スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

授業感想文通信

毎回の授業に感想文(B6の罫線用紙をたくさんプリントしておく)を書かせていました。
それを読んで、たまに下記のような「授業感想文+私のコメント」の通信を子供たちに発行していました。
私なりの評価でもあり、励ましでもあり、また、学習内容の深化でもありました。
毎回発行ではありませんが、これも学習効果を高めた方法のひとつだったと思います。




感想文集 40 吉田松陰


■あの時代は大変だった。これらの事件は、全部ペリー(西洋)のせいだ。ペリーが来なかったら、こんな事件は起きないし、平和に暮らせたかも知れない。しかし、ペリーが来たことで、今の日本があるのかもしれないが・・・。(I)

★すべては西洋が日本までやってきて、開国をせまったことから始まっている。そのころ、地球上で、白人に支配されていないところは、清・朝鮮・日本だけになっていた。しかし、白人以外の国では、日本だけががんばったのだ。ピンチになって、私たちの先祖は苦しんだが、けんめいに努力して、そのピンチに立ち向かっていった。そのときから今までは、まだまだいろいろなことがあるが、江戸時代の終わりから明治時代への変化がなければ、いまの日本も、今の世界もなかっただろう。I君がいうように、西洋のあっとうてきなパワーが歴史を動かしたのだといえるかもしれない。



■写真が出てきた。なんか、ごつくて、こわそうで、勉強をよくやる人みたいな感じだった。幕府に任せればいいという意見が多い中で、松陰はちがった。「日本のために働くべし!」と言った。その言葉に感動した。(M)

★江戸幕府にとって「わが国」とは、日本のことだった。日本全体に責任のある政府は、幕府だけだったからだ。しかし、幕府ではない、地方の藩の武士にとっては、わが国」とは自分の藩のことだった。しかし、吉田松陰は、「長州藩のことだけ考えていてはだめだ、幕府以外の全国の武士達も「日本」という大きな全体を考えなければいけない」と言った。それは、多くの武士にえいきょうを与え、藩をこえて日本全体ののために働く、多くの志士たちが生まれた。そのおかげで、日本は変わることができた。もし、幕府だけにまかせていたら、日本はどうなっていただろう?それを思うと、Mさんの言うように、感動しないわけにはいかない。



■吉田松陰が密航をたくらみ、断られたとき、松陰は正直に幕府に自首した。松下村塾では、山県有朋や伊藤博文などを育て、自我もはっきりしていた。考えをはっきり生徒につたえるというところも、中途半端なことがきらいな人だと思った。実際は、明治維新にはかかわっていないけれど、深く考えれば、松陰もかかわっているんだと思った。(A)

★その後の日本を動かした人物の多くが、吉田松陰が教えた小さな塾(松下村塾)から出てきた。高杉晋作、伊藤博文、山県有朋(やまがたありとも)などだ。しかも、松陰がこれらの若者たちを教えたのは、ほんの2年間ぐらいだった。だから、私には、この教育はほとんど奇跡のように見える。国づくりにはすぐれた人物が必要だ。だから、明治維新をなしとげた人物を育てた吉田松陰は、A君の言うように、明治維新に大きくかかわっているといえるだろう。日本のピンチを、自分のこととして考え、命がけで行動する人物を生み出したからだ。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

授業づくりJAPANさいたま代表:齋藤武夫

Author:授業づくりJAPANさいたま代表:齋藤武夫
戦後70年間日本の教育は根無し草の「世界市民」を育ててきました。そのため小中学校の歴史教育はウソとタブーによって大事な内容が教えられていません。また誤って教えられています。
「授業づくりJAPAN」は、日本の教育のウソとタブーを排し、真実とフェアネスを取り戻していきます。
かつてGHQに禁じられた教育は現在も禁じられたままです。私たちは「日本人を育てる教育」を取り戻します。そのために、命ある限り授業づくりとその普及につとめます。私たちは「誇りある日本人」こそが「真の国際人」になれると信じています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
ご訪問ありがとうございます!
FC2ブログランキング
ワンクリック!応援よろしく御願いします。

FC2Blog Ranking

人気ブログランキングへにほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
にほんブログ村
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。