FC2ブログ

子供に拉致をどう教えるかについて(荒木和博さんのショートメッセージ)




何日か前に質問コメントをしましたら荒木さんが答えてくださいました。
とくに「横田めぐみさんにフォーカスを当てすぎると、昔こういうことがありましたという話になってしまいます」という視点は重要だと思いました。
自分がこういう被害に遭わないようにするにはどうすべきか?「わがこと」として拉致問題を考えるということですね。SNSの危険性など。
もうひとつ在日朝鮮人は北朝鮮で大変差別されているということも教えようということでした。
いままでやってきた授業(めぐみさんを中心になぜ・なにが・どのように起きたのかを知る授業)とは異なる目標が立てられそうですので、教材になる具体的な事例の開発が必要になってきました。
「拉致問題」の定番となる授業づくりを進めたいと思います。
荒木さんありがとうございました。
(注)政府は「拉致問題は1970年代~80年代に起きた不幸な出来事」という認識を固定化させようとしてきました。そして特定失踪者80名以上は黙殺しています。山梨の事件などを見ると黙殺と言うよりも「隠蔽」に近い動きです。めぐみさんのDVDを使った文科省発の授業もそういう味方ができるかもしれません。もっともこのDVDはほとんど活用されず、拉致の授業をやっている教師は実に少ないのが実情です。
「つい最近もあった拉致事件・今もあり得る拉致事件」という視点で授業をつくる必要があります。


関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック