FC2ブログ

16時間目 天平文化の輝き(第2章の13)



★古代律令国家日本が完成しました。たくさんのクニができ、大和朝廷が統一し、天皇中心の国という大方針の下に国づくりのバトンが受けつがれた結果です。皇帝と天皇が並び立ち、独立国日本が東アジアのもう一つの中心になりました。

★独立国日本は文化の面でもオリジナルな世界性を実現しました。その内容を概説します。

★視聴者のhana saitouさんからご教示を戴き、実際は4回の盗難に遭っていたことを知りました。「一度も泥棒にあっていない」というのは事実ではありませんでした。ここに訂正します。手に入りやすい書籍は由水常雄『正倉院の謎』(魁星出版)です。
 ただし、いずれもこそ泥程度の内容であり(正倉院の僧など)、時の権力者が御物を奪ったり思いのままにしたりといった、非日本的な天皇の権威に対する侵害ではありません。正倉院で教えたかったことの趣旨は変えないで良いと思っています。

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック