FC2ブログ

続々・小6の保護者の方の投稿です!


続・小6娘のクラスの
歴史の授業について。 
担任の先生に貸した
本が返却されてきました。 
そして、授業のまとめで
先日、先生が5分ぐらい
時間をとって
大東亜戦争について
クラスのみんなに
話したそうです。
・真珠湾攻撃は、日本の
奇襲攻撃ではなかった。
・教科書には書かれて
いない事実も、教科書とは
違う事実もある。
・日本だけが悪いという
戦争ではなかった。
日本はたくさん良いことも
した。 
欧米列強から、アジアの
植民地を解放するための
戦争でもあったという
ことは、生徒たちに話さ
なかったらしいですが
日本が全面的に悪いと
いう戦争ではない‼️
良いことも
たくさんしてきた‼️
という話をしたようです。 
教科書と異なったことを
伝える(特に戦争の歴史)
こと自体、先生には
とても勇気がいること
だったのではないか…と思う。
何も言わなければ
教科書通りに進んでいた
であろう授業。 
声を上げたことで
先生も本を読んだり
自分で調べてくれ
生徒達に伝えてくれた
先生の行動力を嬉しく
思うと同時に 
子供たちに
自虐史観を植え付けることと
先人達がしてきたことを
伝え、自国に対し愛国心を持ち
繋がれてきた命を
自分はどう使うのか? 
子供たちの生きる力や
国は自分たちで創り
守っていくものだ!
という肯定的な思考を
育てる教育の先には
どんな未来があるのか?  
ただ、教科書どおりを
言われがまま、子供たちに
伝えるのではなく
先生一人一人が、どんな
未来を創りたいのか?
を考え、当たり前を疑い 
間違っていることに
声をあげる先生が増えて
くれることを願います。 
今回、娘のクラスだけでは
なく、他の6年生のクラス
でも、同じような話が
されたようです。 
きっと、娘の担任の先生が
他のクラス担任全体に
話してくれたの
ではないか…と思います。
6年の今の授業だけでなく
学校をあげて、また
他校にも広がると
いいなと強く思います。
学校では教えないこと
だとしても、家庭では
いくらでも教えられます!
おかしいと思うことには
声をあげる!!!
わたし達日本人が
今までやってこなかった事が
今の学校、社会、国を
創ってきた事実は変えられ
ません。  
当たり前だと思ってきた
ことを疑う。おかしいと
思うことには声を上げる! 
誰かがやるだろう!ではなく
一人一人が意識を変えて
自分ごととして行動すれば
学校も社会も変えられる!
と、わたしは信じています!
わたしの生徒たちは
続々、本当の歴史🇯🇵
興味を持ち、本を読み
だしています😊😊😊 
クリスマスプレゼントに
歴史の本を買ってもらう!と
言ってた子もいます。
もっともっと話が
聞きたい!とねだられて
ますので、わたしも
冬休みはまた自学します😊 
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック