FC2ブログ

55時間目 近代日本の国づくりの完成(第4章の19)

 社会科教育ランキング 
 日本史ランキング

日露戦争に勝利した日本に対して、
欧米列強は不平等条約を改正せざるを得なくなりました。
本来であれば(国際法上は)立憲制度が成立した時点で対等にしなければならないはずだったが、
彼らは日露戦争の勝利を見るまで関税自主権は日本に与えなかった。
まさにビスマルクの言うとおりだったのである。

「ついこの間まで、ドイツは、たくさんの小さな国に分かれた弱い国でした。だから、フ ランスやイギリスにばかにされ、おどかされてばかりいました。表では礼儀正しくつきあ うように見えて、世界を動かしているのは、実は弱肉強食のおきてです。」

「彼らは、自分に有利なときは法律や条約を持ち出しますが、いったん不利だとわかれば、 法律を無視して、軍事力(軍隊)にたよるのです。だから、小国が独立を守るためには国 が一つにまとまり、戦争に強くなるしかないのです。」 

「私たちドイツはこうしたことにずっと悔しい思いをしてきました。ドイツを一つの国に まとめ、がんばって軍事力を強くしてきたのです。彼らと戦っても勝てるようになりたい と願いながら、愛国心を持って、国力を高める長い努力をしてきたのです。そして、今よ うやく数十年のがまんが実ってきたばかりなのです。」 

大久保利通はドイツで面会したビスマルクにこう聞いてすべてを理解し、伊藤博文らに伝えた。
第二世代は強兵を実現しただけではだめであり、戦争で勝たなければ対等条約は実現しないと悟っていた。そして日露戦争に勝ち、幕末以来の目標を実現したのです。



関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック