FC2ブログ

特定秘密保護法を教える

ちょっとしたすき間時間を使って時事問題を教えることがあります。
最近ではマスコミの大騒ぎの末に成立した「特定秘密保護法」を話題に。

中学生の多くは知りません。知っている生徒はいい印象を持っていませんでした。

■国の安全と秩序を守るためには、どの国にも秘密があります。
日本はスパイ天国です(北朝鮮拉致など)から、政府が国の秘密を守ろうとするのは、私たち国民の安全を守るためだと考えるのが世界各国の常識的な考え方です。

■では、どうして反対する人がいるのでしょうか?
「表現の自由、知る権利が侵される」という批判が巻き起こっているそうですが、ほんとうでしょうか?
国の秘密を知りたいのは、ふつうは敵国のスパイか、スパイに情報を売りたい悪人ではないかと思いませんか?

■では、この法律で処罰されるのはどんな場合か、法律を見てみましょう。

******************************
秘密をもらしたり、秘密を盗んだ人への罰

■秘密を守るべき人(政治家や公務員など)がその秘密を漏らした場合は罰せられます。

■秘密を知った人が、その秘密を次のような方法で知った場合は、罰せられます。
 1.人を欺き、人に暴行を加え、または脅迫する
 2.盗み取る
 3.施設に不法に侵入する
 4.不正なアクセスで盗み取る
 5.2、3、4以外の特定秘密の保有者の管理を侵害する行為

■このような不法行為の「未遂、共謀、教唆(そそのかし)、煽動(あおってやらせる)」も罰せられます。

***********************************

■新聞やテレビが大声でさわいでいますが、この法律で困る人は誰ですか?

「日本をうらんでる国のスパイか工作員じゃね?」
「北朝鮮と関係あるかも」

■事実を知り、対立する意見を聞き、自分の頭でしっかり考える、かしこい国民になりましょう!
みんなが同じことを言ってるときは気をつけなければいけません。
とくに、権利とか平和とか誰も反対できないような正義の理由で、みんなが同じことを言い始めたら気をつけましょう。


歴史 ブログランキングへ
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
にほんブログ村



関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック