FC2ブログ

33時間目 西洋とどうつきあうか?(1)秀吉vsフェリペ2世(第3章の16)


★「日本はキリスト教徒を残酷に弾圧した」と教えている教科書は今も続いていますが、20年前、ぼくは自国の先人の歩みを一方的に否定的に教えることに強い疑問を持ちました。

★ちょうど20世紀の終わりの年(平成12年)にこの授業をつくり実践しました。当時はどこにもこんなキリシタン問題を書いた本はありませんでした!

★いまではこういう捉え方はほぼ当たり前になってきて、本もたくさん出ていて、SNSでぼくに教えを垂れてくる方もいますが、当時は一部の研究書に当たるしかなかったのです。今では何の驚きもありませんが、最初に発表した研究会でみなさんとてもビックリされていました。
自分なりによくがんばったなと思います。

★最近は逆転して、日本人が大量に奴隷として売られていたことがバテレン追放令に至った最大の理由ではないのか!奴隷売買問題をもっとメインに教えるべきだ!!という批判も受けますが、ぼくはこの授業のように日本の国づくりの基本から教えるのが正統だと考えています。

★なぜかといいますと、べつに南蛮人が日本で奴隷狩りをやってたわけではないからです。日本はアフリカの西海岸じゃありません。南蛮船が日本人を買うらしいとなったら、すぐに売国的日本人がゾロゾロ奴隷狩りを始めて、キリシタン大名やら大商人やらが何万人という単位で日本人を南蛮船に売ったのです。

★小中学校の歴史授業ではこういう日本の暗黒面はなるべく教材にはしない。これがぼくの授業づくりの基本なので、その原因の一部としてちょっと教えるにとどめています。日本はいい国ですが、昔も今もこういうお調子者の売国奴が後を絶ちません。



関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック