FC2ブログ

物部氏のことが気になる

 社会科教育ランキング
  日本史ランキング

聖徳太子1「仏教伝来」の授業では『日本書紀』の推古紀を教材にしました。
蘇我稻目が仏教導入の推進派(外来文化派)で物部守屋が反対派(伝統保守派)で議論します。
欽明天皇は金銅仏に感動して気持ちが揺らいでいますが、断固として「天つ神・国つ神を春夏秋冬お祭りするのが大王(天皇)のお勤めではありませぬか」と主張しているのが物部守屋でした。日本書紀によれば物部氏の祖はニギハヤヒノミコトの子孫です。
ニギハヤヒノミコトとは神武天皇と同じく天原から下りてきた天神の子です。しかも神武天応より先にヤマトにアマノイワフネに乗って降りてきてヤマトの国づくりを進めていた方でした。

日本書紀をはじめて読んだときから気になっていましたが、小中学校の歴史の範疇外だったのでこれまであんまり読まないできました。
齢古希を超えましたのでこれまで禁欲してきた興味関心も拾って行きたい思います。

-----------------------------------

『日本書紀』によれば、物部氏の祖ニギハヤヒノミコトです。 

 

神武天皇は最後に長髄彦(ナガスネヒコ)を攻めた 

 

ナガスネヒコは言う。 


「昔、天神の御子が天磐船(アマツイワフネ)に乗って天より下りてきました。 

名を櫛玉にぎ速日命(クシタマニギハヤヒノミコト)と言います。 ニギハヤヒノミコトは私の妹・三炊屋媛(ミカシキヤヒメ)をめとり、可美真手命(ウマシマデノミコト)が生まれました。 

        *『先代旧事本紀』では宇摩志麻治命(ウマシマジノミコト) 

そこで私はニギハヤヒノミコトを君として仕えてきました。 

いったい天神は二人いるのですか? 

あなたは天神の子を名乗って人の土地をだまし取ろうとするのではありませんか」 

 

神武は言う。 


「天神の子は多くいる。あなたの君とする方が天神の子ならその証拠を持っているはずだ』 

 

ナガスネヒコは天羽羽矢(アマノハハヤ)と歩革叉(カチユキ)を出して見せた。 

神武も同じ物を見せた。ナガスネヒコは戦いをやめなかった。 

このときヤマトに君臨していたニギハヤヒはナガスネヒコを殺して神武天皇に帰順した。 

神武はニギハヤヒを天神の子であると信じて寵愛した。 



このニギハヤヒが物部氏の祖であると『日本書紀』は伝える。 


---------------------------


物部氏の先祖は神武天皇より先にヤマトの王だった方なのではないですか!

そして物部氏は北九州にも吉備にも尾張にも諏訪にも伊豆にも常陸にもいたのでした。


IMG_2332.jpg


 

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック