FC2ブログ

政府・警察ぐるみの隠蔽で国民がさらわれていった

 社会科教育ランキング

  日本史ランキング

このままの日本ではダメじゃないか。
日本が好きになる!歴史授業はこういう動機から始まりました。
教師としてもダメだったが国民としてもダメだったという自覚です。

どうダメなのかについては「教育」のことだけいうように勤めてきましたが、退職してからそれ以外にも言及するようになりました。
ぼくにとっていちばん重いのは「拉致問題」です。
めぐみさんが行方不明になったとき新潟県警は北朝鮮にさらわれたとわかっていました。
機動隊による大変大規模な必死の捜索が展開されました。
しかし阻止できませんでした。

すでに船上にあることを把握した新潟県警は上に相談します。
警察のトップではなく、内閣のトップは「一般の行方不明事案として処理せよ」と命令しました。
それから20年、1997年に西村真悟議員の質問に政府が答え、メディアに公表されるまで、日本国家はこの少女の拉致を国民に隠し続けました。
報道しない自由の行使です。
報道されない事件はすべて「なかったこと」にされるのです。

日本人はシナの独裁権力を笑うことはできません。
日本は日本は自由と民主主義の国ですが、同時に完璧に情報統制された独裁国家なのです。

その結果どうなったか?
たくさんの日本人がその後も拉致され続けました。
政府認定17名というのは嘘っぱちです。
日本は構造的に国民の命を守らない国家なのです。

このままではダメなんじゃないかと?国民の多くが考えるようになればいいと考えます。


関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック