育」を取り戻します。そのために、命ある限り授業づくりとその普及につとめます。私たちは「誇りある日本人」こそが「真の国際人」になれると信じています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
FC2カウンター
ご訪問ありがとうございます!
FC2ブログランキング
ワンクリック!応援よろしく御願いします。

FC2Blog Ranking

人気ブログランキングへにほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
にほんブログ村
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる