FC2ブログ

「日本が好きになる!歴史授業」って何だ?

ズバリ!これが「日本が好きになる!歴史授業」です



私の歴史授業がこれまでと違うところはいろいろありますが
基本は次の3つではないかと思います。

************************

1 日本の良いところ、素晴らしいところ、独自なところを中心に物語になっている。

2 外国との関係では「日本の立場(先祖の立場)」に立って考え、共感的に理解していく。

3 各時代の日本のリーダーの立場に立ち、その時代の常識・情報にもとづいて、日本国のために
  政策を考え(その時点での)未来を選択していく。

************************

そんなことは常識じゃないかというお叱りもあるでしょうが、
日本の義務教育の現実は、こうなっています。

************************

1 日本の良いところはあまり教えず、どちらかというと悪いところを強調して教える。
  物語の感動はなく断片的な知識を覚える。または祖国と先人への無関心または反感を育てる。

2 外国との関係では客観的な立場か場合によっては「相手国(敵)」の立場に立って共感させる
  とくに昭和の歴史では、あくまで戦勝国の立場に立たせ、戦勝国に共感させる。

3 思考も討論も感動もない。
  プリントの空欄を歴史用語で埋めていき、それを覚え、テストが終わると忘れる。

***********************

子供たちは言います。

「昔のリーダーになって考えるのが面白い」

「歴史には感動がある。勉強で感動するなんて不思議だ」

「日本を守ってくれて、発展させてくれた先祖に感謝したい」

「命のバトンと・国づくりのバトンを受け継ぐために歴史を学ぶ。そしてそれをまた次に渡していく。ぼくもいい先祖になりたい」

「歴史を学んで日本のすばらしさがわかった。せっかく生まれてきたんだから国のために役に立ちたい」

***********************

しかもさらにいいのは、本とCDで授業を真似してみると、だいたい元の実践と同じ結果が出ること。
どうぞ一度試してみてください。 もしよかったらメールをください。
そして周りの先生にもすすめてください。 どうぞよろしくお願いします。 IMG_2659.jpg CDの写真
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック