スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

朝日新聞のこと

帰国して朝日新聞が慰安婦報道についての訂正記事(というか言い逃れ記事)を載せたことを知った。
藤岡信勝氏の産経新聞コメントによれば、次の3点だ。

1 慰安婦を強制連行したという吉田清治証言をウソだったと認め、関連記事を取り消した。

2 女性を戦時勤労動員した女子挺身隊と慰安婦を同一視した記事の誤りを認めた。

3 軍が組織的に人さらいのように連行した資料は見つかっていないと認めた。

これで慰安婦とは「戦地にも遊郭があった」というだけの話になった。

それなのに「帝国陸軍によって女性の尊厳と名誉が傷つけられた」という「本質」は変わらないと言っている。
売春婦を連れない軍隊が何をしたか?
満州やドイツに侵攻したソ連軍、ノルマンディーに上陸したアメリカ軍を見ればよい。
暴行・強姦の山である。

戦時にも平時にも慰安婦はいた。
いまも世界中にいる(その多くが韓国人だという)。
いまも世界中で「女性の人権と名誉は傷つけられている」。
なぜ朝日は昭和10年代の日本の軍についてだけそれを言うのだろうか?

どなたか朝日新聞のウソをすべて、洗いざらい暴いてほしい。

この訂正記事もウソだともう。
朝日新聞自体が日本をおとしめる話題なら何でもよかった確信犯だったのである。
南京事件の報道も裏付け取材なし、伝聞(創作?)の垂れ流しは、まったく同じだ。
ウソを書いて、正義と人権を振りかざし日本と日本人を断罪し続ける。
今回とまったく同じだ。
それですべてが合理的に説明できるだろう。

これがもし新聞だというなら、こんな全体主義的な新聞はつぶすべきだ。
支那や北朝鮮や韓国の新聞と変わらない。


歴史 ブログランキングへ
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

授業づくりJAPANさいたま代表:齋藤武夫

Author:授業づくりJAPANさいたま代表:齋藤武夫
戦後70年間日本の教育は根無し草の「世界市民」を育ててきました。そのため小中学校の歴史教育はウソとタブーによって大事な内容が教えられていません。また誤って教えられています。
「授業づくりJAPAN」は、日本の教育のウソとタブーを排し、真実とフェアネスを取り戻していきます。
かつてGHQに禁じられた教育は現在も禁じられたままです。私たちは「日本人を育てる教育」を取り戻します。そのために、命ある限り授業づくりとその普及につとめます。私たちは「誇りある日本人」こそが「真の国際人」になれると信じています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
FC2カウンター
ご訪問ありがとうございます!
FC2ブログランキング
ワンクリック!応援よろしく御願いします。

FC2Blog Ranking

人気ブログランキングへにほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
にほんブログ村
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。