FC2ブログ

歴史授業講座46「日中戦争(シナ事変)③「南京大虐殺」についての5つの事実」

 社会科教育ランキング
  日本史ランキング

「南京大虐殺」は東京裁判で「人道に対する罪」として裁こうとしましたが、証拠が伝聞ばかりで有罪にできなかった案件です。
連合国検察側はナチスのユダヤ人大虐殺に相当する日本軍の悪行としてプロパガンダしたかったのですが、それができなかったわけです。
したがって、東京裁判の罪状は「平和に対する罪(侵略戦争)」と「通常の戦争犯罪(従来の戦時国際法違反)」でした。日本は「人道に対する罪」はなかったという結論でした。
このとき「南京大虐殺」もんだいは終わっているのです。

「平和に対する罪」は事後法であって認められませんが、よしんばそれで裁いたとしたら連合国も同罪です。「戦時国際法違反」は連合国のほうが遥かに悪逆だったのですから問題になりません。
そもそも東京裁判自体が勝者のプロパガンダであり、情報統制のためのショーでした。


それを無視して、1970年代から歴史戦争を始めたのが中国共産党でした。
日本人は本多勝一の『中国への旅』などに始まるプロパガンダにひっかかって、教科書にも載せる過ちを犯しました。その過ちは現在も続いています。

日本国民は「南京大虐殺」は歴史学上の事実ではなくプロパガンダなのだという基本的な理解を持つことが大切です。
いまだに南京大虐殺があったと言っている日本の現代史学者は中共プロパガンダの工作者
またはプロパガンダにはめられてしまった者たちなのです。
学校教育でもこの扱いを広めていきたいと考えています。


関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック